>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

人柱とは?その意味と実在した伝承を解説。松江城にも関係する人柱伝説についても紹介

人柱とは?その意味と実在した伝承を解説。松江城にも関係する人柱伝説についても紹介

人柱と聞くとなんだか恐ろしいような印象を受けますよね。人柱とは難工事の完成や建造物を強固にする目的で人の魂の力を使った呪術的な儀式です。日本の歴史的な建造物には人柱の伝説を持つものが多く存在します。ここでは人柱の意味や伝承について詳しくご紹介します。

    人柱とは?

    人柱とは城や橋など建造物建築の際に、難工事の成功と完成後の平安を祈願して生きたまま人を土に埋めたり水に沈めるという行為を指します。古くは4世紀の茨田の堤(まむたのつつみ)の造営工事の際に人柱が立てられたという記述が日本書紀に残っています。

    この人柱を立てて建造物を強固なものにするという呪術的な考えは、万物に魂が宿るとするアニミズム文化を持つ地域の歴史に見られる考え方です。人に宿っている魂を建造物に宿らせることで、その建造物の工事の成功やその後の繁栄を祈ったと考えられます。

    これに対し、神に人身を捧げて生贄にすることを人身御供といいます。人柱が建造物工事の成功と繁栄の目的として立てられたものであるのに対し、人身御供は荒ぶる自然を神の怒りと考えていた人々がその怒りを鎮めるために捧げたものです。

    読み方

    人柱は「ひとばしら」と読みます。この柱という字は建築物の構造上の柱を指すのではなく、神道において神を数える単位としての「柱」を意味します。人柱は死者の霊魂が「神に近い存在」となって建造物に宿ることを目的として立てられてきました。死者の霊魂の宿った工事や建物は、自然災害や外敵から守られると考えられたのです。

    アマテラス

    アマテラス

    ネットスラングとして「ひとばしら」ではなく「じんちゅう」という読み方をする場合があります。これは新しい製品やWebサービスに対して、リスクを顧みず進んでチャレンジする人のことを指しています。その人が身を挺して試してくれることで製品が品質向上するわけですから、確かに「人柱」とも言えますよね。

    意味

    意味

    人柱は建造物に魂を入れて強固なものにするとともに、自身の魂が神に近しい存在になるという意味が込められていました。そのため人柱に立つことは名誉なことだという考えのもと、巫女や神職、僧侶などが自ら志願して人柱に立つというケースもありました。

    このような事例は世界中にあり、南方熊楠は「南方閑話」という著書の中で多くの人柱の事例を紹介しています。しかし、神などの人智を超えた存在への供物として人を生贄として差し出したという言い伝えが多く含まれており、同書の中では人柱と人身御供を同じ意味として捉えています。

    これに対し神学者の高木敏雄は人柱と人身御供を明確に区別することを主張しており、神に捧げる生贄という意味合いのものは人柱ではないとしています。

    後に、神への信仰心の変化により、人柱ということばが暴力的で犯罪的な意味を帯びてきます。近世においては、建築工事などで犠牲になった人たちを埋めたり、炭鉱夫を生き埋めにするなどの行為を人柱というようになってきました。

    人柱の伝説・伝承

    人柱の伝説・伝承
    Photo by Kentaro Ohno

    人柱の伝説や伝承を持つ建造物は日本各地に実在しています。実際に人骨が出てきた場所もあれば、確たる証拠はなく伝説の域をでない場所もあります。しかし、これほど多くの言い伝えが信憑性を持って各地に残っているということは、私たち日本人の中に人の魂の力を信じる気持ちが潜在的にあるということの表れなのでしょう。

    伝承の中には人柱にされた人の無念が、後に呪いのような形で影響を与えたという話も残っています。このことからも人柱という呪術的な儀式に対して、人々が潜在的に怖れを抱いていたということがうかがえます。

    また近世以降、人々の信仰心の変化により人柱の意味が信仰をベースとした呪術的なものから、打算的な犯罪色の濃いものへと変化していきました。ここでご紹介する北海道の常紋トンネルの事例では、殺害された労働者の死体を隠すためにトンネル内や近隣の山中に埋め込んだことを人柱として人々が表現しており、人柱が信仰的なものから犯罪の犠牲としての意味合いを持つように変化していったことがわかります。

    織田作之助

    織田作之助

    南方熊楠はあの座敷わらしも人柱となった子供の霊だと言っていますね

    松江城

    島根県の松江城は江戸時代に建築され、出雲地方の政治経済の中心でした。この松江城建築時に、天守台の石垣工事がうまくいかなかったため人柱を立てることになり、その人選のため盆踊りが催されました。その盆踊りで一番美しく踊りの上手だった少女が連れ去られ、そのまま人柱として石垣に生き埋めにされたという言い伝えがあります。

    その後松江城の天守は無事に完成しましたが、城主だった堀尾氏が父子ともに早逝し跡継ぎがいなかったため改易となってしまいました。その後明治維新まで松江藩主を務めた松平氏が入城するまで、天守からは少女のすすり泣く声が聞こえるという噂が絶えなかったそうです。

    また、松江城の天守の人柱となったのは虚無僧であったという説もあります。この虚無僧については、息子を侍に取り立ててもらう代わりに人柱に志願したという説と、旅の虚無僧を捕まえて人柱にしてしまったという説があります。こちらの説でも、夜になると天守のあたりから尺八の音が聞こえてきたという言い伝えが残っています。

    彦根城

    彦根城
    Photo by Kentaro Ohno

    彦根城の天守は大津城から天守を移築したものだと言われています。この移築の際に工事が難航し、工夫たちから人柱を立てるよう要請がありました。普請奉行の娘が志願し人柱として立てられることになったのですが、城主の井伊直継は人柱を立てることをこころよく思っていませんでした。

    そこで、直継は娘を人柱として箱に入れ埋めたふりをして、実際は空箱を埋めて娘を逃がしたのです。人柱を立てたと信じた工夫たちによって無事に天守の移築は完成しました。

    常紋トンネル

    常紋トンネルは明治45年から大正3年にかけて工事が行われた北海道のトンネルです。この工事の際にタコ部屋労働者として過酷な労働をしていた人たちが人柱として埋められているという噂がまことしやかに流れていました。常紋トンネルでは列車の急停車事故が続いたり心霊現象が起こるという噂が流れたりしたため、昭和35年に鉄道会社がトンネルから少し離れた場所に地蔵尊を建立しました。

    その後、昭和45年に十勝沖地震で破損したトンネルの改修工事の際に、立ったまま埋められた人骨が発見され、トンネルの出入り口付近からも大量の人骨が埋められているのが発見されたことで人柱の伝説が本当であったということが判明しました。

    当時過酷な状況下での労働により亡くなった人や、見せしめのために撲殺された人は100人を超えると言われています。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.8 / 5(合計12人評価)

    関連記事

    人気の記事