1ページ 2ページ

パノプティコンとは?ベンサムが考案した全展望囚人監視システムとその効果・例を紹介!

パノプティコン
パノプティコン
意味解説

辻林クン
テスラさん、パノプティコンって知ってますか?
テスラさん
ああ、19世紀にベンサムが考案した囚人監視システムのことだったかな。
辻林クン
そうなんです。調べていたら、現代でもこの仕組み当てはまるところがあるんじゃないかなって。
テスラさん
鋭いね。ある意味現代社会は常に監視されていると言ってもいいからね。

パノプティコンとは?

パノプティコンとは?

パノプティコンとは?

パノプティコン」とはギリシャ語のpan(全)とoptikos(視覚の)を組み合わせた言葉です。その名の通りパノプティコンとは一望監視施設のことを言います。パノプティコンの内部構造は、建物中央に監視用の塔があり、その塔を囲むように独房が並んでいます。塔からは360度見渡せ常に監視ができ、独房は仕切られているので囚人同士顔を合わすことができません。そのため、パノプティコンでは少人数が効率良く大勢を管理できます。刑務所、収容所、監獄、この他、強制的な教育を行う施設の建物構造へ積極的に取り入れられてきました。

ベンサムの功利主義的姿勢が生み出した囚人監視システム

ベンサムの功利的主義姿勢が生み出した囚人監視システム

ベンサムの功利的主義姿勢が生み出した囚人監視システム

パノプティコン(Panopticon)とは、18世紀~19世紀にかけて活躍したイギリスの哲学者、ジェレミー・ベンサム考案の収容所の構造のことを指します。日本語では「全展望監視システム」となります。「最大多数の最大幸福」の言葉で知られる功利主義(こうりしゅぎ:社会全体の幸福を重視した考え)者のベンサムは、犯罪者や貧困層の幸福度を上昇させることも、社会全体の幸福度の最大化には不可欠であると考えていました。ベンサムは、パノプティコン型の収容所を建造することで、犯罪者たちにもきちんと労働する習慣を身に付けさせ、自立した生活を送らせることで、彼らの幸福度を上げることを目指したのです。

パノプティコンの構造

パノプティコンの構造

パノプティコンの構造

円形の建物を思い浮かべてください。囚人たちはこの円に沿って独房に入れられ、円の中心には監視塔が建てられています。監視塔から看守はすべての独房を監視することができますが、一方独房からは、ブラインドを備えた監視塔内部の様子が確認できず、自分が今監視されているのかさえ分からないようになっています。こうすることで、少ない看守でも多くの囚人を監視することができ囚人側は看守の姿を直接見ることがなくても「監視されている」、という意識を持つようになります。

ポイント
  • パノプティコンは、19世紀に功利主義哲学者ベンサムが考案した囚人監視システムです。
  • パノプティコンは円形で、円の中心に監視塔、円周に独房を設置するという構造です。

パノプティコンが囚人に与える効果

パノプティコンが囚人に与える効果

パノプティコンが囚人に与える効果

前項でも軽く触れましたが、パノプティコンによって、囚人はいつも看守に監視されている、という意識を持ちます。これにより、囚人たちは監視者の姿を自分の中に複製し、自ら行動を正すようになります。この監視体制を確立することで、罪を犯して刑務所に入れられた囚人が、自力で更正することができるとベンサムは考えていました。この監視の仕組みによって、社会の下層に生きる彼らに自律的に労働をすることを教え込み、その幸福度を上げることにも繋がります。

ポイント
  • パノプティコンによって、囚人は自ら行動を正すことができる、とベンサムは考えていました