LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

【診断付き】ピーターパン症候群とは?10の特徴・原因と治療法について紹介!

【診断付き】ピーターパン症候群とは?10の特徴・原因と治療法について紹介!

永遠に子どものままでいることは不可能ですが、ピーターパンがにられた背景には、大人の夢のようなものが存在してるのでしょう。病気ではなくても、ピーターパン症候群は治した方が良い症状です。ピーターパン症候群になると相手の事を考えられない大人になってしまうためです。今回は、症候群の特徴などを解説しています。

記事の目次

  1. 1.ピーターパン症候群の定義とは?
  2. 2.ピーターパン症候群の特徴とは?
  3. 3.ピーターパン症候群かどうかチェック診断
  4. 4.ピーターパン症候群になる原因は?
  5. 5.ピーターパン症候群の改善法は?
  6. 6.ピーターパン症候群とは?まとめ

ピーターパン症候群になる原因は?

精神的に大人になる事が出来ないピーターパン症候群ですが、そうなってしまう原因はいくつか考えられます。

両親との関係

両親の仲が不仲であったり、父親の厳しすぎるしつけであったり、母親からの行きすぎた愛情であったりなどです。しつけが厳格すぎれば自信欠乏による逃げ癖がついてしまい、甘やかしすぎれば「自分が頑張らなくても誰かが代わりにやってくれる」という責任逃れの思考の人間になってしまいます。ほどよい距離感を保ち、子ども自身の人格が尊重されていなければ、なかなか精神的自立にはつながりにくいでしょう。

コンプレックスやトラウマ

コンプレックスや、いじめなどによるトラウマによって過度に自信がなくなってしまうがために、社会と積極的に関わろうとしなくなるケースもあります。成功体験の積み重ねがなければ、責任転嫁や他力本願の思考に陥ってしまいます。

脳の発達問題による場合も

生まれつき刺激に鈍感、または過敏な場合、生きづらさを感じて孤独を感じたり自信がなくなったりします。ときには発達障害と診断されることもあります。自分の苦手とすることを自覚し、また周りが上手にサポートすると本来ののびのびした自己を表現できるようになり、困った言動が少なくなると期待できるでしょう。

ピーターパン症候群の改善法は?

自分がピーターパン症候群であることを自覚することから始めましょう。自己を客観的に見られるようになれれば、相手の立場や気持ちも察することができるようになってきます。

また、完璧な自分を夢見る人が多いピーターパン症候群ですが、完璧な人など実際にはあり得ません。自分にも欠点や弱点があることを自覚しましょう。自己の分析を出来るようになれば、自分が完璧で無いことが自ずとわかり、また、相手にも完璧であることを強いることがなくなるでしょう。

◯良薬口に苦し!

忠告は時に耳に痛い物です。ただ、他者からの忠告を受け入れることは確実にピーターパン症候群の改善にとってプラスになる事です。自己顕示欲が強い人も、相手がいるからこそ誇示したくなるのです。まずはその相手の話を聞くことから始めましょう。そして、相手の尊敬する部分をひとつでも見つけると、相手の意見も受け入れやすくなります

素直に意見を聞くことが出来るようになれば、自分の悪いところや至らない部分に気づき、改善しようという気持ちになるでしょう。おのずと性格も素直になっていくので、周囲の人から好人物と捉えられるようになります。

ポイント

  • ピーターパン症候群の治療は自分を客観的見ることが大事で、その上で自分の悪い部分を見つめ直して改善することが必要になります。

ピーターパン症候群とは?まとめ

Photo bySamuelFrancisJohnson

ピーターパン症候群には内的要因もあれば、外的な要因もあります。繰り返しますが症候群自体は病気でも何でもありません。ただ、自分で気づくだけでも、症状は改善されます。

大人になっても子どもっぽさが残るのは特段悪いことではありません。しかし、「子ども心を持つ」ことと「子どもっぽい」ことは違います。ピーターパン症候群について知ることで、大人になるということが何を指すのか、今一度考えてみるきっかけになると良いですね。

参考:敬和学院大学  齋藤 彩莉沙さんの「ピーターパン症候群」についての論文PDF

関連書籍はこちらから

関連記事

前へ

関連記事

人気の記事