LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

天理教の教えの特徴や教祖・成り立ちについて解説!信者と噂される芸能人も紹介

天理教の教えの特徴や教祖・成り立ちについて解説!信者と噂される芸能人も紹介

野球の強豪校天理高校から天理教を知った人も多いようですが、信者は全国にまたがっています。天理教は新興宗教の一つですが、明治から昭和初期にかけて信者の数は膨大になり一時期500万人ともいわれています。天理教の本部は天理市にありますが、日本で唯一の宗教団体名がついた市です。天理教の教えや特徴また成り立ちなどご紹介します。

記事の目次

  1. 1.天理教とは?
  2. 2.天理教の歴史
  3. 3.天理教の特徴
  4. 4.天理教の結婚式/葬式
  5. 5.天理教の儀式/活動
  6. 6.天理教関連施設
  7. 7.天理教信者と噂される有名人
テスラさん

テスラさん

天理教って新興宗教だよね?少し怖かったりもするのだけど!

織田作之助

織田作之助

天理教は江戸時代からある歴史のある宗教だそうだ。奈良県の天理市は天理教で有名だよね。天理ラーメンなんてものまである。とにかく調べてみよう

天理教とは?

天理教,とは

天理教とは?

日本は信仰の自由を認めている国ですので、仏教やキリスト教など歴史の古い伝統的な宗教から比較的新しい宗教まで数多くの宗教団体が存在しています。日本では「新興宗教」という言葉がよく聞かれますが、新興宗教とは明確に定義づけされたものではないものの、一般的に幕末以降に現れた宗教を新興宗教(新宗教)と呼んでいます。
天理教のおこりも江戸末期ですので、新興宗教の一つです。新興宗教というとオカルト的なイメージを持つ人も多いのですが、オカルト的な宗教団体は極一部であり新興宗教のほとんどが教えに真面目に取り組む団体で天理教もその中の一つです。

天理教CM

信者数は?

大塩平八郎の乱が起こった次の年1838年ごろに現れた天理教は、明治末期から昭和初期ごろが最も信者が多いときとされ、当時推定500万人の人が天理教に加入していたと考えられています。
天理教信者の現在の人数は100万人前後といわれ、信者数は年々減少傾向にあります。

教祖はだれ?

天理教の教祖は、現在の天理市三昧田町で大庄屋であった前川家の長女として1798年に生まれた中山みきです。
中山みきは13歳で現在の天理市三島町の中山家へ嫁ぎ、家事をきりもりしていました。もともと慈悲深い中山みきでしたが、1838年41歳の時世界と人類を創造したとされる親神・天理王命が体に入り、自分が貧しくなることもいとわず周囲の貧困な人々に自分の家財をわけ与え善行を行うようになりました。
今では、教祖中山みきの肉体は滅んでも魂はこの世に留まり続け、世界中の人々が助け合いながら楽しく暮らす「陽気ぐらし」ができるように、休むことなく力を尽くしていると信じられています。

天理教の目的とは

天理教の目的は、世界中の人間が互いに助け合い心豊かに暮らす「陽気ぐらし」の信仰を広めることにあります。
親神である天理王命は、「陽気ぐらし」の生き方を教祖を通して教え導いているとされています。天理教では、生活苦や病気などつらい現実も神による成長のための導きと前向きにとらえ、自己中心的な考えをやめて他人のために行動することの大切さを説いています。

ポイント

  • 天理教の教祖は天理市で生まれ天理市の中山家に嫁いだ「中山みき」です。41歳の時親神である天理王命が体に入り、善行を行い天理教の基礎を築きました。
  • 天理教の目的は人々が互いに助け合い幸せに暮らすための「陽気ぐらし」の思想を広めることにあります。
次へ

関連記事

人気の記事

記事はありません。