>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

お神酒とは?正月に飲むお神酒(みき)の意味・由来について解説

お神酒とは?正月に飲むお神酒(みき)の意味・由来について解説

お正月に飲むお神酒の由来や意味 お神酒の由来 お神酒は「おみき」、または「しんしゅ」と読みます。これは、神饌に欠かせないとても大切なお酒です。神饌(しんせん)とは神様にお供える飲食物を指します。 古来より、地震や大雨、洪水に干ばつや台風、火山といった自然災害は、神様の怒りによって引き起こされると考えられていました。

    お正月に飲むお神酒の由来や意味

    お神酒の由来

    お神酒は「おみき」、または「しんしゅ」と読みます。これは、神饌に欠かせないとても大切なお酒です。神饌(しんせん)とは神様にお供える飲食物を指します。

    古来より、地震や大雨、洪水に干ばつや台風、火山といった自然災害は、神様の怒りによって引き起こされると考えられていました。

    そこで人々は荒ぶる神様の機嫌を損ねないように、そして神様を鎮める為にと、神聖な飲み物であるお酒を神様へとお供えしていたのです。

    また、収穫したお米を神様へと捧げる時に、そのお米を用いてお酒を造り、一緒にお供えをする事で翌年の豊穣祈願をしていました。

    こうして神様にお供えしたお酒には、神様の霊力が宿ると考えられており、神様からお下がりをしたお酒を飲む事で、無病息災を願っていたのでした。

    この神様へのお供え物であったお酒が「お神酒」の始まりだといわれているのです。

    お正月のお神酒には、こういった「無病息災」や「厄落とし」の意味が込められています。

    名前について

    お神酒を「おみき」という名前で呼ぶ由来ですが、まず「おみき」の「み」には神仏、天皇へ用いる尊敬の接続語である「御(み)」という字があてられます。

    そして「おみき」の「き」には「酒(き)」という字があてられ、そこへ接続語である「お」を最初につけて、「おみき」と呼ばれるようになりました。
    また、古文献では、神酒を「みわ」と呼ぶ事もあります。

    お正月はお神酒を神棚へお供えする

    ご自宅に神棚があるならば、その神棚へとお神酒をお供えします。この時に用いるお神酒は、清酒であれば特に銘柄にはこだわらなくともいいでしょう。

    正式には白酒、黒酒、泥酒、清酒で「しろくろでいせい」という4種類のお神酒をお供えします。
    しかしこの全てをお供えしているのは、現在では皇室や、伊勢、出雲といった所だけだといわれています。

    神棚へお供えした後のお神酒

    自宅に神棚がある方は、毎日朝と夕に「お米」と「お塩」と「お水」をお供えします。
    そして毎月1日と15日、そして氏神様の祭事には、これら3品にお神酒や果物、魚等もお供えする事となります。

    お正月にお供えをした後のお神酒ですが、玄関や家の周りにまく事で「家の周囲を清める」、「家に災厄が入らないようにする」という意味があります。

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事