1ページ 2ページ

中秋の名月とは?2019年はいつ?その意味・由来や十五夜との関係、食べ物について解説!

中秋の名月とは?2019年はいつ?その意味・由来や十五夜との関係、食べ物について解説!
中秋の名月とは?2019年はいつ?その意味・由来や十五夜との関係、食べ物について解説!
年中行事

中秋の名月とは?2019年はいつ

中秋の名月,意味,由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

中秋の名月とは

中秋の名月を知っていますか?おそらく、中秋の名月という言葉耳にしたことはあっても中秋の名がどのような日なのか、詳しく知っている人は多くはないのではないでしょうか。

ここでは、中秋の名月について、また2019年の中秋の名月はいつなのかなど詳しく解説しています。

中秋の名月とは?

中秋の名月,意味,由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜に出る月

中秋の名月とは、旧暦(太陰太陽暦)の8月15日の夜から16日の朝にかけて空に見られる月のことです。中秋の名月は、十五夜ともいわれたりしていますね。

2019年の中秋の名月はいつ?

中秋の名月,意味,由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

2019年の中秋の名月は、9月13日(金)

2019年の中秋の名月は、9月13日(金)です。

月の満ち欠けで日にちを数えていた旧暦では、新月(朔)から数えて15日目が満月(望)になることから、8月15日が中秋の名月とされてきました。しかし、今使われている新暦(日本ではグレゴリオ暦)は、太陽の動きを元にしているために旧暦とのずれが生じるので、中秋の名月が8月15日になるとは限らないのです。そのため中秋の名月の日付は、毎年変わります。

ポイント

  • 中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜から16日にかけて見られる月のことをいいます。
  • 2019年の中秋の名月は、9月13日(金)です。

中秋の名月の意味・由来とは?

中秋の名月,意味,由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

中秋の名月の意味と由来とは

では次に、中秋の名月の意味と由来について見ていきましょう。

中秋の名月の意味とは?

中秋の名月,意味,由来,いつ、十五夜,食べ物,団子

中秋の名月とは、旧暦8月15日に出る月のことです

中秋の名月の意味は、旧暦の季節の区切りと深くかかわっています。

旧暦では季節の区切りは

1月~3月…

4月~6月…

7月~9月…

10月~12月…

とされてきました。そのため、秋の真ん中(仲秋)は旧暦8月15日(8月の真ん中の意味で中秋)となり、中秋の名月は「旧暦8月15日に出る月」という意味になります。

中秋の名月の由来とは?

中秋の名月,意味,由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

盃に映る満月

中秋の名月は、古くから伝わる年中行事にですが、実はその由来は中国にあります。

中国の唐の時代、貴族たちの間では月を愛でながら宴を催す習慣がありました。

それが平安時代に日本にも伝わり、平安時代の宮廷貴族たちが月のきれいな夜にお酒を酌み交わしながら、歌や管弦楽に興じたとされるのが、中秋の名月の由来といわれています。

室町時代になると、争いごとや飢饉(ききん)が頻繁に起こったため、月に平安を祈る宗教的な要素でお月見が行われていたと言います。

その後、江戸時代には農家供物の収穫と豊作を祈り感謝する収穫祭」として、中秋の名月は庶民の間にまで広く親しまれるようになっていきました。

アマテラス
平安貴族たちのお月見は、今の様に空の月を見上げて楽しむのではなく、水面や盃に映った月を見て楽しんだそうですよ

ポイント

  • 中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜の満月のことです。
  • 中秋の名月は、中国の唐から伝わった月の宴が由来と言われています。
  • 中秋の名月は、月を愛でる宴としてだけではなく、「収穫祭」としても広まっていきました。

中秋の名月と十五夜の関係について

中秋の名月意,味由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

中秋の名月は十五夜とも言う

中秋の名月の他に十五夜という言葉がよく使われますよね。むしろ、お月見をするのは十五夜と認識している人の方が多いのではないでしょうか。

では、中秋の名月と十五夜、2つの関係を見ていきましょう。

十五夜とは?

中秋の名月,意味,由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

十五夜とは15日の夜、または15日の夜の月のこと

十五夜といえば、秋の夜にお月見団子を飾ってきれいな満月を眺めて楽しむ日、と認識している人が多いですよね。

旧暦では、15日の夜の事、または15日の夜の月のことを十五夜と指しました。15日は毎月ありますから、本来旧暦では十五夜は毎月あったのです。

では、どうして旧暦の8月15日だけを現在も「十五夜」と呼ぶようになったのでしょう。

アマテラス
関連記事では、日本発祥の行事であるもう一つのお月見、十三夜について紹介していますよ

片月見に注意 もう一つのお月見、十三夜・栗名月 縁起の悪い片月見って?

2017.09.15

十五夜が旧暦の8月15日になった理由

中秋の名月,意味,由来,いつ,十五夜,食べ物,団子

旧暦の8月は、今の暦では9月~10月頃で季節は秋

旧暦の8月は、今の暦(こよみ)では9月~10月頃になるので季節はになります。秋は四季の中でも空が澄んで、月が最も明るく美しく見える季節です。

また、月の高さは季節によって変わり、夏の月は低い位置に、冬の月は高い位置にあり、人が見上げるのにちょうどいい高さに月が見える季節は秋で旧暦の8月15日の夜だったのです。

「1年の中で最も美しい満月を楽しめる日」というのが、旧暦の8月15日が十五夜となった理由です。

ポイント

  • 旧暦では、十五夜とは15日の夜、または15日の夜の月のことを指しました。
  • 旧暦の8月は、今の暦(こよみ)では9月~10月、季節は秋になります。
  • 十五夜が旧暦の8月15日になった理由は、1年の中で最も美しい満月を楽しめる日だからです。