LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

ソマチッドとは?病気を治す超微小知性体ソマチッドについて解説!

ソマチッドとは?病気を治す超微小知性体ソマチッドについて解説!

ソマチッドとは生物学者であるガストン・ネサンが発見した微生物の事です。全ての生物に存在しているといわれているソマチッドは、周波数を聴かせることによりスピリチュアル効果や自然治癒効果が期待されます。この記事ではソマチッドの詳しい解説をしています。

記事の目次

  1. 1.ソマチッドとは?
  2. 2.ソマチッドの驚くべき効果
  3. 3.ソマチッドは永久不滅?
  4. 4.ガストンネサンとソマチッド
  5. 5.️ソマチッドを活性化させるには?
  6. 6.ソマチッドの有効活用で病気がなくなる未来が?

ソマチッドとは?

Photo byallinonemovie

ソマチッドとは、フランスの生物学者であるガストン・ネサンがヒトの血液中に発見した微生物のことです。そして、地球が生まれたときから存在している原始的な生命体だといわれています。
今回はソマチッドについて詳しく解説します。

意思や知性を持っている

Photo bygeralt

ガストン・ネサンは開発した光学顕微鏡を用いて全ての生物や鉱物、土などに至るまでソマチッドの存在を確認し、ヒトの体内の中にもソマチッドがいることを発見します。その後、彼は人の血液中の観察を繰り返し、ソマチッドは意思や知性を持った生命体であると断定しました。

ソマチッドサイクル

ストレスや身体の不調によって免疫機構に異常が生じた時に、ソマチッドは4段階~16段階の形態変化を始めます。このソマチッドの形態変化を「ソマチッドサイクル」といいます。
ガストン・ネサンは「免疫システムが正常化すれば、ソマチッドサイクルも正常になる」というソマチッド理論を提唱しました。
また、ソマチッドには生物の形や働きを決定する「核」がなく、DNAの前駆物質とされています。数々の実験を重ねて、ソマチッドは遺伝情報を運ぶ働きをしていると結論づけられました。

ソマチッドの驚くべき効果

ソマチッドの効果
Photo byActivedia

ソマチッドの効果

ガンや難病に効果がある?!

ガストン・ネサンはソマチッドの形態変化に着目し、ガン患者や難病を持つ患者から採取したソマチッドと、健康体の人から採取したソマチッドは異なった形態を持つと結論づけたのです。そして、難病やガン患者から採取したソマチッドを健康な人のソマチッドと同じ形態になるように研究を繰り返しました。

そして、研究に成功したガストン・ネサンはガン患者や難病患者の血液中にあった、変形したソマチッドを回復させ、回復したソマチッドを食品としてガン患者に与えたのです。結果としてガン患者1000人中750人が回復する効果が見られました。その事により、ソマチッドの自然治癒力が実証されるかたちとなりました。

自然治癒力を高める?!

Photo byBessi

ソマチッドは全ての生物の血液中に存在し、土の中や空気中にも存在しているといわれています。赤血球を介して出現するとされており、ヒトや動物に対する働きとしては、血液の中にある有害物質を吸着し、そして尿として排出する働きが挙げられます。
血液中にソマチッドが沢山いると体内の免疫力が高くなるため、自然治癒力が高くなるともいわれています。

第六感が冴える効果も?!

Photo byBarbaraJackson

実はソマチッドが活性化することにより、第六感が冴えるというスピリチュアルな効果も期待されています。ソメチッドは生物の為、私達と意思疎通する事が出来るのです。

私たちの健康は、肉体・感情・霊感・知性から成り立っているといわれています。
ソマチッドが健全に働いていると、直感やインスピレーションといった第六感が感化されるのです。

そして、体内にいるソメチッドと対話しながら気持ちを明るく和やかに過ごす事により、「ポジティブ思考による自己免疫力アップ」がおこりますので、自己治癒力の効果が期待されます。
 

ソマチッドは永久不滅?

Photo byqimono

そもそもソマチッドは地球の創生時代から地球上に存在している微生物だといわれています。これは、創生時代の地質から発見した化石を溶かした所、その化石の中にソマチッドが存在したことから始まります。
そして、その化石の中にいたソマチッドは生きていたのです。

過酷な環境でも死なない

地球の創生時代から現代に至るまで、沢山の試練が地球上には待ち受け、地球上にいた生物は絶滅や地球上の状態合わせ進化の過程を辿りました。しかし、ソマチッドは地球の創生期から同じ状態で存在しています。そのことから、

・どんなに放射能汚染された環境でも
・電力がどれだけ高くても
・たとえ摂氏1000度の高温の環境や無酸素でも
・塩酸や硫酸などの物質のなかでも

ソマチッドはどんな過酷な環境下でも存在し続け死なない」といわれています。

しかし、現代の医学・生物学上ではソマチッドは存在を認められておらず、科学的研究対象とはされていないこともあり、いまだ謎のベールに包まれた存在なのです。

  • ソマチッドとはフランスの生物学者であるガスト・ンネサンにより発見されました。
  • ソマチッドは全ての生物や鉱物、自然に至るまで存在しているといわれています。
  • ソマチッドはどんな環境でも死滅することはありません。
  • 科学的研究の対象とはされておらず、いまだ謎に包まれている。
  • ソマチッドには自然治癒力や第六感の目覚めを高める効果があるとされる。
織田作之助

織田作之助

次からはソマチッドの歴史や発見者のガストン・ネサンについて解説するよ!

次へ

関連記事

人気の記事