>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【七草の画像あり】春の七草 七草粥の意味・由来を知っていますか?

【七草の画像あり】春の七草 七草粥の意味・由来を知っていますか?

春の七草 七草粥の意味・由来を知っていますか? 春の七草 七草粥の意味・由来 七草粥の由来について 始まりは若菜摘みと七種菜羹 七草粥を食べる日である1月7日は、五節句の内の1つ、「人日(じんじつ)の節句」にあたります。

    春の七草 七草粥の意味・由来を知っていますか?

    春の七草 七草粥の意味・由来

    七草粥の由来について

     

    始まりは若菜摘みと七種菜羹

    七草粥を食べる日である1月7日は、五節句の内の1つ、「人日(じんじつ)の節句」にあたります。

    五節句とは1年間に5回ある季節の節目の日で、人日の日以外には3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽といった日があります。

    春の七草、七草粥を1月7日の人日の日に食べるようになったのは、若菜摘みと七種菜羹という行事に由来があります。

    「人日(じんじつ)の日」とは?

    中国は前漢時代、1月1日の元旦は鶏、その次の2日は狗(犬)、そして3日は猪で4日は羊、5日は牛に、6日は馬、7日は人で8日は穀としていました。

    こうして決められた日には、それぞれの動物を殺さない、食べないと定めていたのです。そして人の日である8日は、犯罪者に対して刑罰を行わない日でした。

    1月7日に七草粥を食べる理由

    どうして1月7日の人日の日に七草粥を食べるのか、それは人日の日が「人を大切に思う」という日だからです。

    昔の日本には、「若菜摘み」という風習がありました。これは雪の中から芽を出した若芽を摘むという風習です。

    新春に若芽を食べれば邪気が祓える、清めの行事だとされていました。

    そして中国の唐の時代には、人日の日に7つの食材が入った汁物である「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べる、無病息災を願う行事がありました。

    また、1月7日は昇進を決める日でもあった為、立身出世の願いも込められていたのです。

    やがて時代は過ぎ、平安時代に入れば、日本へと中国の風習や行事が伝わるようになりました。

    そうして元々日本にあった「若菜摘み」の風習と、中国の「七種菜羹」の風習が合わさったのです。

    江戸時代になると、幕府が中国から伝わってきた「人日の日」を、日本における「人日の節句」、五節句の1つだと取り決めました。

    こうした由来から「1月7日の人日(人日の節句)には、雪の中より出る若芽で作る七草粥を食べて無病息災を願う」という現代まで伝わる行事になったのでしょう。

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事