>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【歳神様へのお供え物】鏡餅はいつ飾る?飾る場所はどこ?

【歳神様へのお供え物】鏡餅はいつ飾る?飾る場所はどこ?

鏡餅の意味や由来 鏡餅は歳神様へのお供え物 お正月の飾り物として欠かす事のできない鏡餅。 そもそもどうしてお正月に鏡餅を飾るようになったのでしょうか。 それは、鏡餅が「歳神様へのお供え物」だからです。 歳神様とは元旦の日の出と共に天(または山)より降りる神様です。 そして私達に、幸せや豊穣をもたらしてくれるのです。

    鏡餅の飾り方

    鏡餅はいつ飾る?飾る場所はどこ?

    鏡餅を飾る意味や由来

    鏡餅は地域によってもお飾りの種類や、その飾り方が若干違います。

    中でもポピュラーな飾り方が、三宝の上へ半紙や四方紅を敷き、その上にお餅を重ねて置くというものです。

    半紙や四方紅は、端の方が三宝より少し垂れるように敷きましょう。

    そして裏白の葉の「白い方」を前へと向けて乗せて、その上へお餅を2つ重ねて置きます。

    お餅の上には蜜柑のような見た目をした、小さい橙を乗せて完成です。

    市販の鏡餅を買ってきてそのまま何も手を加えずに置いても構いません。

    自身で鏡餅を用意する場合は、三宝というお餅を乗せる台や、裏白という裏が白い事が特徴の葉、橙や、紅白で稲妻状に折られた形の御幣を用意するといいでしょう。

    お餅の下に敷くのは四方紅、これは赤く縁取りされた紙で、そして橙の上に扇を乗せると「鏡餅」となります。

    三宝を用意できなければお盆、橙の代わりに蜜柑でも十分です。

    鏡餅を飾る場所はどこ?

     

    鏡餅は「一家に1つだけ」しか飾ってはいけないという事はありません。家の中の大切な場所に最低3つは飾る事が一般的と言われています。

    1つ目:床の間や玄関

    3つの鏡餅の内で一番大きな物を床の間、または玄関先に飾るといいでしょう。

    歳神様は玄関前に置かれる門松を目印にして降りて来るので、床の間や玄関先に鏡餅を飾る事で「歳神様をしっかりお迎えする準備が整っていますよ」という事になるのです。

    2つ目:仏壇や神棚

    中位の大きさの鏡餅は、仏壇や神棚に飾りましょう。

    3つ目:台所

    3つの中で最も小さな鏡餅は、火の神様がいる台所に飾りましょう。

    どうしても3つも置けない、3つも準備が出来ないという場合は、1つでも大丈夫です。

    その場合は床の間の代わりとしてお茶の間やダイニングに飾るか、これからご紹介するおすすめの場所に飾ってください。

    どこに飾るのが一番いいのか悩んでいる方は、必見です。

    台所(竈神・荒神)

    昔から火の神様はかまど、囲炉裏に宿ると伝わってきました。

    暖を取る、料理を作る上で欠かせない火は、有難がられると同時に「火災」という災いを起こすと恐れられてきたのです。

    そしていつしか火の神様の機嫌を損ねないように、そして災いから守ってもらえるようにと火の神様を祀るようになりました。

    台所には竈神や荒神が宿ると言われています。どこにも飾る場所がない場合は、家の中でも大事な場所である台所に飾るといいでしょう。

    納戸・寝室(納戸神)

    納戸とは物置部屋ではなく、昔は夫婦の寝室であったり、着物やお米を収納しておく所、そして赤ちゃんを産む産室としても利用されていたのです。

    そのような部屋、納戸には部屋を守る納戸神がいます。納戸がある場合はそこへ、無い場合は寝室に鏡餅を飾りましょう。

    トイレ(厠神)

    トイレ、厠には安産や子育てといった、女性に関わる神様がいるとして大切に扱われてきました。

    汚すと厠神がお怒りになるからと厠を綺麗に扱い、お正月にはご馳走のお供えや、子供の健康祈願に厠へ参拝する風習もあったのです。

    トイレに鏡餅を飾るのは気が引けるかもしれませんが、それならば食べ物ではなくプラスチックで出来た飾りを使用しましょう。

    水周り(水神)

    火と同様に昔からとても大切に扱われてきたのが、水です。

    井戸、そして水汲み場に祀られている水神は、現代ならばキッチン等の水周りにあたるでしょう。

    可能ならばキッチンの水周りの棚に、鏡餅を飾るといいですね。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事