LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

合わせ鏡の意味とは?鏡にまつわる都市伝説を紹介!

合わせ鏡の意味とは?鏡にまつわる都市伝説を紹介!

合わせ鏡は鏡を向かい合わせに配置することで、本来は美容室や芸術作品で活用されます。一方で合わせ鏡には多くの都市伝説が伝えられており、中には恐ろしいものも少なくありません。さらにスピリチュアル的にもよいものではないため、試す際は自己責任でやりましょう。

記事の目次

  1. 1.合わせ鏡とは?
  2. 2.合わせ鏡の都市伝説
  3. 3.海外の合わせ鏡の都市伝説
  4. 4.合わせ鏡のスピリチュアルな意味とは?

合わせ鏡とは?

合わせ鏡、鏡、もう1枚

合わせ鏡とはもう1枚の鏡を向かい合わせに立てること

合わせ鏡というのは聞いたことがあるでしょうか?普段私たちは1日の始まりの前や入浴後に身だしなみを整えたり、違和感の感じるものを確認したりする際によく鏡を使います。その鏡を向い合せたり照らし合わせるようにしたりするように配置する行為です。実は合わせ鏡は普段の生活の中で使う場合があります。

合わせ鏡の使用用途

合わせ鏡、用途、配置、後ろ側

合わせ鏡は後ろ側にもう1枚鏡を配置して、身だしなみを整えることなどに使う

合わせ鏡は主に背中側の身だしなみを整えるために使われます。1枚だけでは前側の身だしなみを整えるためにしか使えないためです。かといって、後ろを向くと今度は目が前方にしか付いていないためにうまく背中側を整えることも難しいでしょう。そこで鏡をもう1枚向い合わせに置くことで、背中側がうまく見えるようにするやり方です。

合わせ鏡を日常で使う場面

合わせ鏡、日常、芸術作品

合わせ鏡は写真を使った芸術作品を生み出す際にも使われる

合わせ鏡は基本的に背中側の身だしなみを整えるために使われます。特に美容室では後ろ髪を散髪するためによく使われます。

ほかにも写真を使った芸術作品を生み出す際に活用するのもよく使われるやり方です。鏡越しに映ったものが無限に奥側へと続いていくため、そのさまを活かしてさまざまな作品を生み出す方も大勢います。

合わせ鏡とは

  • 合わせ鏡とは2枚以上の鏡を向かい合わせに配置すること。
  • 合わせ鏡は背中側の身だしなみを整えるために、鏡の向かい側にもう1枚鏡をおいて使う方法。
  • 合わせ鏡は美容室で使われるほか、写真を使って芸術作品を生み出す技法も。
次へ

関連記事

人気の記事