>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

秋分の日とは?その決め方や意味・由来、お彼岸との関係についても紹介!

秋分の日とは?その決め方や意味・由来、お彼岸との関係についても紹介!

毎年9月下旬に迎える秋分の日は、秋でも昼と夜の長さがほぼ同じになり、かつ太陽も真東から真西に移動する日が選ばれます。もともと戦前の秋季皇霊祭に合わせた休日が由来で、この日にお墓参りをしたりおはぎを食べたりします。さらに似たような日に春分の日があります。

    国民の祝日・秋分の日の決め方とは?

    秋分の日、決め方

    毎年9月下旬に迎える秋分の日は決め方が独特

    日本にある国民の祝日の中には、古来の風習に基づいて決まっているものも存在します。その中でも風習に加えて季節の行事に由来を持つものの1つが秋分の日です。毎年9月下旬に迎えますが、実は年によっては日付が変動する特徴を持つ祝日でもあります。

    秋分の日の決め方は?

    秋分の日、天文観測、決め方

    秋分の日は前年2月までの観測結果で決まる

    秋分の日が年によって変動する場合があるのは、そもそも決めるにあたって太陽の運行が大きく関係しているためです。具体的には国立天文台が前年までに昼と夜の長さが同じくらいになる日を観測結果から決めます。そしてその結果をもとに、その時の内閣が前年2月の閣議で祝日法に基づいて最終決定する流れです。

    なお秋分の日について触れたサイトの中には今後数年から数十年分の秋分の日の予定日を説明しているものがありますが、参考にする際はあくまでも現時点で予測できるものであって今後変化する可能性があるという点に注意しましょう。

    秋分の日はいつ?

    秋分の日、日付、いつ

    秋分の日はいつなのか?

    さて秋分の日がいつになるのかは皆さんも気になるところでしょう。正確には9月22日から24日までのどれか一日です。もちろん太陽の運行によって22日になる場合や23日になる場合、24日になる場合もありますので、常に最新のカレンダーを使って確認するようにしましょう。

    2019年の秋分の日はいつ?

    なお2019年の秋分の日については9月23日(月曜日)です。

    2020年の秋分の日はいつ?

    ちなみに4年に1度のうるう年(基本的に夏季オリンピックが行われる年と同じで、次は2020年)の場合は9月22日になります。

    秋分の日の決め方

    • 秋分の日は太陽の運行の影響で年により日付が変動します。
    • 秋分の日は9月22日から24日のいずれかで、うるう年の場合は9月22日です。
    • 2019年の秋分の日は9月23日(月)です。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事