>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

式年遷宮とは?伊勢神宮での遷宮の儀式について、その歴史とともに解説

式年遷宮とは?伊勢神宮での遷宮の儀式について、その歴史とともに解説

日本の神社の中心的存在である伊勢神宮では、20年に一度遷宮という儀式が行われます。式年遷宮とは伊勢神宮の遷宮を指し、伊勢神宮最大の神事と言われています。この記事では、伊勢神宮式年遷宮の古来からのしきたりや意味・なぜ20年に一度行われるか、などを解説します。

    式年遷宮とは?その意味

    式年遷宮とは?その意味

    式年遷宮とは?その意味

    式年遷宮とは、神社などが古くからのしきたりにならい、指定された周期(式年)で宮地を改め、新宮にお移りいただく行事です。
    伊勢神宮の遷宮を指す際に用いられる言葉で、一般的な神社では遷座宮移と呼びます。
    伊勢神宮式年遷宮は20年を式年として行われますが、春日大社・住吉大社などもほぼ20年ごとに行われています。また出雲大社には“式年”という概念はありませんが、修繕といった意味合いで60年に1度ほどの間隔で行われています。

    ポイント

    • 式年遷宮とは神社などが古くからのしきたりにならい、指定された周期で宮地を改め、新宮にお移りいただくことです
    • 多くは伊勢神宮の遷宮を指します
    アマテラス

    アマテラス

    関連記事では遷宮についてさらに詳しい記事をご紹介します。

    伊勢神宮での式年遷宮について

    伊勢神宮での式年遷宮について

    伊勢神宮での式年遷宮について

    20年に一度行われる伊勢神宮最大の祭り

    伊勢神宮の式年遷宮は20年に一度行われます。御社殿のみならず御装束神宝や別宮・宇治橋など、すべてが新しく作り替えられ、遷御の儀が終わるまで8年の年月をかけて33の祭りと行事が行われます。
    この一大祭祀は「皇家第一の重事、神宮無双の大営」とも言われています。古くは伊勢の街も、式年遷宮に合わせて作り替えられていたことから、街の活性化にもなっていたのでしょうね。

    伊勢神宮で式年遷宮が行われる理由について

    式年遷宮がなぜ行われるのかについて、正式な記述は残されていません。現在は以下のような説があります。

    • 神の降臨にふさわしい清新な神座を用意するため
    • 五穀豊穣を祝う「神嘗祭」を常に清新な場で行うため
    • 常に新しさを失わずにいることで、神の御威光や御神徳の永遠を目指した(常若)

    そしてなぜ20年と決められたのかについても記述はありませんが、以下の理由からではないかと考えられています。

    • 橋や社殿に使われる用材の耐用年数
    • 稲などの御神饌の貯蔵限度
    • 御装束神宝や社殿などが新しさを失う年数
    • 建築技術や御装束神宝作りの技を次の世代に伝えるための年月が約20年

    式年遷宮と御装束神宝

    式年遷宮ではすべてを新しく作り替えることで、神の御威光や御神徳の永遠を祈るという意味がありますので、御装束や御神宝も新しくなります。
    御装束天照大御神の衣服や関係する服飾品だけでなく、殿上や庭を飾る物のことをいいます。神宝殿内に奉安する調度品のことで、紡績具・武具・馬具・楽器から、文具や日常用具までを指します。
    その数は714種類・1576点にも及び、奈良・平安時代に使用されていた品の形状や材質・技法がそのまま再現するのが慣わしです。

    次に行われる式年遷宮はいつ?

    平成25年に62回目を迎えた伊勢神宮式年遷宮ですが、次回の式年遷宮は20年後の西暦2033年です。

    しかし先述したように伊勢神宮式年遷宮は8年前から始まりますので、最初の神事である山口祭が行われるのは2025年に行われます。

    ポイント

    • 伊勢神宮の式年遷宮は20年に一度行われ、御社殿・御装束神宝・別宮・宇治橋など、すべてが新しく作り替えられます
    • 式年遷宮は、遷御の儀が終わるまで8年の年月をかけて33の祭りと行事が行われます
    • なぜ行われるのかについて正式な記述はありませんが、神の降臨にふさわしい清新な神座を用意するためなど複数の説があります
    • なぜ20年に1度行うのかについても記述はなく、橋や社殿に使われる用材の耐用年数など複数の説があります
    • 次の式年遷宮は2033年です
    アマテラス

    アマテラス

    関連記事では伊勢神宮外宮の主神として有名な豊受大神をご紹介します。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事