>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「松果体」について知ろう。その覚醒方法や第三の目との関係についても解説します

「松果体」について知ろう。その覚醒方法や第三の目との関係についても解説します

人間の脳の中にある小さな器官「松果体」は、活性化させると直観的な能力が目覚めると言われています。いわゆる霊感と関係すると言われる松果体ですが、この記事では松果体を覚醒させるコツや第三の目を開く方法を紹介します。

    松果体とは?生物学的な考察

    松果体の図
    松果体とは、メラトニンを分泌する脳の器官の一つで、眼球とほとんど同じガラス体成分でできていることから、第三の目とも呼ばれています。

    大きさはグリーンピースほど。

    生物学的に考える松果体

    松果体の機能は現在でも完全に解明されておらず、今後解明されてくることは多いと思います。松果体は眼球と同質の成分であることがわかっており、目になるはずだったものが脳の中で松果体になったと考えられています。

    松果体を熱や光を感じるセンサーとして使っている生き物もいて、人体ではメラトニンなどのホルモンを分泌しています。

    松果体の役割

    Photo by GreenFlames09

    現在までにわかっている松果体の機能は、主にノルアドレナリンやセロトニンとう人体や精神に重要な神経伝達物質を多く分泌しているということで、特にセロトニンからつくられる睡眠に関わるホルモン・メラトニンを多く含んでいるとわかっています。そのため、松果体の機能が低下すると睡眠の質が低下し、睡眠障害になりやすいとわかっています。

    松果体の名前の由来

    松果体は松ぼっくりのような形をしていることが名前の由来となっています。(英語では Pineal body)

    後述しますが、松ぼっくりのモチーフは世界中で確認されていて、古来より松果体は特別重要な器官として世界中で神聖視されていたことがわかります。

    ポイント

    • 松果体の機能が科学的にわかってきたのは最近のこと(まだわからないことが多い)
    • 松果体はホルモンの調節と関わり特に睡眠に関係するメラトニンを多く分泌する
    • 松果体の名前の由来は松ぼっくりに似ているから

    松果体に宿るスピリチュアルな力について

    松果体と第三の目

    松果体は眼球と同じガラス体でできており、まさに「脳の中にある目」であることから、第三の目とも言われていています。

    松果体が活性化し「第三の目」が覚醒する、知覚が冴え物事の本質を見抜く直観力が身に付き、さらにテレパシーや透視能力に目覚めると言われています。

    松果体が睡眠のホルモンであるメラトニンと関係していることからも、いかに夢見のリラックスした意識が高次元にアクセスするために大事かがわかります。

    第六・第七のチャクラを司る

    ポイント

    • 松果体はサードアイなど人知を超えた直観力に関わっている
    • 現代人の不自然な生活習慣が松果体に悪影響している

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計6人評価)

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事