>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

となりのトトロの怖い都市伝説、ジブリアニメの裏話について紹介!

となりのトトロの怖い都市伝説、ジブリアニメの裏話について紹介!

「となりのトトロ」の怖い都市伝説とはどんなものなのでしょう。森の守り神的な存在だったトトロとは本当は怖い存在だったのでしょうか。そしてサツキとメイは本当は物語の中で死んでしまうという設定だったのでしょうか。今回はそういったトトロの都市伝説について考察すると同時に、トトロの裏話を紹介します。

    トトロの裏話・番外編が存在する

    トトロの裏話・番外編が存在する

    トトロの裏話・番外編が存在する

    トトロの裏話を紹介しましょう。実は、続編を作成しないことで有名なあの宮崎駿監督が「となりのトトロ」の続編的存在の番外編を作成していたのです。あなたはそのことをご存知でしたか?「めいとこねこバス」というタイトルで、約14分ほどの短編アニメ映画です。そしてもう1つ裏話がありますこの番外編の「めいとこねこバス」に、宮崎駿監督が自ら声優として出演しているとのこと。さあ、どの役の声を担当しているのでしょうね。

    この番外編の上映場所と概要については以下をご覧ください。

    上映場所

    上映場所

    上映場所

    この「めいとこねこバス」は、残念ながら一般公開はされず、東京の三鷹にある「三鷹の森ジブリ美術館」の土星座にて2002年から年に何回か定期的に上映されているとのことです。興味のある方、上映スケジュールなど情報を知りたい方は、三鷹の森ジブリ美術館に問い合わせてみてはいかがでしょう。ちなみに三鷹の森ジブリ美術館は、日時指定の完全予約制になっていて、チケットはローチケ(ローソン)で入手できるとのことです。

    物語の内容

    物語の内容

    物語の内容

    となりのトトロ」の番外編の主役はメイ。概要は次のようなものです。ある日のこと、庭で遊んでいたメイは、奇妙な動きをするつむじ風を見つけます。メイはびっくりして部屋の中に逃げこみますが、そのつむじ風もいっしょに部屋の中に入ってきてしまいます。相変わらず好奇心の強いメイ、いろいろと作戦をめぐらせてそのつむじ風を部屋の中に閉じこめることに成功。そしてそのつむじ風の正体を知ります。それは何と、親からはぐれてしまった、小さなこねこバスだったのです。かわいそうに思ったメイは、そのこねこバスにキャラメルを分けてあげて、友だちになります。

    ある夜、そのこねこバスがメイの部屋を訪れてきて、いっしょに遊ぼうと誘います。メイはそのこねこバスに乗って鎮守の森へと出かけていきます。そこには、いろいろな種類のねこバスやさまざまな森の精やもののけが集まっています。そのうち大好なトトロもやってきて、メイは大喜び。そしてトトロに連れられて森の奥へと入っていきます。そこでメイは、「ねこばあちゃん」という存在があることを知ります。それは森の霊きゅう車。メイはそこでもいろいろな精霊やもののけと出会って楽しいひと時を過ごすことになるのです。

    となりのトトロの都市伝説まとめ

    となりのトトロの都市伝説のまとめ

    となりのトトロの都市伝説のまとめ

    「となりのトトロ」の都市伝説について、いろいろと解釈を行ってその真偽について検討してきましたが、実は、2007年の5月に、スタジオジブリの公式サイトで、広報部がすでにこれらの都市伝説について否定する発表を行っています。つまり、トトロが死神だという設定も、サツキとメイが死ぬという設定も存在しない、ということを公言したのです。「今はやりの都市伝説なのでしょうが、うわさを信じないでください」とも言っています。これを受けて、ほっと胸をなで下ろすファンがほとんどでしたが、中には、「何も夢やロマンをぶちこわすようなコメントを発表しなくても…」といった声も上がったようです。そうそう、それから、例の「影がない」件ですが、これについても、コメントがあったようです。それによると、「描く必要がなかったから」がその理由だったみたいです。

    それにしても、これだけの都市伝説を生み出した「となりのトトロ」、多くのファンからいろいろな視点で鑑賞されるに値するすばらしいアニメ映画だということでしょう。益々トトロに会いたくなってしまいますね。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事