こどもの日に食べると縁起のいい食べ物 料理とその由来・意味を解説!

こどもの日の由来や縁起のいい食べ物について
こどもの日の由来や縁起のいい食べ物について
年中行事

アマテラス
5月5日は子供の日。子供の成長を祝うこの日の由来について、皆さんはご存知ですか?

こどもの日の由来とは?

こどもの日は、別名「端午の節句」とも呼ばれているのは有名ですよね?こどもの日には「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかると共に母に感謝する」という意味があり、子供の成長を祝う日でもあるのですね。

こどもの日の由来

こどもの日は、1948年の5月5日に由来し、それまでは端午の節句とこどもの日は別々でした。端午の節句は男の子限定の祝日だったので、一本化の意味でこどもの日と端午の節句がセットになりました。元々は中国の風習でしたが、今ではすっかり定着していますね。鯉のぼりも初節句には欠かせないですし、五月人形など、地域によって色々変遷を遂げた結果、今のこどもの日が生まれました。

こどもの日とはどんな日?

端午の節句自体には災厄などを避ける日として昔からあった物です。行事に使われていた「菖蒲(勝負)」が武士に由来したことから、端午の節句自体も武士=男の子と言う風になったようですね。

ただ、端午の節句自体は男の子のお祭りで、それの流れを汲んでいるとはいえ、女の子はお祝いしないかと言えばそうではありません。昔は男の子だけのお祝いだったのですが、前述したように国民の祝日となった1948年からは、子供は男女問わずお祝いする日に生まれ変わりました。ですから、今のこどもの日は端午の節句の意味も含みながらも、男女両方の成長を願う日になったのですね。

ポイント

  • 元々の由来は、端午の節句から始まりました。
  • 今のこどもの日は、男の子も女の子も対象となります。

こどもの日に食べると縁起のいい食べ物/料理1 ブリ・スズキ

ブリ・スズキ

ブリ・スズキ

ブリ・スズキを食べると縁起がいい理由

こどもの日にブリやスズキが縁起が良いのは、どちらの魚も出世魚と言うのが理由の一つです。大きくなると名前が変わる出世魚が、こどもの成長と重ねられ、こどもの成長を祝う食べ物として有名になりました。

こどもの日に食べると縁起のいい食べ物/料理2 カツオ

カツオ

カツオ

カツオを食べると縁起がいい理由

こどもの日は、昔は男の子専用の祝日だったので、カツオ=勝つ男と言う風に縁起物として食べられるようになりました。昔からの風習で男は強くなければいけないとの願いが込められているのですね。

こどもの日に食べると縁起のいい食べ物/料理3 柏餅

柏餅

柏餅

柏餅を食べると縁起がいい理由

こどもの日の和菓子と言えば、柏餅を思い浮かべる方も多いでしょう。縁起の良い食べ物として主に東日本で食べられることが多いようです。何故柏餅が縁起が良いかの理由としては、柏の葉が子孫繁栄の縁起担ぎになるからと言われています。

また、他にも柏の葉は、昔から神様への供物の器としても使われており、新芽が出るまで枯れることのない柏が「家系が絶えないように」との意味で縁起担ぎとして使われるようになりました。特に武士の間では、子供がいないと後継ぎがいなくなるので、より大切に扱われていたようです。

こどもの日に食べると縁起のいい食べ物/料理4 ちまき

ちまき

ちまき

ちまきを食べると縁起がいい理由

柏餅は全国で食べられますが、ちまきは主に西日本で食べられる縁起物です。こどもの日のちまきは、中華ちまきとの誤解を生みがちですが、こどもの日のちまきは甘い物を指します。とは言っても、こどもの日のちまきは甘いだけで、餡子などは入らず、柏餅とはちょっと違った感じの食べ物になっています。

こどもの日の童謡に「ちま~き~食べ食べ~兄さんが~」などとありますが、ちまきを食べるのは全国区ではなく、当時の都であった京都に近い西日本で主に食べる風習が広まります。ちなみに、ちまきには「邪気を祓う」という意味があり、結んでいる糸の色にも魔除けの意味が込められています。ちまきを結んでいる糸の色は「赤・青・黄・白・黒」ですが、これがそのまま鯉のぼりのカラーリングにもなっています。

こどもの日に食べると縁起のいい食べ物/料理5 赤飯・鯛

鯛

赤飯や鯛を食べると縁起がいい理由

こどもの日は、男の子のお祝いの日なので、男の子が生まれて初めての端午の節句は「初節句」と呼ばれ、重要なイベントとなっています。その初節句の日に、赤飯や鯛を食べるようになったのは、赤い色が邪気を払うとされているからです。

日本では昔から紅白は縁起物として使われていましたが、特に鯛は「おめで鯛(おめでたい)」の語呂合わせからも慣れ親しまれ、また高級魚であることから、よりおめでたい席にぴったりの食材として食べられています。

同じように、赤飯も赤い色が付いているので、邪気を祓う目的で食べられています。赤飯も昔は小豆の煮汁で色を付けていたようですが、今は作るのを簡略化するために、食紅が使われ、小豆も甘納豆に代わるなど、地域によって違いがあります。

最近では、こどもの日のお祝いには、子供が好む苺のケーキや赤飯が苦手な子供用にと、散らし寿司などを食べる地域が増えました。元々がこどものお祝いなのですから、縁起担ぎも大事ですが、美味しく食べられるのが一番のお祝いですね。

ポイント

  • 縁起担ぎの食べ物は、子供の成長を願う証です。
  • 子供が好きな物を食べる日として、段々と変わって来ているようです。

こどもの日に食べると縁起のいい食べ物/料理まとめ

子供の成長は大人に比べて、かなり早く感じます。それこそ、あれ?この前まで赤ちゃんだったのに?などと成長のスピードには驚かされることも多いです。子供が健やかに育つようにと願いが込められた子供の日ですから、縁起を担ぐのは古臭いなどと思わずに、子供の成長を後押ししてあげて下さい。

アマテラス
こどもの日には五月人形や鯉のぼりを飾るのもお忘れなく

 

ライターメモ

子供の日に食べるものについてのメモ