>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【歳神様へのお供え物】鏡餅はいつ飾る?飾る場所はどこ?

【歳神様へのお供え物】鏡餅はいつ飾る?飾る場所はどこ?

鏡餅の意味や由来 鏡餅は歳神様へのお供え物 お正月の飾り物として欠かす事のできない鏡餅。 そもそもどうしてお正月に鏡餅を飾るようになったのでしょうか。 それは、鏡餅が「歳神様へのお供え物」だからです。 歳神様とは元旦の日の出と共に天(または山)より降りる神様です。 そして私達に、幸せや豊穣をもたらしてくれるのです。

    鏡餅の意味や由来

     

    鏡餅は歳神様へのお供え物

    お正月の飾り物として欠かす事のできない鏡餅。

    そもそもどうしてお正月に鏡餅を飾るようになったのでしょうか。

    それは、鏡餅が「歳神様へのお供え物」だからです。

    歳神様とは元旦の日の出と共に天(または山)より降りる神様です。

    そして私達に、幸せや豊穣をもたらしてくれるのです。

    昔からお餅という食物は、神様へのお供え物として用いられてきました。

    今よりずっと昔のお正月には、今のように膨らんだ真ん丸の形ではなく、平べったく丸い形のお餅をお供えしていたのです。

    そのお餅にはお正月の間、歳神様が宿ると言われています。

    そして歳神様の宿ったお餅を食べる事で、その1年を強く生きる力、気力を授かっていました。

    それを「お年玉=お年魂」と呼び、古来より「歳神様をしっかりと迎え入れてまた1年を力強く生きられますように」と願っていたのです。

    鏡餅の形について

    お正月になるとよく見かける鏡餅。鏡餅は丸いお餅が2つ重なっている形をしています。

    何故あのような形なのかというと、お餅が丸い事で「円満」、それを重ねる事で「かさねがさね」という意味があるからです。

    その2つの言葉を併せて、「新年も円満に年を重ねていけるように」という願いが込められているのです。

    鏡餅を飾る時期

     

    鏡餅を飾る為に一番最適な日にちは、「12月28日」です。8(八)という数字は末広がりを意味する事もあり、縁起が良いのです。

    そして12月29日では「二重苦」、「二重に苦しい」という不吉な意味になる為です。

    その後の12月30日の晦日、31日の大晦日に飾る事は「慌ただしく正月の準備をしていると歳神様に失礼だから」と避けられています。

    特に12月31日の大晦日に鏡餅等の正月飾りを飾る事は、「一夜飾り」と言ってあまり良くありません。

    これはご不幸があった際の葬儀の「一夜飾り」と同じ意味になりますから、避けるようにしましょう。

    12月28日が仏滅であった場合でも、気にせず鏡餅を飾りましょう。それは大安や仏滅といった六曜は、中国思想が基となっているからです。

    日本の神事とはあまり関係がありませんので、仏滅であっても12月28日であれば鏡餅を飾っておいて良いでしょう。

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事