正月飾りはもう飾った?門松・しめ飾り・鏡餅の由来と意味

お正月の門松の由来
お正月の門松の由来
ライフスタイル

お正月の由来

お正月は古来より、「歳神様を招いて五穀豊穣を願う行事」として、現在まで受け継がれてきました。

歳神様とはどのような神様かというと、年の始まりに山より降りて家々へと幸せと実りをもたらします。

歳神様の「歳(とし)」は、稲等の穀物、その実りを意味しており、歳神様を招く事でその1年は食べ物に困らずに過ごせると言われています。

つまり歳神様は稲の実り、豊穣をもたらしてくれる新年の神様なのです。

因みに、「歳神様は日の出と一緒に降臨する」と言われています。山から登ってくる初日の出を見ると幸せになれると言われているのは、この事からでしょう。

歳神様と正月飾りの関係

お正月の準備を始める日にちは、関東地方と関西地方では少し違います。関東地方では12月8日より、関西地方では12月13から始まるのです。

そしてそれぞれ12月28日までには、お正月の準備を済ませる事になります。

歳神様をお迎えしお祝いする為にも、正月飾りは欠かせません。正月飾りで代表的な物は、門松やしめ飾り、鏡餅です。

こうした飾りを家々に置いておく事で、歳神様はそれを目印として各家へと訪れる事ができます。

歳神様の目印となる正月飾りにはどんな物があり、そしてどのような飾る意味があるのかをご紹介しましょう。

また、正月飾りを飾っておく期間についても解説します。

正月飾り1:門松

お正月の門松の由来

門松についてや飾る意味

毎年お正月を迎えると、スーパーや百貨店の前、もしくは個人の家の前等に、門松が置かれているのを見かけた事はありませんか?

斜めに切られた3本の竹を中心として、松や梅があしらわれており、根元の部分にはむしろを巻き、そして荒縄で締められている形の正月飾りです。

最近では斜めに切った部分が鋭利で危険だからと、少し丸みを帯びるように切られている事もあります。

門松は、店の前や家の門前、玄関扉の前に飾られます。向かって左に「雄松」、向かって右に「雌松」という、2つの門松で一対となります。

この一対の門松は、歳神様の依代だと言われています。山(天)から降りる歳神様を迎える為に、最も欠かす事のできない、重要な正月飾りです。

門松に竹、松、そして梅が使用されているのには、それぞれ意味があります。

例えば竹は1日2日と短い期間でぐんぐん背丈が伸びる為、生命力の象徴でもあると言われています。
松は「祀る(まつる)」という言葉にかけられ、そして不老長寿や繁栄といったおめでたい樹でもあるのです。

そして梅は新春の頃に咲く事から新年に相応しい花であり、更に紅白、つまり紅梅と白梅を共に飾る事で、よりおめでたい年を表しています。

門松を飾る期間

お正月の準備が全て整った12月28日から飾られ始める事が一般的です。それから松の内である1月7日まで飾られています。

しかし関西地方は、どんど焼き(どんと祭)という行事が小正月である1月15日頃にありますから、その日まで飾られる場合もあります。

また、京都や岐阜、群馬や石川県という一部地域では、二十日正月の1月20日は「正月が終わる節目の日である」という風習があり、その為に1月20日まで飾られる所もあるのです。

避けるべき日

門松を飾る日として最も適しているのは、12月28日です。その次の29日には「二重苦」つまり「二重に苦しい」という言葉がかかっているからです。

30日はというと旧暦で晦日(みそか)、その翌日の31日は大晦日(おおみそか)となります。

月の最後の日を示す晦日と大晦日に飾る事は、慌ただしさを表す事から歳神様に失礼になると、避けられています。

特に31日に飾るとこれは「一夜飾り」になり、葬式で飾られる一夜飾りを意味する不吉な事だと言われているのです。

当たりすぎると評判の電話占い

1 件のコメント