LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

「七草」とは?七草粥を食べる意味や由来について紹介!

「七草」とは?七草粥を食べる意味や由来について紹介!

七草とは、7種の野菜を使ったお粥、七草粥を食べる風習のことです。七草にはそれぞれに意味があり、おせち料理で疲れた胃を休ませたり、野菜不足による栄養素を補う効果があります。今回は七草の意味や由来、いつ七草粥を食べるのかなどについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「七草」とは?
  2. 2.「七草粥」はいつ食べる?
  3. 3.「七草粥」を食べる理由は?
  4. 4.「七草」のそれぞれの意味や効果について紹介!
  5. 5.美味しい「七草粥」のレシピを紹介!
  6. 6.まとめ
七吉

七吉

お正月のおせち料理で疲れた胃を休ませる、七草について紹介するよ!

「七草」とは?

Photo by ecokr

七草には、

  1. セリ
  2. ナズナ
  3. ゴギョウ(ハハコグサ)
  4. ハコベラ(はこべ)
  5. ホトケノザ(コオニタビラコ)
  6. スズナ(カブ)
  7. スズシロ(大根)
の七種があります。

七草(ななくさ)とは、人日(1月7日)の朝に7種の野菜を食べる風習です。

一般的には、人日(じんじつ)に春の七種と呼ばれる野菜、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(はこべ)、ホトケノザ(コオニタビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)を使ったお粥(七草粥)を食べる風習を指し、おせち料理で疲れた胃を休ませ、野菜不足による栄養素を補う効果があります。

覚え方

七吉

七吉

七草の覚え方は、和歌のように「五・七・五・七・七」のリズムで覚えるのが一般的だよ!


セリナズナ/ゴギョウハコベラ/ホトケノザ/
スズナスズシロ/春の七草

 

 

「七草粥」はいつ食べる?

Photo by Spiegel

七草粥を食べるのは、人日の1月7日です。

人日(じんじつ)とは、五節句の一つで、中国では前漢時代、1月1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日、そして7日を人の日と定めていました。

こうして決められた日には、それぞれの動物を殺さない、食べないと定めており、人の日である7日は、犯罪者に対して刑罰を行わない日でした。

この人日の節句は、江戸時代に幕府の公式行事として定められ、武士たちが七草粥を食べ、人日の節句を祝ったとされています。

「七草粥」を食べる理由は?

七吉

七吉

七草粥を1月7日の人日の日に食べるようになったのは、若菜摘みという行事に由来するよ。

七草粥を食べるようになったのは、若菜摘み(わかなつみ)という年の初めに出たばかりの芽を摘む行事に由来します。

若菜摘みは中国から伝わった七種菜羹(しちしゅさいかん)という、1月7日の人日に、7種類の野菜を煮たお吸い物を食べ、無病息災や五穀豊穣を願うもので、これが七草粥のルーツだと言われています。

また七草粥はおせち料理によって疲れた胃を休ませたり、冬の野菜不足による栄養素を補う効果もあります。

七吉

七吉

また七草は、元々は秋の七草のことを指していたんだ。
秋の七草には、オミナエシ、ススキ、キキョウ、カワラナデシコ、フジバカマ、クズ、ハギの七種があるよ。

次へ

関連記事

人気の記事