>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

2017年の流れ星の時期はいつ?条件は? 2017年の流星群一覧

2017年の流れ星の時期はいつ?条件は? 2017年の流星群一覧

2017年の流れ星の時期はいつ?条件は? 2017年の流星群一覧 2017年の流星群の時期 みなさんは流れ星を見たことはありますか? 流れ星は毎晩いくつか流れていますが、なかなか目にする機会がないものです。 ですが、流星群の時期には見られるチャンスが格段に増えます。

    2017年の流星群の時期はいつ?条件は?

    2017年の流星群の時期

    みなさんは流れ星を見たことはありますか?

    流れ星は毎晩いくつか流れていますが、なかなか目にする機会がないものです。

    ですが、流星群の時期には見られるチャンスが格段に増えます。

    よりたくさんの流れ星を見るにはどうしたらいいのでしょうか。

    日時、条件、コツなどを今回ご紹介したいと思います。

    →2ページ目が2017年の流星群一覧です。

    流星群ってどんな現象?

    流星群と彗星は切っても切れない関係にあります。

    オールトの雲という、彗星の故郷があります。

    そこで生まれた彗星は、太陽の強い引力に引き寄せられ、太陽の周りを回ってまたオールトの雲へ帰っていきます。

    その彗星が通ったあとに残した粒子の中を地球が通り抜けていき、その粒子が地球の大気と摩擦を起こして燃え上がることで流星群となって人の目に見えるようになります。

    彗星の母体はそれぞれ違う

    毎年様々な季節に流星群が見られますが、母体となる彗星は違うものです。

    例えば毎年8月12日極大日を迎えるペルセウス座流星群は、スイフト・タットル彗星が母体です。

    この彗星は130年おきにオールトの雲からやってきて、地球は毎年8月にこの彗星の通ったあとを横切ることになります。

    また、11月に見られるしし座流星群はテンペル・タットル彗星、10月に見られるオリオン座流星群は、有名なハレー彗星です。

    流星群の時期にはどんな彗星の通り道を今私たちが横切っているのか、思いを馳せるのもいいのかもしれませんね。

    流星群を見るポイント

    流星群を見るにあたって、これだけは押さえていたほうが良いポイントをご紹介します。

    ・街明かりや街灯が見えない場所へ行く
    星や流星群を見るにあたり、これらの明かりは観測を妨げるものになります。
    暗い場所をあらかじめ探して下見することがお勧めです。

    ・月明りがある場合
    流れ星の光は月明りの明るさの前では負けてしまいます。
    月明りがある場合は、月と反対の方向を向いて観測すると良いでしょう。

    ・寝転んで観測する
    立った状態で上を見続けると首が疲れて痛めることもあります。
    ブルーシート等を用意して寝転がって見るのがお勧めです。

    ・空全体をボンヤリ見る
    流星群は、それぞれの名前が付いた星座を中心にして放射状に流れます。
    なのでその星座のあたりのみを見がちですが、実際は空全体に流れていることが多いです。
    空の一点に集中せず、空全体をボンヤリ眺めることで流れ星を見るチャンスは広がります。

    ・視界が開けた場所で
    流れ星は空全体に出現します。周りに視界を遮る木々や建物等の遮蔽物がない場所を探しましょう。

    ・暖かい格好で
    冬はもちろん、真夏の時期でも場所によっては夜間冷えます。
    できるだけ暖かい格好で観測しましょう。

    →2ページ目が2017年の流星群一覧です。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事