>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【画像たっぷり】おせち料理の中身 その由来と意味は?

【画像たっぷり】おせち料理の中身 その由来と意味は?

【画像たっぷり】おせち料理の中身 その由来と意味は? おせち料理の中身 その由来と意味は? おせち料理の由来や意味 毎年元旦になると用意されるおせち料理、このおせち料理をどうして食べるようになったのか、ご存知ですか? その由来や意味を知る事で、もっとおせち料理を美味しく頂けるようになるでしょう。

    おせち料理の中身 その由来と意味は?

    おせち料理の中身 その由来と意味は?

     

    おせち料理の由来や意味

     

    毎年元旦になると用意されるおせち料理、このおせち料理をどうして食べるようになったのか、ご存知ですか?

    その由来や意味を知る事で、もっとおせち料理を美味しく頂けるようになるでしょう。

    弥生時代からおせち料理があった!

    昔々、何と弥生時代まで遡ります。

    この時代に生きる人々は、作物が収穫される度に季節ごとに神様へと感謝を表していました。

    その感謝と共に生活の中で、「節目」をつけていたのです。

     

    今ではコンビニやスーパーへ行けばいつでも好きな食材が手に入りますが、弥生時代はそうではありませんでした。

    まさに自給自足の生活。そんな毎日でしたから、人々は日々食事が出来る喜びを神様に感謝していたのでしょう。

    そして神様へ「自然の恵みが与えられた事、収穫が無事に終了した事」の感謝から、神様へとお供え物をしていました。それが「節供(せっく)」です。

    海の幸が大漁であり、山の幸が豊作であるようにと願いながら食べた料理の事を「節供料理」といいます。

    この「節供料理」こそが、現在まで伝わる「おせち料理」の始まりなのです。

     

    おせち料理の元は「御節供(おせちく)」

     

    弥生時代からどんどん時は流れ、やがて日本には中国の節句行事が広まるようになりました。

    宮中へ元旦、そして五節句の行事が伝われば、そこでは宮中行事の際に、「節会(せちえ)」と呼ばれる宴が催されるようになったのです。

    「節会(せちえ)」で神様へお供えする、そしてその場で振る舞われる料理の事を「御節供(おせちく)」と呼ぶようになります。

    この「御節供(おせちく)」を省略したものが、今で言う「おせち」です。

    因みに、五節句とは1年に5回存在する季節の節目の日、節日の事です。

    日にちはそれぞれ1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽となります。

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事