1ページ 2ページ

ピーターパン症候群とは?その特徴・原因や診断方法、治療法についても紹介!

ピーターパン症候群
ピーターパン症候群
心理学

ピーターパン症候群の症状・原因とは?

ピーターパン症候群

ピーターパン症候群

子供向けのアニメとしても有名になった「ピーターパン」をご存知ですか?ずっと子供のママのピーターパンが「ネバーランド」というおとぎ話の国で暮らすというストーリーです。

主人公の少年は決して大人にならず、子供のままです。それを揶揄して「ピーターパン症候群」と呼ばれるようになりました。

ピーターパン症候群の症状

ピーターパン症候群では様々な症状が言われますが、いわゆる空気が読めないような言動を繰り返したり、感情の幅が左右に極端に振れたり、幼稚な言動が目立つことが症状として挙げられます。また、自分が他人にどう思われているのかをわからないのも症状の一つでとにかく幼い言動が目立ちます。それゆえに、恋愛でも関係を続けることが出来ず、自分の気持ちだけを先行することが多いです。

相手の事も自分のことのように愛することが出来ないので、自分の感情を最優先させてしまうため、仕事でも恋愛でも長続きしないのが最大の欠点であり、ピーターパン症候群の症状であるとも言えます。

ピーターパン症候群の原因

精神的に大人になる事が出来ないピーターパン症候群では、原因がいくつかあります。

まず、両親の仲が不仲であったり、父親の厳しすぎるしつけであったり、母親からの行きすぎた愛情であったりなどです。

他にも、自分が目標とできるようなリーダーがいない場合、コンプレックスが強い場合、いじめられたことが過去のトラウマとなるなど、原因は大抵は身近にいる人が関係しています。

また、脳の成長過程が遅い事で、発達障害などが起きることでもピーターパン症候群にかかってしまう事があります。精神的な物なら治すことは容易かも知れませんが、先天的な脳の発達の障害によっても、ピーターパン症候群が起きてしまう事もあるのです。

ピーターパン症候群を見つけた人

最初にピーターパン症候群を見つけたのは、米の心理学者でもあった「ダン・カイリー」さんです。心理学には「パーソナリティ障害」と言うのがありますが、それと同じく心が大人になっても発達しない症候群を1983年に提唱します。

ピーターパン症候群は精神症の一つとしても提唱されましたが、子供の頃の夢を追いかける余りに、自分の今の姿を客観的に見ることが出来ずにいることは様々な弊害を呼びます。こちらも心理学の話になりますが「逃避」に似た行動を取り、自分本位の状態になることで、社会に適合できないそんな人をピーターパン症候群と呼ぶのですね。

ポイント

  • ピーターパン症候群は、アメリカの心理学者によって提唱されました。
  • 子供のままでいる大人を揶揄して、ピーターパン症候群などと呼ばれます。

ピーターパン症候群の特徴とは?

ピーターパン症候群の特徴とは?

ピーターパン症候群の特徴とは?

特徴1 感情のコントロールが苦手

ピーターパン症候群の特徴の一つとして、大人になっても年相応の感情コントロールが出来ないと言うのが挙げられます。童心を忘れないと言うと良い意味にも取れますが、子供のようにいきなり怒りだしたりするなどすると周囲にはとても困った人に映ることもあります。また、逆にいきなり笑いだすこともあるなど、その場の雰囲気にあった大人らしい行動が出来ないのが特徴なのです。

特徴2 諦めが早い

大人になれば我慢することは多くなるのが普通です。普通の人はそれに対して我慢することで、忍耐強く何かを成し遂げることが出来ます。でも、ピーターパン症候群にかかってしまうと、忍耐などが極端に苦手になります。

最初は子供らしい男性や女性は、相手にかわいいと映る事もありますが、長く付き合えば付き合うほど、大人らしくないその言動が迷惑になり、付き合い続けるのが辛くなる事もあります。精神症の一つとして提唱はされたものの、実際には精神病の類でありません。周りが気づいてあげることで、段々と治してあげることは可能なのです。

特徴3 継続性がない

挫折することは誰にでもあります。ただ普通の人は、頑張っても出来なかったことをある程度恥ずかしいことだと感じ、直すように努力します。ピーターパン症候群の特徴として、無理だと思った事をもう一度やり直そうなどの考えが浮かばなくなります。自分で努力をするのも嫌で、社会からどう評価されているかなどを考えないので、恋愛も仕事も結局は中途半端で終わってしまいます。

特徴4 プライドが高い

特に男性に顕著な特徴なのですが、ピーターパン症候群にかかっている男性はプライドが高い特徴が見受けられます。。負けず嫌いとも言えますが、ミスをしても自分のせいだとは思わずに、他人に責任転嫁をしがちです。小さい子供はミスをしても、大人が何とかしてくれると思う事がありますが、ピーターパン症候群の人はこれが大人になっても続きます。

責任を自分で取らず、楽観的な部分もあるため、プライドだけが先行し、他人には厳しく当たるのに、自分には優しいという余り好ましくない人格になってしまうのですね。楽天的な事は良い方面に働く事もありますが、無責任になるのはその人にとっても決して良い事とは言えません。

特徴5 現実世界に目を向けない

いくつになっても夢を見続けることは、一見素敵なようにも見えますが、ピーターパン症候群の人はそれが顕著すぎて特徴になっています。プライドが高いことで、自分は特別な人間なのだと勝手に自己評価をしてしまい、社会的に成長する事を自ら避けようとします。ピーターパン症候群が進んでしまうと、空想の世界に生きることだけを考え、周りを見ようとしません。仕事でも周囲から冷ややかな目で見られますし、そのような状態が続けば、周りからの信頼はどんどん失われていってしまうでしょう。

特徴6 恋愛が苦手

恋愛を長く続けようとするなら、相手の事を考えてあげる気持ちは必須と言えます。ピーターパン症候群の人は、でもそれが出来ません。自分が一番と考えているので、相手の意見を省みることもありませんし、自分の言動が相手にどう思われているのかを感じ取れないのです。

また、ちょっと傷付けられるだけでも異常に落ち込んでしまうので、ストーカータイプになる可能性もあります。関係が続かないのは相手のせいだと思いこんでしまうので、絶対に自分が悪いとは思わないのはピーターパン症候群の最大の欠点とも言えます。

特徴7 ナルシストであることが多い

自分が一番大好きという事は、それだけなら困った人と言うだけで済みますが、ピーターパン症候群の人は他人を好き勝手に排除してしまいがちな特徴が指摘されています。飛び抜けた才能など、本来自分には無いとしても、自分は特別だと思いこんでしまうのですね。

それ故に、自分にはとことん甘く、他人には厳しい態度を取りがちです。自分を正当に評価できないことは様々な問題を引き起こします。

特徴8 主観的な判断しかできない

大抵の人は大人になる過程で、自分と相手の立場を客観的に見ることが出来るようになり、相手からどう見られているかなどを意識するようになります。ただ、ピーターパン症候群の人は、自分本位なので客観的な判断が苦手な傾向があります。自分が良ければ、他人は二の次、三の次なので自分の考えが一番と思いこんでしまうのが特徴です。恋愛でも仕事でも、自分を客観的に見られないことはマイナスに働くことが多くなります。

ポイント

  • ピーターパン症候群の人は、自分が第一になり、他人は無関係となりがちです。
  • 自己評価が苦手で、他人からの視線などは気にしません。

女性のピーターパン症候群について

女性のピーターパン症候群について

女性のピーターパン症候群について

少年の名前が「ピーターパン」であることから、以前はピーターパン症候群は男性特有の症状とされてきましたが、最近は女性にも多く現れる症状とも言われています。特に結婚を夢見て、妄想だけを膨らませている女性は要注意です。

ポイント

  • 昔は男性特有の症候群でしたが、最近は女性にも多いと言われています。