>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「三寒四温」とは?その意味・季節と時期・使い方・対義語について解説!

「三寒四温」とは?その意味・季節と時期・使い方・対義語について解説!

冬の寒さが和らぎ、段々と暖かくなってきた春先に使われることが多い「三寒四温」ですが、元々の季節や意味についてご存じでしょうか。そこで今回は「三寒四温」の時期や由来、使い方を解説します。合わせて「三寒四温」の対義語についてみていきます。

    三寒四温とは?

    「三寒四温」は天気予報などでよく耳にする言葉の一つです。本記事では「三寒四温」の読み方や意味、語源、そして使い方などについて解説します。

    読み方

    トド丸

    トド丸

    「三寒四温」の正しい読み方を知りたいな。
     

    ペーター

    ペーター

    「三寒」は、三(回・日)寒いと書いて「さんかん」
    「四温」は、四(回・日)温かいと書いて「しおん」

    この2つを合わせた「三寒四温」は、「さんかんしおん」と読むんだよ。
     

    意味

    「三寒四温」とは、冬の時期に1週間(7日間)を基準として3日間の寒気と4日間ほどの暖気が繰り返されることです。暖かい日が続き春めいてきたと思ったら寒い日がぶり返し、寒い日が続くかと思ったら暖かい陽気になるといった気象を表します。

    「三寒四温」は、中国東北部から朝鮮半島北部において冬の時期にみられる現象が語源です。それが、日本にも伝達され使われるようになりました。

     

    トド丸

    トド丸

    「三寒四温」の語源となっている現象について詳しく教えてほしいな!

    ペーター

    ペーター

    「三寒四温」の語源となっている現象とは、

    冬の時期に、シベリアやモンゴル、中国東北部でシベリア高気圧が発達したシベリア高気圧からの寒気の影響により、1週間(7日間)をひとつの単位として3日間の寒い日と4日間の暖かい日が順番に訪れることだよ。

    三寒四温の季節はいつ?

    「三寒四温」は、早春の頃に耳にすることの多い熟語ですが、実際の季節はどの時期になるのでしょうか。「三寒四温」の時期などについて解説します。

    三寒四温の季節①本来の意味では「冬」

    三寒四温の季節①本来の意味では「冬」
    Photo by12019

    トド丸

    トド丸

    「三寒四温」の季節はいつ?語源から考えると、「三寒四温」の季節は、春ではなくて冬ってことになるよね?

    ペーター

    ペーター

    そうだね。本来の意味で考えると「三寒四温」は冬の季節に当てはまるね。

    「三寒四温」の季節は、意味や由来から鑑みるとシベリア高気圧の影響を受ける冬の時期だということが分かります。

    暦でみた場合、いつかというと1月の小寒や大寒、2月上旬の立春辺りまでとなります。俳句や手紙の時候の挨拶などでも冬の季語として「三寒四温」が用いられています。

    三寒四温の季節②日本で「三寒四温」がしっくりくるのは「早春の頃」

    トド丸

    トド丸

    「三寒四温」が冬の季節なら、これまでのように春先に使っていけないの?そもそも、冬に起こる現象がもとになって付けられた熟語なのに、なぜ春の初めに使われるようになったの?

    ペーター

    ペーター

    元々の意味では、「三寒四温」は冬の時期となるけど、日本で「三寒四温」という言葉がしっくりくる時期は「早春の頃」だから、冬ではなく春の初めにも使われるんだよ。
     

    本来、「三寒四温」と言われる季節は1月~2月上旬となるため、日本ではシベリア高気圧と太平洋高気圧の影響を受け、大雪が降ったり冷たい風が吹いたり真冬まっただ中といえる状態です。

    日本で、冬に「三寒四温」のような現象が起きることはあまりありません。しかしながら、「三寒四温」のように寒い日と暖かい日が繰り返し訪れることはあります。

    それは、2月の立春頃から3月上旬、地域によっては3月中旬の春分の頃で少しずつ春が近づいてきたと感じられる時期。そのため、
    本来の意味ではなく、徐々に暖かくなってきているというニュアンスで春の初めである早春に使われているのです。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事