>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

体育の日とは?その由来やオリンピックとの関係、2020年にスポーツの日に変わる理由について紹介!

体育の日とは?その由来やオリンピックとの関係、2020年にスポーツの日に変わる理由について紹介!

毎年10月第2月曜日に迎える体育の日は、スポーツに親しみつつ健康な心身をはぐくむための日です。1964年東京オリンピックを記念する形で制定され、当時の感動を今に伝えています。なお2020年の東京オリンピックを機に「スポーツの日」に変更されることになっています。

    国民の祝日・体育の日とは?

    体育の日、スポーツ

    体育の日は日本の祝日の中でスポーツに関係するものである

    体育の日は、呼び名を見るとスポーツにまつわる祝日ように感じてしまいますよね。

    日本には様々な祝日がありますが、祝日ごとに、意外と知られていない意味や由来があることをご存じでしょうか?

    また、2020年の東京オリンピックの開催まで残すところあと1年あまり、会場建設の進展や大河ドラマ『いだてん』の放映、ボランティアの公募などオリンピックを盛り上げる機運が日々高まってきています。

    オリンピックといえば、平和とスポーツの祭典といわれていて、毎回のように熱い興奮や感動を残したり大きな盛り上がりを見せたりしますが、2020年を境に、体育の日が「スポーツの日」と改名されるという話もあります。

    今回は、体育の日とはいったいどのような祝日なのか?やスポーツの日に変更される理由などについて紹介していきます。

    体育の日はいつ?

    体育の日、いつ、カレンダー

    体育の日は毎年10月の第2月曜日である

    体育の日は、毎年10月の第2月曜日に設けられています。元々は、毎年10月10日でしたが、2000年に導入されたハッピーマンデー制度の影響を受けて、現在の日付に変更となりました。

    第2月曜日ということですので、具体的な日付は年によってさまざまです。例えば2018年の場合は10月8日でしたが、2019年は10月14日となっています。

    体育の日は何を祝う日なのか

    体育の日、スポーツ、健全な体

    体育の日はスポーツに慣れ親しみ、健全な体を作るための日である

    体育の日は、「体を鍛えること」や「健やかな成長を願うこと」など、健全な体と精神を作る一環として、スポーツを楽しむための日です。何かとスポーツ関係の祭典やイベントなどが行われているイメージを持っている人も多いと思いますが、体育の日の目的を考えると、うなずけますよね。

    また、学校などでは、運動会や体育祭をこの日に合わせて行う場合も多いです。

    ちなみに、体育の日は、施設にもよりますが、利用料金が無料または割引などのサービスを行っている場所が多くあります。

    せっかくスポーツを楽しむための祝日となっているので、予定が空いている人は、地域の運動施設に足を運んでみるのも良いと思いますよ。

    ポイント

    • 毎年10月の第2月曜日に迎える
    • スポーツに慣れ親しむための日

    体育の日制定の由来とオリンピックの関係とは?

    体育の日、1964年東京オリンピック

    体育の日と1964年東京オリンピックは密接な関係が

    体育の日の由来には、1964年に行われた東京オリンピックが深く関わっています。ここでは体育の日の誕生を、東京オリンピックとの関連を中心に見ていきましょう。

    体育の日ができたわけ

    体育の日、東京オリンピック

    体育の日は東京オリンピックを記念してできた

    体育の日の由来は、東京オリンピックにあります

    東京オリンピックと言えば、日本が戦争の痛手から復興し、経済成長を遂げるまでになったことを象徴するイベントであり、選手団の目覚ましい活躍によって、日本中を感動させてくれたイベントですよね。

    体育の日は、戦後の経済成長とオリンピックの感動を忘れないために制定された祝日となっています。

    ですので、元々は、「スポーツに慣れ親しむための日」という意味はありません。

    しかし、体育の日が制定される以前から、祝日ではないものの「スポーツの日」が存在していたので、東京オリンピックの成功と感動を忘れないようにする意味と合わせて、スポーツに慣れ親しむ日として設けられたという経緯があります。

    1964年の東京オリンピックとの関係は?

    体育の日、1964年東京オリンピック、開会式

    体育の日は1964年東京オリンピックの開会式にちなんでいる

    体育の日は、制定された当時、10月10日の固定で定められていました。実は10月10日は1964年の東京オリンピックで開会式が行われた日になっています。東京オリンピックは、日本だけでなくアジアで初めて行われたオリンピックであったうえ、日本代表でも金メダルを獲った「東洋の魔女」こと女子バレーチームや男子体操チームが目覚ましかった大会でした。

    余談ですが、同じ1964年の10月には、いまや日本の大動脈となっている東海道新幹線も開業し、こちらもオリンピックとともに日本の高度経済成長を象徴する出来事として記憶されています。

    体育の日の趣旨とは?

    体育の日、スポーツ、健康、趣旨

    体育の日はスポーツに慣れ親しみ、健康をつちかう日という趣旨がある

    体育の日は、祝日法で定められた正式な国民の祝日ですが、そのためにきちんとした趣旨も法律に明記されています。その内容は「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」というもので、注目すべきなのが肉体的な健康だけではなく精神的な健康に注目している点です。このため単にスポーツを楽しむだけではなく、健康について考えるための日といってもよいでしょう。

    実際のところ体を動かすことは精神面の健康にもつながるため、特に運動不足気味の方や精神的に参っている方は体育の日の機会に体を動かすとよいでしょう。

    ポイント

    • 東京オリンピックを記念して作られた
    • 体育の日となった10月10日は1964年東京オリンピックの開会式が行われた日
    • 「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」趣旨がある

    体育の日はいつからあるのか

    体育の日、オリンピック、高度経済成長

    高度経済成長とオリンピックの感動や興奮が冷めやらぬ中で体育の日は制定された

    体育の日は、東京オリンピックからわずか2年後の1966年に制定された祝日です。高度経済成長の真っ只中にあって、オリンピックが残した興奮や感動が冷めやらなかった当時の社会情勢に後押しされたことが大きいといえます。その理由から、この年の6月に改正祝日法が施行されたことで制定へとつながりました。

    なお、体育の日と同じタイミングで制定されたものに、2月11日の建国記念の日と9月15日(当時)の敬老の日があります。

    ポイント

    • 東京オリンピックの2年後の1966年に体育の日が制定された
    編集部

    編集部

    同年に制定された建国記念の日についてはこちらです! 

    体育の日の天気は晴れが多い?

    体育の日、晴れ

    体育の日に晴れが多いのは本当なのか?

    体育の日は、晴れの天気の日が多いという声もあります。俗に「晴れの特異日」に当たるとされていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

    たしかに、体育の日は10月の上旬から中旬にかけての比較的過ごしやすく晴れやすい日とされています。加えて1964年の東京オリンピック開催日も戦争による焼け野原から見事に復興を遂げた日本を世界中にアピールできるようにという理由で、気象台のデータを駆使してまで必ず晴れる日に決めたといわれているほどです。

    ただし実際のところは体育の日であっても雨が降る場合も多いため、体育の日が晴れやすいというのはいわゆる俗説であるといえます。

    ポイント

    • 体育の日は晴れの日が多いのは俗説で、実際は雨が降る場合も多い

    2020年の体育の日はスポーツの日に変わる

    体育の日、スポーツの日、2020年東京オリンピック

    2020年東京オリンピックを機に体育の日はスポーツの日に

    体育の日は、2020年の東京オリンピックを機に「スポーツの日」へ名前が変わることをご存じでしょうか?ここでは、スポーツの日に変更となる目的や背景を見ていきます。

    名前を変える目的とは?

    体育の日、スポーツの日、変更

    体育の日が学校の体育の授業をイメージさせるためスポーツの日に変更された

    体育の日がスポーツの日に改名される経緯は、2018年6月に施行された改正祝日法による影響が大きくなります。名称が「体育の日」では、まるで学校教育の中の体育をイメージさせるため、オリンピックを機に世界中で導入されている「スポーツの日」に名称を変更することにしました。

    ちなみに2020年については、東京オリンピックの開会式が7月24日に行われるため、オリンピックの開会式に合わせて、体育の日(スポーツの日)が7月24日に移されることが決定しているそうです。

    現在は、10月唯一の祝日となっている体育の日ですが、2020年以降は、7月に移されるため、10月の祝日がなくなってしまうのは少し悲しいですよね。

    ただ、年間の祝日数は変わりませんので、その点は安心しても良いと思います。

    ポイント

    • 体育の日は2020年からスポーツの日に変更
    • 2020年以降は、7月24日が祝日に
    • 名称が学校教育の体育をイメージさせるため、オリンピックを機に変更

    体育の日とは?まとめ

    体育の日、スポーツ

    オリンピックを機にスポーツや健康を考える機会として体育の日を活用しよう

    体育の日は、1964年に東京オリンピックでもたらされた感動を忘れないようにするために、スポーツに親しんで心身面の健康を育むための日ということで制定されました。当初は東京オリンピックの開会式が行われた10月10日でしたが2000年からハッピーマンデー制度が導入されて現在の10月第2月曜日となりました。

    来たる2020年には名称がスポーツの日に変更されたり、特別措置として2020年だけオリンピックの開会式である7月24日なったりと変化が大きいですが、オリンピックを機にスポーツを楽しんだり体や心を健全に育むチャンスにしてみたらどうでしょうか。

    編集部

    編集部

    日本の祝日について興味のある人は、祝日に関する他の記事も合わせてお読みください!

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事