>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【七草の画像あり】春の七草 七草粥の意味・由来を知っていますか?

【七草の画像あり】春の七草 七草粥の意味・由来を知っていますか?

春の七草 七草粥の意味・由来を知っていますか? 春の七草 七草粥の意味・由来 七草粥の由来について 始まりは若菜摘みと七種菜羹 七草粥を食べる日である1月7日は、五節句の内の1つ、「人日(じんじつ)の節句」にあたります。

    七草粥はいつ食べる?

    七草粥を食べるのは、人日の日である1月7日です。

    この日に春の七草を粥にして食べる事で、無病息災を願います。

    七草粥に入れるのは?

     

    七草粥にはその名の通りに7つの食材を入れます。

    それは

    ・芹(せり)

    ・薺(なずな)

    ・御形(ごぎょう)

    ・繁縷(はこべら)

    ・仏の座(ほとけのざ)

    ・菘(すずな)

    ・蘿蔔(すずしろ)

    です。

    春の七草が持つ意味

    七草粥に入れられる春の七草には、それぞれ意味や効果があります。七草粥の意味を知る事で、より美味しく頂けるでしょう。

    芹(せり)

    七草粥 芹 芹(せり)に「競り(せり)勝つ」という言葉がかかっている事から、勝負に勝つという意味の縁起が良い食材です。

    芹(せり)

    芹とは、セリ科の多年草です。こちらは芹全体を茹でて食べます。

    新芽がそれぞれ競り合い育つ、そして芹(せり)に「競り(せり)勝つ」という言葉がかかっている事から、勝負に勝つという意味の縁起が良い食材です。

    芹には解熱、胃腸を丈夫にする効果を期待できます。他にも利尿作用や整腸作用、食欲増進といった効果が期待できるでしょう。

    ※芹の仲間に「毒ゼリ」があります。誤って食べると嘔吐や呼吸困難といった症状を引き起こす場合があるので注意しましょう。

    薺(なずな)

    七草粥の薺(なずな)には「撫でて、汚れを取り除く」という縁起が良い意味が込められています。

    七草粥の薺(なずな)

    薺(なずな)はアブラナ科で、花の下に付いている果実の形が三味線のばちに似ている事から「ぺんぺん草」と呼ばれる事もあります。

    ぺんぺんは三味線を弾く音からです。

    七草粥へ入れる際には若芽の部分を使用します。薺を天日干しして乾燥させて、それをお茶代わりとして飲んだり、昔は煎じて目、肝臓の薬として用いる事がありました。

    この薺には「撫でて、汚れを取り除く」という縁起が良い意味が込められています。

    解毒作用、止血作用、利尿作用や、胃腸の改善効果、むくみの改善効果があると言われています。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事