>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

煩悩とは?意味・108という数・種類・煩悩の消し方について

煩悩とは?意味・108という数・種類・煩悩の消し方について

煩悩は汚れた心を指す仏教用語ですが、欲望のイメージをお持ちの方も多いでしょう。除夜の鐘で煩悩を打ち払う行事は有名ですが、108回鐘がつかれるのは煩悩の数を表しています。今回は煩悩の意味や数、種類、消し方などについて解説します。

    煩悩とは?

    煩悩とは?
    Photo by Kyoto-Picture

    煩悩とは仏教の教義の一つで、悟りの境地を妨げる、私たちの心身の苦しみを生み出す精神のはたらきを指します。

    今回は、煩悩について数や種類などを含めながらわかりやすく解説していきます。

    煩悩は私たちを苦しめている心

    煩悩は私たちを苦しめている心

    人はなぜ苦しむのか。その源にあたるのが煩悩と言われます。「自分の思い通りにしたい」という我欲や、人や物質に対する執着心などといった煩悩がつきまとっているからです。そして、一つが満たされてもまた他の欲望が生まれてくるのが人間の性(さが)でもあります。

    「お金があれば…」「あの人と上手くいけば…」「健康であれば…」などといった悩みがなくなったとしても、その先にはまた新たな悩みや苦しみが生じてきます。お釈迦様はこれを「有無同然(うむどうぜん)と説きました。お金や地位や名誉を得たとしても生きることの苦しみは変わらないということです。

    煩悩は私たちを苦しめている心
    八宗の祖師と尊敬されている龍樹菩薩の教えによれば…

    煩悩とは「煩悩とは能く心をして煩わしめ能く悩みをなす、故に名づけて煩悩となす」と説かれています。

    意味は「煩悩というのは心を乱す煩いや悩みを意味し、そのために煩悩と名付ける」で、自分の心を煩わせている悩みなどを指すんですよ。このように、煩悩とは私たちを苦しめている心、それは他ならぬ自分自身の心です。

    煩悩は悪いこと?

    実は煩悩自体は悪いこととは限りません。例えば煩悩具足(ぼんのうぐそく)という言葉があります。具足というのは煩悩が満タンの状態を指し、つまり、人間は煩悩で出来ており、煩悩を取ったら何もなくなってしまう状態を指す言葉です。浄土真宗の宗祖・親鸞は人間のことを「煩悩具足の凡夫」(ぼんぷ=人間)と説きました。そのため、煩悩は消すことが出来ない、人間には必要な欲望であるとも言えます。

    一方、仏教では
    煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)という教えもあります。これは、煩悩があるからこそ私たちは悟りを得ようとし、私たちはありのままで(煩悩がある状態)も幸せになることが出来るということです。

    煩悩の数はいくつ?

    煩悩の数はいくつ?

    煩悩の数はいくつかには、様々な説がありますが、一般的に知られている欲望の数は108とされますが、仏教の宗派によっても違いがあり、多い宗派ですと84000あるとも言われます。大晦日に除夜の鐘が108回鳴らされるのも、鐘をつくことで煩悩が無くなりますようにとの願いが込められています。

    しかし、一年に一度除夜の鐘をついただけでは煩悩は無くなりません。そのため、人間は毎年煩悩に苦しめられ、除夜の鐘で、今年の煩悩が消え去るようにと繰り返しつかれます。

    108の煩悩の中で私たちも最も苦しめる三毒について

    煩悩の中でも、私達人間を一番苦しめているものとして「貪欲(とんよく)」「愚痴(ぐち)」「瞋恚(しんい)」の3つは三毒と呼ばれます。蜂に刺された毒は時を経れば治りますが、三毒と呼ばれる煩悩は、一度胸を刺せば、一生治らないほどの決定的なダメージを与えるものです。言わば、三毒は心から消すことが出来ない猛毒のことです。

    貪欲(欲の心による苦しみ)

    貪欲
    Photo bySkitterphoto

    貪欲は「どんよく」と読まれることもありますが、煩悩の場合「とんよく」と読まれます。簡単に言ってしまいますと、貪欲とはあらゆる欲望を指します。お金が欲しいという欲や褒められたいという欲、認められたい、相手に愛されたいなど、あらゆる欲望は貪欲と言われ、次から次へと貪るように沸いて来る煩悩です。思い通りにしたいという我欲でもあります。

    貪欲に限りはなく、自分から何とかしない限りは、終わることのない欲望でもあります。また、貪欲がおさまらない状態を続けると、今度はその欲に対して怒りの心が沸いて来るという悪循環に陥ります。

    瞋恚(怒りの心による苦しみ)

    瞋恚(しんに・しんい)は、欲望が満たされないことで沸いてくる怒りの心を指します。人間は怒りの心を持っていない人はいません。相手に貶されたら腹が立ちますし、メールや電話を無視されたら腹が立ちますし、気づかないうちに心の中に怒りを溜めこんでいくこともあります。そもそも怒りとは、自分の思い通りにならなかったことから湧き出る感情です。

    貪欲と同じように、怒りの心も無くなることはありません。何かの拍子にふと湧き出て、人間の心を苦しめます。怒りの心「瞋恚(しんに・しんに)」もまた終わりがない煩悩の一つです。

    愚痴(妬み嫉みの心による苦しみ)

    三毒の一つ「愚痴(ぐち)」は、人を羨む心や妬む心を指します。例えば、相手が持っているものを欲しがる欲望や、一緒に受験をしたのに相手だけが受かってしまった場合に感じる妬みの感情など、こちらも終わりがない欲望です。

    もし自分がうまくいっていたとしても「隣の芝生は青く見える」という言葉のように、いつも他人のものが欲しくなる心は、正に煩悩の一つと言えるでしょう。三毒の煩悩は、どれも終わりがなく、いつまでも私たちの心を苦しめる欲望です。
     

    108の煩悩の種類と一覧

    108の煩悩の種類と一覧

    煩悩は108個ありますが、三毒だけでも大変なところに、105個もプラスされるとなれば、心のもちようが大変重要になります。では、他の煩悩にはどんな種類があるのでしょうか?

    煩悩には次の2種類があります。

    • 根本煩悩(こんぽんぼんのう)
    本惑、根本惑ともいわれ、心のなかに根本的にある煩悩のこと。上記の三毒である貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)に、慢(まん)・疑(ぎ)・悪見(あっけん)を足したもの(六大煩悩)とされる。悪見はさらに有身見(うしんけん)、辺執見(へんしゅうけん)、邪見(じゃけん)、見取見(けんしゅけん)、戒禁取見(かいごんしゅけん)に分類される。
    • 枝末煩悩(しまつぼんのう)
      根本煩悩から派生する、二次的煩悩のこと。

    そして煩悩にはそれぞれ支配する世界があり「欲界」「色界」「無色界(むしきかい)」「十纏(じってん)」に分類され、その中でまた更に「修惑(しゅわく)」や「苦諦(くたい)」「道諦(どうたい)」「集諦(じったい)」「減諦(めったい)」=四諦(したい)などに分類されます。

    以下に、残り105個の煩悩をまとめてご紹介します。

    ◎欲界(本能的な欲望が支配する世界)の煩悩

    修惑の煩悩
    修惑(生まれながら持っている心) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    瞋 =怒る心
    慢 =驕り高ぶる心
     
    苦諦の煩悩
    苦諦(人生の苦のこと) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    瞋 =怒る心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固
    • 戒禁取見 =行動に固執
    • 有身見 =我執する
    • 辺執見 =一辺に固執
     
    道諦の煩悩
    道諦(悟りを開くための方法) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    瞋 =怒る心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固
    • 戒禁取見 =行動に固執
     
    集諦の煩悩
    集諦(悩みの原因が集まること) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固
     
    滅諦の煩悩
    滅諦(悟りの境地に至ること) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固

    ◎色界(情欲などが支配する物質的な世界)と無色界(精神が支配する世界)

    色界(情欲などが支配する物質的な世界)と無色界(精神が支配する世界)は、共通した煩悩があります。

    修惑の煩悩
    修惑(生まれながら持っている心) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
     
    苦諦の煩悩
    苦諦(人生の苦のこと) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固
    • 戒禁取見 =行動に固執
    • 有身見 =我執する
    • 辺執見 =一辺に固執
     
    道諦の煩悩
    道諦(悟りを開くための方法) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固
    • 戒禁取見 =行動に固執
     
    集諦の煩悩
    集諦(悩みの原因が集まること) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固
     
    滅諦の煩悩
    滅諦(悟りの境地に至ること) 貪 =むさぼる心
    癡 =愚かな心
    慢 =驕り高ぶる心
    疑 =疑う心
    悪見 =こだわりのある見方
    • 邪見 =因果を否定
    • 見取見 =頑固

    ◎十纏(心にまとわりつく感情)・枝末煩悩で最も重いとされる10個

    十纏の煩悩
    1 無漸(むざん)=内面的な恥がない
    2 無愧(むき)=人に恥じない
    3 嫉’しつ)=妬みの心
    4 慳(けん)=物惜しみすること
    5 悪作(あくさ)=後悔の念
    6 睡眠(すいめん)=眠らせる精神作用
    7 掉挙(じょうこ)=躁の状態
    8 惛沈(こんじん)=鬱の状態
    9 忿(ふん)=憤りを感じる
    10 覆(ふく)=罪を隠すこと

    弟子

    弟子

    おすすめ関連記事はこちら!

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.9 / 5(合計6人評価)

    人気の記事