ブッダの言葉「自灯明、法灯明」

youtubeアーカイブ

ブッダの言葉「自灯明、法灯明」

釈迦の言葉

 

自灯明、法灯明

釈尊が八十歳の高齢となり入滅近きころの説法で、「自分自身をよりどころとし、他の者をたよってはいけない、法(普遍的法則)をよりどころとし他のものをたよってはいけない」と諭されました。

それが有名な「自灯明法灯明」の言葉となって伝えられています。

灯明の原語は「明かり、ともしび」のほかに、「島」と意味にも解釈されます。

大海に漂うが如き我々にあっては、島がよりどころとなります。

仏教は人から教わって知るものではなく、自分自身と法をたよりにしてさとりに到るべき道なのであります。

人は協力し合う生き物です。

自分だけでは大きなことはできませんが、周りの人の援助という「他力」を引き寄せれば大きな力がうまれます。

しかし、他力を得るためには、自分自身が自分に起こる困難は自分で解決するんだ という覚悟を持つことが大切です。

人の協力がなくても自分の道をすすめる意志を持っている人に、人は力をかしたがるものです。

感謝

大岳士朗

逆境の心に響く小林正観さんのお話 災難にあった時、人は感謝を学ぶ

奥日光は龍脈の発生源 男体山の開運登山

ダライ・ラマ猊下の読経をCDで聴く

ダライ・ラマ14世の読経音声をCDできくことができます。

部屋に流していると、なんとも清々しい気分になり、活力が漲ります。

61mced2uajl-_ac_us320_ql65_

斎藤一人 読むだけで怒り悲しみ苦しみがきえていく

人は幸せになるために生まれてきたんだよ

高津りえ著

御心カウンセラー高津りえさん著「斎藤一人 読むだけで怒り悲しみ苦しみがきえていく 人は幸せになるために生まれてきたんだよ」の書評

高津りえさん著「斎藤一人 人は幸せになるために生まれてきたんだよ」