>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

三日月宗近とは?天下五剣の一つとされる名刀について逸話・由来を含め解説!

三日月宗近とは?天下五剣の一つとされる名刀について逸話・由来を含め解説!

天下五剣の中でも最も美しい刀剣として知られているのが、三日月宗近です。享保名物帳に記されるなど、名物中の名物として名高い三日月宗近の逸話や由来について詳しく解説していきます。また、三日月宗近の来歴や作者である三条宗近についても紹介します。

    三日月宗近とは?

    三日月宗近とは、享保名物帳に記され天下五剣の中で最も優美な刀剣として知られている太刀です。

    平安時代に作られたとされる三日月宗近は、国宝として現在東京国立博物館にて所蔵されています。国宝指定名称は太刀銘三条名物三日月宗近附糸巻太刀拵鞘(たちめいさんじょうめいぶつみかづきむねちかつけたりいとまきたちこしらえさや)です。

    それでは、三日月宗近について詳しくみていきましょう。

    読み方

    三日月宗近の読み方は「みかづきむねちか」です。

    <三日月宗近の特徴>

    三日月宗近 刀の別名、俗称のこと
    三条 茎の切られた刀の作者、作成年月、所持者名
    刃長 80cm 刀の先端(刃先)から棟区までを直線で結んだ長さ
    • 反り 2.7cm:茎(なかご)から腰に掛けて反りが強い。先はほとんど反りがない
    • 刀姿は細身
    • 踏張りがある(踏張りが強いという言い方もされる):元幅2.9cmで先幅1.4cm
    • 刃縁に沿って三日月型の刃紋(打ちのけ)がある
    • 太刀三条宗近の付属品として安土桃山以降に作られたとされる金梨地菊桐紋蒔絵糸巻太刀拵えの鞘部分が残っている。表面を金梨地に仕上げられた金製品の鞘に菊紋と五七の桐紋が交互に蒔絵で施されている

    三条宗近作

    三日月宗近の作者は、三条宗近です。三条宗近は、平安時代の刀工で、山城国(現在の京都市)三条に住んでいたたとされ、三条派の始祖として知られています。また、信濃守粟田藤四郎と名乗っており、姓は橘であったと伝えられています。

    三条宗近が作った刀は、三条(本来は三條だが、三条と切っている)や宗近と切ってあります。三条宗近は、優れた名工として知られており、その実力は謡曲「小鍛治」によって伝えられるほどです。

    刀は、複数の鉄を折り重ねて作られます。また、何度も鉄を打ちたたくことで強度を高めるとされています。この打ちたたく作業を刀工と相槌とで交代で行います。

    刀工と相槌が交互に熱い鉄を打つという工程を行います。イメージとしては、臼と杵を使って行う餅つきです。一人が杵で餅をつく間に、もう一人が上手に餅を返します。テンポ良く行わなければ、餅を打つときと返すときが重なってしまいます。同じように、鍛冶でもテンポ良く気持ちを合わせて鉄を打っていかなければ、良質な刀を作ることができません。

    謡曲「小鍛治」では、三条宗近の実力に対して、相槌できる程の実力を持つ人物おらず、稲荷明神の狐の精霊が努めています。それほど、三条宗近の刀を作る腕前は優れていたということです。

    お狐さま

    お狐さま

    謡曲とは、能に用いられる詞章と曲のことです。

    三日月宗近は天下五剣の一つ

    三日月宗近は天下五剣の一口です。天下五剣とは、数ある日本刀の中でも、魅力があり多くの人の心を惹きつける名刀のことです。天下五剣は、明治以降に使われるようになった新しい名称です。徳川幕府の頃に、250口の名刀が記された享保名物帳があります。その享保名物帳に三日月宗近は記載があり、名物中の名物として有名な刀です。

    三日月宗近を含めた天下五剣を紹介します。

      読み方 作者 所蔵 指定
    三日月宗近 みかづきむねちか 三条宗近(さんじょうむねちか) 東京国立博物館 国宝
    鬼丸国綱 おにまるくにつな 粟田口国綱(あわたぐちくにつな) 皇室 御物
    童子切安綱 どうじぎりやすつな・どうじきりやすつな 伯耆安綱(ほうきやすつな) 東京国立博物館 国宝
    大典太光代 おおでんたみつよ 三池典太光代(みついけてんたみつよ) 前田育徳会 国宝
    数珠丸恒次 じゅずまるつねつぐ 青江恒次(あおえつねつぐ) 本興寺 重要文化財
     

    友だち追加