>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ソマチッドとは?病気を治す超微小知性体ソマチッドについて解説!

ソマチッドとは?病気を治す超微小知性体ソマチッドについて解説!

ソマチッドとは生物学者であるガストン・ネサンが発見した微生物の事です。全ての生物に存在しているといわれているソマチッドは、周波数を聴かせることによりスピリチュアル効果や自然治癒効果が期待されます。この記事ではソマチッドの詳しい解説をしています。

    ガストンネサンとソマチッド

    ソマチッドの歴史

    ソマチッドの歴史

    それでは、ソマチッドを発見したガストン・ネサンとはどのような人物なのかに迫っていきます。

    ガストン・ネサン

    1924年3月にガストン・ネサンはフランス北部に生まれました。幼少期より発明が好きで、5歳で自動車に似た小型乗り物を作ります。その後も発明に熱中しました。

    そしてマルサン・バロウル校を卒業後、リール大学で物理、化学、生物学を学びます。その後、第二次世界大戦中にフランス国民科学協会で医学に重点をおいた教育を受けました。ただ、戦後の混乱中ということもあり手続きを怠ってしまったため、医師免許を取得できませんでした。

    ソマチッドの発見に貢献した顕微鏡の開発は21歳のときから着手していました。
    ソマチッド発見後、ガンの特効薬にソマチッドが活用できないか研究に専念します。

    2018年2月にガストン・ネサンは永眠しました。

    ソマトスコープ

    ガストン・ネサンが21歳のときから着手して開発した光化学顕微鏡は倍率3万倍、分解能0.015μm(マイクロメートル)で、ソマチッドに由来して「ソマトスコープ」と名付けられました。

    714X

    ガストン・ネサンによって作られた、ソマチッドを正常な大きさや動きにする「714X」は、ガストン・ネサンが診た患者や関係者の告訴によって逆転勝訴し、カナダでは714Xが末期ガン患者の代替治療として使われています。

    ネサン裁判

    前述のように、ガストン・ネサンは多くのガン患者をソマチッドにより回復させました。しかし、ネサンの活躍に快く思っていなかった当時の医師会が、ネサンが元々医師免許を持っていない事について、刑事告訴し、ネサンは投獄されました。

    しかし、ネサンは逆転勝訴し、無罪となります。
    死刑寸前になっていたガストン・ネサンは、彼が研究した食品でガンが自然治癒力が増した人達の訴えにより救われたのです。
     

    • 健康体の体にいるソマチッドと何か病気がちになっているソマチッドの形は異なってきます。
    • ガストン・ネサンが行った研究は1000人中750人が回復する結果で実証されました。
    • ネサン裁判では最終的にネサンは無罪判決がくだされた。

    次のページではソマチッドを活性化させる方法を解説するぜ!

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計18人評価)

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事