モスマンとは?不吉を呼ぶ謎の蛾人間のUMAについて解説!

謎のUMA モスマン
謎のUMA モスマン
都市伝説

テスラさん
ゲッ、モスマン!気持ち悪すぎて夢に出てきそうだな。

モスマンとは?

モスマン、特徴

「蛾人間」といわれるモスマンとはどのような生き物なのか?

都市伝説の中には、奇妙な未確認生物(UMA)にまつわるものも多く伝えられています。そんな生物の中でもかつて多くの目撃情報があったうえに、不吉をもたらす存在とされているのがモスマンで、1966年から67年にかけてアメリカのウェストバージニア州で目撃されました。

外見的特徴は体長およそ2メートルで成人より少し背が高い程度、全身が褐色や灰色の体毛に覆われており、目は赤くギラギラ光っているのが特徴です。加えて翼を広げはばたかずに高速で飛ぶことができ、泣き声もコウモリのようなものであるのも大きな特徴といえます。

なお呼び名については、地元住人は「バード」と呼んでいました。しかし地元新聞社が「モスマン(蛾人間)」と報道したために、現在ではこちらの名称が定着しています。

モスマンの特徴

  • モスマンは1966年から67年にかけてアメリカのウェストバージニア州で目撃されました。
  • モスマンは体長2メートル、全身が褐色や灰色の体毛に覆われ、目が赤く光っているのが特徴です。

モスマンの主な目撃情報/遭遇事件

モスマン、目撃、アメリカ

アメリカで目撃されたモスマン

モスマンは数多くの目撃例や遭遇例があり、中には目撃直後に恐ろしい事件が発生したケースもあります。以下に挙げるのがモスマン関係で目撃された主なものです。

1966年レンデニンの墓地で発見される

モスマン、目撃、墓地

モスマンの最初の目撃例は墓地においてだった

モスマンが最初に観察された例として、1966年11月12日にウェストバージニア州レンデニン墓地で見られたものが挙げられます。墓地にやってきていた男性5名がまるで大きな鳥のような生物が飛んでいくのを見かけたとされています。

ポイント・プレザントのTNTエリアで若者が遭遇

モスマン、目撃、ドライブ

モスマンが次に目撃されたのはドライブ中の若者たちによってだった

レンデニン墓地で目撃された2日後、今度は同じ州に位置するポイント・プレザントのTNTエリア(火薬工場跡)でドライブ中の若者4人が目撃したうえ、モスマンと見られる生物に追跡されました。恐ろしくなった彼らは時速160キロで走って振り切ろうとしたものの、余裕で追いかけてきたとされています。

セーラムでの遭遇

モスマン、セーラム、遭遇

モスマンはセーラムでも遭遇例が

モスマンが若者を追跡する事件が起きた同日夜、150キロほど離れたセーラム(魔女裁判で有名な地域とは別)でも目撃例がありました。飼い犬が暗闇に2つの赤く光る大きな目に吠えているさまが目撃され、飼い犬は翌日死体で発見されたとのことです。

シルバー・ブリッジの悲劇

モスマン、シルバー・ブリッジ

シルバー・ブリッジでは目撃の直後に崩落事故が

その後1年以上経過した1967年12月、ポイント・プレザントにあるシルバー・ブリッジでも目撃情報がありました。恐ろしいことに目撃された直後、橋が崩落する事故が発生し46人もの死者が出ました。

なおモスマンはこの時を最後に目撃されなくなりました。しかしその後1985年のメキシコ大地震や1986年のソ連のチェルノブイリ原発事故、さらに2001年9月11日の9.11同時多発テロの直前にも目撃情報があります。このため大規模な悲劇の前触れとみなされることも多いです。

モスマンの目撃情報や遭遇情報

  • 最初にモスマンが目撃されたのは1966年11月12日、ウェストバージニア州レンデニン墓地においてでした。
  • 2日後にはポイント・プレザントでドライブ中の若者が目撃したうえ、追跡されました。
  • 若者たちが見かけた日の夜、セーラムでも目撃例があります。
  • 1967年12月にシルバー・ブリッジで目撃され、その後崩落事故が発生しました。

モスマンはポルターガイストを引き起こす?

モスマン、ポルターガイスト

モスマンがポルターガイストを引き起こすことも

またモスマンが目撃され始めたころ、同地のある夫婦の前に姿を現し、奇妙な物音や電気の点滅といった現象が発生しました。これらの現象はポルターガイスト現象であると判断されており、モスマンにはポルターガイストを引き起こす力があるのではないかともいわれています。

モスマンのポルターガイスト

  • モスマンがポルターガイストを引き起こした例も報告されています。

モスマンを題材にした映画/プロフェシー

モスマン、映画

モスマンを題材にした映画『プロフェシー』

プロフェシー

モスマンは2002年に公開された映画『プロフェシー』でも題材として取り上げられました。妻を事故で失った新聞記者がその真相に迫るうちに奇妙な事件や現象に巻き込まれていくくだりです。ただこの映画には不気味な噂や現象が多く見られました。

この映画にまつわる不吉な噂

実は製作の際に、関わったスタッフが80名ほど不可解な形で死亡しています。犠牲者の中には音楽監督も含まれていたうえ、死亡者があまりにも多いため、モスマンがここでも不幸をまたらす存在とされています。

モスマンを題材にした映画『プロフェシー』

  • 2002年にモスマンを題材にした映画『プロフェシー』が公開されました。
  • この映画の製作中に80名ものスタッフが不審死を遂げています。

モスマンとフライングヒューマノイドとの関連

モスマン、フライングヒューマノイド

モスマンとフライングヒューマノイドの関連を指摘する声も

モスマンに似たようなUMAにフライングヒューマノイドが存在するため、両者は何らかの関係があるのではないかという声もあります。フライングヒューマノイドの特徴に、こげ茶や黒の皮膚を持ち、飛ぶことができる点が挙げられますが、そのさまがあまりにも似ているとされるほどです。

さらにポイント・プレザントでドライブのときに追いかけ回された若者の1人が残した「フライングヒューマノイドに似ていた」との証言から、この点も含めて何らかの関係性があるといわれています。

モスマンとフライングヒューマノイド

  • モスマンは外見上の特徴から、フライングヒューマノイドとの関連が指摘されています。

モスマンの正体に関する考察

モスマン、正体

モスマンの正体とは?

モスマンの正体はいったい何なのでしょうか?これまでその正体については主に以下の3つの説が提示されています。

鳥類説

モスマン、正体、鳥類

モスマンの正体をワシなど大型鳥類に求める声も

モスマンの正体を鳥類とみなす人物も多いです。地元住民が「バード」と呼んでいること、鳴き声が大型の鳥をほうふつとさせることなどが根拠とされています。このため大型の鳥類と見間違えたのではないかというのがこの説の趣旨です。

エイリアン・ペット説

モスマン、正体、エイリアンペット

モスマンがエイリアンのペットであるという説も

中にはエイリアンが持ち込んだペットとみなす人物もいます。目撃情報が相次いだ当時、ポイント・プレザントではUFOの目撃情報も多いために宇宙人が連れ込んだペットなのではないかとする説です。

なおUFOの目撃情報の数とモスマンの目撃情報の数が比例して変化していた点も、この説の根拠とされています。

先住民族の呪い説

モスマン、正体、インディアン

モスマンの正体を先住民族に求める声もある

さらにポイント・プレザント一帯の先住民族であるショウニー族の呪いとみなす人々もいます。ショウニー族は白人による開拓のさなかで発生した戦争の結果虐殺されたため、復讐としてモスマンという形で開拓民の末裔である同地の住民に危害を加えたとする説です。

モスマンの正体

  • モスマンを大型鳥類と見間違えたという説もあります。
  • 宇宙人が連れてきたペットという説を唱える人々もいます。
  • 先住民族の呪いと関連付ける人もいます。

モスマンとは?まとめ

モスマン

今も謎に包まれているモスマン

未確認生物であるモスマンは、成人より一回り大きく、全身が体毛に覆われ赤く輝く目を持つ特徴を持っています。加えて車に追いつくくらいのスピードで空を飛ぶこともできるとされる生物です。

モスマンの目撃例は1966年から67年にアメリカのポイント・プレザントを中心に多く報告され、特にTNTエリアやシルバー・ブリッジにまつわるものが知られています。加えてシルバー・ブリッジにまつわるものは、のちに崩落事故でたくさんの犠牲者が出たため、不幸をもたらす存在として認知されているほどです。モスマンを題材にした映画もありますが、製作時に多くのスタッフが不審死する事件が起き、モスマンの呪いとされています。

モスマンは外見上の特徴がよく似たフライングヒューマノイドとの関連を指摘する声も多いです。なお正体として鳥類説やエイリアン・ペット説、先住民族の呪い説がありますが、今でも謎です。

遭遇したら最後ろくな目に合わないという意味で恐ろしい存在のモスマンですが、目撃例が多かったポイント・プレザントには鋼鉄製の像があるため、現地に行ったら見てみるとよいでしょう。