>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「海の日」とは?海の日ができた由来や意味を紹介!2020年はいつ?

「海の日」とは?海の日ができた由来や意味を紹介!2020年はいつ?

海の日の由来や、いつ海の日が生まれたのかということは、知らない方も多いと思います。調べてみると、海の日は意外と歴史が深く、すでに150年近い歴史の中で培われてきた祝日だということがわかるのです。ここでは、そんな海の日についてまとめたいと思います。

    海の日はなぜできた?海の日制定の由来

    海の日はなぜできた?海の日制定の由来

    海の日はなぜできた?海の日制定の由来

    海の日ができたわけ

    海の日ができたわけは、もともとあった「海の記念日」を祝日にしようという働きかけがあったためです。1959年から海に携わる人達が海の記念日を祝日に変えようと働きかけ続け結果、現在の海の日ができたとされています。

    これに対し政府はなかなか重い腰をあげなかったのですが、30年以上の絶え間ない働きかけにより制定され、今に至ります。

    時間はかかったものの、国民の声で国は動いていくことがわかる良いエピソードですね。

    海の日の元となった海の記念日とは?

    海の記念日は、天皇が初めて汽船を用いて東北巡航から横浜港に帰港したのを記念して制定された日で、それは1876年7月20日のことでした。

    それまで天皇は軍艦を用いて巡航していたのですが、汽船を用いたのはおめでたいことだったのですね。

    海の記念日は実に百年以上も続いたことを考えれば、海の日よりもまだまだ歴史の長い記念日だったことが伺えます。

    海の日はいつからあるのか

    海の日はいつからあるのか

    海の日はいつからあるのか

    海の日は1995年に法案が可決され、1996年7月20日より正式に始まりました。

    海の日の前身である海の記念日が制定されたのは、実に150年程前です。

    そして、海の記念日を祝日にしようという働きかけが出てきたのも1959年頃でした。

    そこから30年以上も働きかけることで1995年にようやく法案が可決され、1996年7月20日からようやく海の日ははじまったのですね。

    また、ハッピーマンデー制度により2003年には海の日は7月の第3月曜日になるなど、かなり形を変えて変化してきた記念日だということがわかります。

    意外と知られていませんが、海の日はこのように歴史の深い祝日だったのです。

    友だち追加

    人気の記事