>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

お盆って何?期間・意味・由来とすること・お供え物の準備や言い伝えを紹介!

お盆って何?期間・意味・由来とすること・お供え物の準備や言い伝えを紹介!

お盆と言えば先祖供養をする日本の夏の風物詩です。しかし実は地域や宗派によってお盆の期間や先祖供養の仕方が違うということをご存知でしたか?ここでは日本人でありながら実はあまりよく知らなかったお盆について詳しくご説明いたします。

    お盆とは?期間・意味・由来

    お盆とは先祖霊を供養する日本の夏の伝統行事のことです。
    本来は「中元」と呼ばれる旧暦7月15日の前後の期間をお盆としていたのですが、現在は新暦7月15日をお盆とする地域と1か月遅れの8月15日をお盆とする地域があります。

    お盆の前後を含む13日から16日をお盆期間と定め、お墓参りや法事などの先祖供養を行います。供養の方法は地域や宗派によってさまざまですが、基本的には13日に先祖霊を家に迎え入れ16日に送り出すという形式をとります。13日に先祖霊を迎え入れることを迎え盆、16日に先祖霊を送り出すことを送り盆と言います。

    意味と由来

    お盆は仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という行事に由来しており、お盆の盆はこの盂蘭盆会が省略された言葉であると言われています。「盂蘭盆」とは古代インドのサンスクリット語で「ウランバナ=逆さに吊るされた人」という言葉から派生した言葉です。仏教には「盂蘭盆経」という以下のような教えがあります

    お釈迦様の弟子である目連尊者が、亡くなった母親が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいるのを神通力により発見しました。母親を哀れに思った目連尊者がお釈迦様に相談したところ、「夏の修行期間明けに修行僧たちに施しをすれば、その功徳により母親を救うことができるだろう」と教えを受けました。そこで、目連尊者は夏の修行期間の明ける7月15日に多くの修行僧たちに飲食物をふるまいました。それにより母親は餓鬼道から救われ、極楽往生することができました。

    この盂蘭盆経の親孝行の教えと道教の「中元」という先祖供養の教えが習合したものが「盂蘭盆会」であると言われています。

    また、お盆には先祖霊を迎え入れるためにさまざまなお供え物を用意します。このことから、お盆の盆は先祖に捧げる供物を置く容器を意味するという説もあります。

    お盆の歴史と成り立ち

    日本でお盆の行事を執り行った歴史は古く、飛鳥時代の推古天皇14年(606年)7月15日に僧尼に食事をふるまう法会が行われたという記録が残っています。また、斉明天皇3年(657年)7月15日には盂蘭盆会として開催され、聖武天皇の時代から宮中行事として定着したと言われています。

    お盆行事は長らく貴族や僧侶・武士などの上流階級の行事とされてきました。しかしろうそくや提灯の普及に伴い、江戸時代になると庶民の間でも一般的となりました。

    お盆の期間

    お盆の期間
    Photo bytigerlily713

    お盆の期間は現在7月13日から7月16日とする地域と8月13日から8月16日とする地域、旧暦にあわせて開催する地域があります。なぜ地域によってお盆期間が違うのかというのには理由があります。

    明治時代に新暦(グレゴリオ暦)を採用したことにより、従来旧暦に合わせて執り行われた年中行事と季節が合わないという事例が出てきました。そこで、お盆のある7月が新暦ではちょうど農繁期と重なってしまった地域では、ひと月後の8月にお盆を執り行うことにしたのです。

    東京やその近郊の一部の地域では新暦の7月13日から16日をお盆期間と定めています。東京盆とも呼ばれ、主に大都市や農繁期の重ならない東北の一部の地域ではこの期間にお盆行事が執り行われます。また、沖縄や奄美地方では旧暦でお盆を執り行うため、毎年お盆の日にちが変わります。

    迎え盆

    迎え盆とは先祖霊が極楽浄土から帰ってくるのをお迎えすることです。13日の夕方、先祖の霊が道に迷わないように迎え火を焚いて道中を照らしお出迎えします。この時、先祖の霊は精霊棚に準備されたきゅうりの馬に乗ってやってくると言われています。

    送り盆

    お盆期間を家族と共に過ごした先祖の霊を極楽浄土へ送り出すことを送り盆と言います。16日の夕方に迎え盆と同じように送り火を焚き、先祖が極楽浄土に行くまでの道筋を照らします。来るときは馬に乗って急いで帰って来た先祖の霊は、帰りはなすで作られた牛に乗りゆっくりと戻っていくという言い伝えがあります。

    お盆にすることとその正しい作法

    お盆にすることとその正しい作法
    Photo by tfukaga

    お盆の行事や作法は地域や宗派によってさまざまです。ここでは代表的なものをご紹介します。

    お盆の主な行事

    迎え盆 精霊(しょうりょう)棚(盆棚)・お供え物・盆提灯などを用意する
    13日の夕方に迎え火を焚いて先祖霊を迎え入れる
    棚経 僧侶に精霊棚へ読経してもらう
    墓参り 13日・16日に送迎の意味で墓参りをする
    留守参りとして14日・15日にも墓参りをする地域もある
    送り盆 16日の朝に送り火を焚いて先祖霊を送り出す

    迎え盆
    13日の午前中までに精霊棚を準備します。経机や小さな机などにマコモのござや敷物をしいて、その上に位牌、精霊馬、線香、供花、ろうそく、水、お膳などをお供えします。また、精霊棚の四隅に笹竹を立て、しめ縄を張って結界を作ります。これは、悪霊が入り込むのを防ぐためです。最後に精霊棚の左右に盆提灯や盆灯篭を飾ります。
    また、迎え火用に焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿とオガラ(麻がら)を用意します。お墓参りをして先祖の霊をお迎えに行った後、夕方に家の門や玄関で焙烙にオガラを重ねて燃やし、迎え火の上で合掌して先祖の霊を家に迎え入れいます。住宅事情などにより迎え火を焚くことができない場合は盆提灯に火をつけることで代用可能です。

    棚経
    お盆期間中に精霊棚に僧侶に読経してもらい、帰ってきた先祖霊を供養してもらいます。この時の服装は礼服でなくてもかまいませんが、黒や紺などの地味な服装がよいでしょう。

    墓参り
    13日にお墓にご先祖の霊をお迎えに行き、16日に見送りに行きます。墓参りの時間帯や日にちについては、地域や宗派によってさまざまです。

    送り盆
    お盆期間の最終日である16日夕方に、迎え盆同様オガラを焚いて送り火をします。オガラの火が消えるまで見届けながら、合掌して先祖の霊を送り出します。送り火もオガラを焚くのが難しい場合は盆提灯の火を玄関などで消すことで代用できます。

    迎え火や送り火、墓参りをいつするかは地域や宗派によって違います。ご自身のお住いの地域のやり方に合わせて先祖の霊を供養するのがいいでしょう。

    お盆に祀るお供え物について

    お盆に祀るお供え物について

    お盆に祀るお供え物も地域や宗派によってさまざまです。ここでは代表的なものをご紹介します。

    五供(ごくう)
    「香」「花」「燈燭」「浄水」「飲食」と呼ばれるお供え物

    お供え物の種類 供えるもの
    線香
    供花(くげ)
    香りの強い花や派手な色の花は避ける
    燈燭 ろうそく
    浄水 清らかな水
    閼伽(あか)という器に入れる
    飲食(おんじき) 霊供膳と呼ばれる精進料理
    白飯・汁物・漬物・和え物・煮物の5品
    箸を仏壇側におく

    盆提灯、盆灯篭
    盆提灯や盆灯篭は先祖霊がその灯りを目印にして迷わず帰ってこれるようにするためのものです。通常、精霊棚や仏壇の前に一対、二対用意しますが、特別な決まりはないので場所がない場合は一つでもいいでしょう。

    精霊馬(しょうりょうま)
    先祖霊が極楽浄土とこの世を行き来するための乗り物で、きゅうりとなすを使って作られます。きゅうりは馬、なすは牛として、お迎えする時は馬に乗って急いで来てもらい送る時には牛に乗ってゆっくり帰ってもらうという意味が込められています。

    他に宗派によっては、青笹や団子、水の子と呼ばれる賽の目に切ったなすやきゅうりをお供えします。また、浄土真宗では亡くなった方は極楽浄土で生まれ変わっていると考えるため、精霊棚自体を飾りません。

    この他に、個人の好きだった食べ物や飲み物などをお供えするとよいでしょう。

    お盆に行われる様々な行事

    お盆に行われる様々な行事
    Photo by kubotake

    京都五山の送り火
    毎年8月16日に京都を囲む五山に「大」「妙法」「舟形」「左大文字」「鳥居型」の順で送り火を灯し、精霊を極楽浄土に送るお盆の伝統行事です。この送り火で、先祖の霊への感謝と次のお盆までの家族の平和と健康を祈ります。

    いつからこの送り火が始まったのか、その起源についてはさまざまな言い伝えがあります。平安時代、室町時代という言い伝えもありますが、現在では江戸時代初期から始まったという説が有力です。

    旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯篭流し
    毎年8月15日に昭和20年の東京大空襲の犠牲者の慰霊のために、旧中川のふれあい橋たもとから灯篭流しが行われます。平成11年から開催されており、さまざまな想いがつづられた舟灯篭が旧中川に流されます。

    東京大空襲では8万人を超える人が犠牲になったと言われており、恒久平和と犠牲者への鎮魂の祈りが込められた行事となっています。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計7人評価)

    関連記事