>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

鬼丸国綱とは?天下五剣の一つとされる名刀について逸話・由来を含め解説!

鬼丸国綱とは?天下五剣の一つとされる名刀について逸話・由来を含め解説!

歴史好きなら、ほとんどの方が知っているという名刀に「鬼丸国綱(おにまるくにつな)」があります。今回は、天下五剣に入る「鬼丸国綱(おにまるくにつな)」について読み方や作者、また主を守るために鬼を斬ったという逸話について詳しく解説します。

    鬼丸国綱とは?

    鬼丸国綱は、御物として皇室で所有・保管されている名刀です。そんな鬼丸国綱の読み方や作者、由来となる逸話について解説します。

    読み方

    読み方
    Photo byStockSnap

    鬼丸国綱の読み方は「おにまるくにつな」です。

    鬼丸国綱のサイズや特徴などについて紹介します。

    鬼丸(おにまる) 刀の通称や別名、ニックネームのようなもの
    国綱(くにつな) 刀の作者や年月
    刃長 二尺五寸八分(約78.2cm) 鋒(きっさき)先端から棟区(むねまち)を直線で結んだ長さのこと
    反り 一寸一分(約3.2cm) 鋒(きっさき)先端から棟区(むねまち)を直線で結んだ線と棟(もしくは峰)の長さが最も離れている所の長さのこと
     
    • 輪反り呼ばれる大きく反った刃
    • 室町時代に施されたとされる革包太刀拵(柄と鞘全体を馬や鹿の革で包んだ太刀拵)が現在もそのままの姿で残っている
    • 棟部分は屋根のような形になっている庵棟
    • 刃と棟との間で気持ち棟よりに鎬が付けられた鎬作り
    • 鋒から10cm程の所にあたる物打ち部分に一カ所刃が欠けた部分あり

    弟子

    弟子

    鬼丸国綱は御物となっているのですが、国宝とどのような違いがあるのでしょうか。

    道吾禅師

    道吾禅師

    御物と国宝の違い

    御物:皇室の私有物品。憲法により、皇室の私物は国所有の物品になる
    国宝:重要文化財の中でも一層の価値があると判断されたもの。個人所有の国宝は多数ある。国宝に指定されている物品を売買する場合は、申請が必要

    鬼丸国綱のように御物になっている物品は、勝手に売買されたり譲渡されたりして紛失することがないため、国宝として保護や管理する必要がありません。しかしながら、個人所有の物品の場合、勝手に売買や譲渡してしまうと紛失の可能性があるため、国が保護管理しているのです。

    作者

    作者
    Photo byptdh

    「鬼丸国綱(おにまるくにつな)」の作者は、粟田口国綱(あわたぐちくにつな)、本名 林藤六郎です。粟田口派は、鎌倉時代の頃から栄えていた刀工で、中でも粟田口六兄弟は優れた刀工として知られています。粟田口国綱は、六兄弟の六男です。

    後鳥羽上皇の御番鍛冶、隠岐国番鍛冶を努め左近将監国綱(さこんしょうげんくにつな)と名乗っていました。

    弟子

    弟子

    本名林藤六郎なのに、なぜ粟田口という名前が付いているのですか?

    道吾禅師

    道吾禅師

    粟田口とは、京都市東山にある地名のことです。この粟田口の地で、鍛冶を生業としていた刀工達を粟田口派と呼んでいました。

    鬼丸国綱は天下五剣の一つ

    鬼丸国綱は天下五剣のひとつとして知られています。天下五剣とは、様々ある日本刀の中でもとりわけ優れており魅力ある刀として知られている五口(ごふり・振りとも書く)のことをいいます。

    弟子

    弟子

    名刀と言われる刀は、何が優れていてどんな魅力があるのですか?

    道吾禅師

    道吾禅師

    名刀の魅力や価値は人によって違いがあるけど

    ・良く斬れる
    ・刃毀れしにくさ
    ・矢疵、切り込み疵
    ・美しさ
    ・来歴
    ・時代背景
    ・持ち主
    ・刀匠
    ・逸話

    などが、判断基準となっています。

    天下五剣は、明治以降に用いられるようになった名称だとされています。天下五剣は、室町時代の頃から優れた刀として知られていたようですが、刀剣古書籍や亨保名物帳(徳川幕府八代将軍吉宗が世間的に有名な名刀250口をまとめ掲載した台帳のこと)にも、天下五剣としての記載はなかったそうです。

    ここで、天下五剣を紹介します。
     

      読み方 作者 所蔵 指定
    童子切安綱 どうじぎりやすつな・どうじきりやすつな 伯耆安綱(ほうきやすつな) 東京国立博物館 国宝
    鬼丸国綱 おにまるくにつな 粟田口国綱(あわたぐちくにつな) 皇室 御物
    大典太光世 おおでんたみつよ 三池典太光代(みついけてんたみつよ) 前田育徳会 国宝
    三日月宗近 みいかづきむねちか 三条宗近(さんじょうむねちか) 東京国立博物館 国宝
    数珠丸恒次 じゅじゅまるつねつぐ 青江恒次(あおえつねつぐ) 本興寺
    重要文化財
     

    鬼丸国綱が名刀とされる由来と逸話

    鬼丸国綱は、正式名を「太刀銘国綱附革包太刀拵(たちめいくにつなつけたりかわづつみたちこしらえ)」といいます。その太刀が「鬼丸国綱(おにまるくにつな)」や「鬼丸(おにまる)」と呼ばれるようになった逸話を紹介します。

    『太平記』に記されている逸話

    「鬼丸国綱」にまつわる逸話は、太平記にまとめられています。

    鎌倉時代初期に執権だった北条時政は、枕元に現れる子鬼に悩まされていました。お祓いや祈祷で夜毎に現れる子鬼から逃れようとしましたが、効果がなく、北条時政は衰弱し病にかかってしまいます。

    ある晩、北条時政の夢に老翁が現われ、次のことを伝えました。

    • 己は太刀銘国綱附革包太刀拵の化身であること
    • 主である北条時政を救うべく小鬼を懲らしめたいが、刀身が錆びており、鞘から抜け出せないこと
    • 小鬼を退治して欲しければ清らかで汚れ無き心と体で己と向き合い、己についた錆を取り除くこと

    目が覚めた北条時政は、老翁が言うように、太刀銘国綱附革包太刀拵の錆を取り除き、鞘には戻さず室内の柱に立てかけておきました。

    誰かが触れたわけでも、風が吹いたわけでもないのに、柱に立てかけられていた太刀銘国綱附革包太刀拵が倒れ、その拍子に、小鬼の姿をあしらった飾りがついている銀の小鉢を切り落としました。それは、ちょうど小鬼の首を斬首した状態でした。その後、北条時政の枕元に小鬼が表れなくなり、病も回復していきました。

    北条時政は、大変喜びし、太刀銘国綱附革包太刀拵を「鬼丸国綱(おにまるくにつな)」や「鬼丸(おにまる)」と呼び北条家の宝として後世まで大切にしたそうです。

    弟子

    弟子

    太平記では、北条時政が太刀銘国綱附革包太刀拵を「鬼丸国綱」と名付けたとなっています。しかしながら、亨保名物帳では北条時政ではなく北条時頼が命名したと記載があります。これについては、どのように考えたら良いのでしょうか。
     

    道吾禅師

    道吾禅師


    鬼丸国綱命名に関しては諸説あり、北条時政や、北条時頼の他、「第三代執権北条泰時説」や「第八代執権北条時宗説」もあります。

    しかしながら、
    ・北条時政が亡くなったのは、後鳥羽上皇の院政中だった
    ・北条時宗が執権になったのは、粟田口国綱が亡くなってから

    ということから、北条時政説と北条時宗説の信憑性が低いと考えられます。

    後鳥羽上皇が崩御されてから鬼丸国綱が作られています。そのため、北条泰時説や北条時頼説が有力だといえるでしょう。
     

    鬼丸国綱の来歴

    鬼丸国綱の最初の持ち主は、北条時頼です。

     

    執権 名前 期間 享年
    第五代 北条時頼(ほうじょうときより) 10年8ヶ月 37歳
    第六代 北条長時(ほうじょうながとき) 7年7ヶ月 35歳
    第七代 北条政村(ほうじょうまさむら) 3年7ヶ月 69歳
    第八代 北条時宗(ほうじょうときむね) 16年1ヶ月 34歳
    第九代 北条貞時(ほうじょうさだとき) 17年4ヶ月 40歳
    第十代 北条師時(ほうじょうもろとき) 10年1ヶ月 37歳
    第十一代 北条宗宣(ほうじょうむねのぶ) 8ヶ月 54歳
    第十二代 北条煕時(ほうじょうひろとき) 31ヶ月 37
    第十三代 北条基時(ほうじょうもととき) 1 48
    第十四代 北条高時(ほうじょうたかとき) 97ヶ月 31

    第五代北条時頼の時代の後、いつの頃か北条家の一族の名越家に「鬼丸国綱」は移ります。そして、名越高家(北条高家)が戦いにて討ち死にした後、第十四代執権・北条高時の手に渡ります。

    北条家の手を離れた後

    北条高時は、新田義貞との戦いに敗れ自害。新田義貞が鬼丸国綱の主となる

    5年後、新田義貞は戦いに敗れ、足利髙経(斯波高経)に渡る

    足利家の家宝として大切に保管

    足利義昭から豊臣秀吉へ献上される
    (足利義昭から織田信長、織田信長から豊臣秀吉に渡ったという説もある)

    豊臣秀吉は刀や剣の検定や研磨などを生業とする本阿弥家へ預ける

    その後、徳川家の持ち物となるが、そのまま本阿弥家で預かる

    後水尾天皇に皇子が誕生した際に献上されるが、皇子が亡くなったため不吉な刀として、本阿弥家に返却される

    明治に入り,御物として皇室所蔵となる

    この一覧からも分かるように、鬼丸国綱は御物として皇室所属になるまでに、多くの主に使えることになったのでした。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.8 / 5(合計4人評価)

    関連記事