>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

2019年の十五夜の月はいつ?お月見のやり方/歴史/風習/お供え物について解説

2019年の十五夜の月はいつ?お月見のやり方/歴史/風習/お供え物について解説

日本の伝統行事の一つである「お月見」。お月見と言えば「十五夜」を思い浮かべる方も多くいるのではないでしょうか。今回は十五夜の月見の方法や歴史について詳しく解説していきます。さらに2019年の十五夜についても併せてご紹介します。

    2019年の十五夜はいつ?

    2019年の十五夜はいつ?
    Photo by uiui.wisp

    十五夜とは新月から数えて15日目の夜に見られる月のことです。中秋の名月と言われる十五夜は旧暦の8月15日と定められていますが、現在の新暦では旧暦と1~2ヵ月程のズレがあるため中秋の名月は9月初旬~10月初旬に出る満月の頃が十五夜になり、今年2019年令和最初の十五夜は9月13日に見られます。 

     

         2019年の十五夜     9月13日(金曜日)
         2020年の十五夜     10月1日(木曜日)
         2021年の十五夜     9月21日(火曜日)
         2022年の十五夜     9月10日(土曜日)
         2023年の十五夜     9月29日(金曜日)

    十五夜の月とお月見について

    十五夜の月とお月見について
    Photo by y_uno

    日本の行事として古くから親しまれてきた十五夜ですが、十五夜の意味をちゃんと理解している人は少ないのではないのでしょうか?十五夜の月とお月見を詳しく解説していきます。

    十五夜の月とは

    十五夜の月とは
    Photo by_vane_

    十五夜とは、実は毎月あるものなのです。毎月旧暦の15日の夜を十五夜と言います。月は15日周期で満ち欠けを繰り返していて、新月~満月~新月と繰り返されます。そして旧暦では新月を毎月1日としているため、15日がほぼ満月となるのです。(必ずしも満月とは限りません)ですから1~12月まで毎月十五夜はあるのです。

    中でも秋の十五夜は月が最も美しく見えるため、中秋の名月または仲秋の名月と呼ばれ観月の宴が開かれてきました。中秋と仲秋の違いは、旧暦では1月~3月を春・4月~6月を夏・7月~9月を秋・10月~12月を冬と定めていて、中秋は秋の真ん中(中日)8月15日を意味しています。そして俳句の季語では7月を初秋・8月を仲秋・9月を晩秋としていて、仲秋とは8月を指しているのです。

    アマテラス

    アマテラス

    中秋の名月が別名「仏滅名月」と呼ばれるのは、旧暦の8月15日必ず毎年仏滅となるためです。

    十五夜にお月見をする意味とその歴史

    十五夜にお月見をする意味とその歴史
    Photo byKonevi

    日本では古来より月を神聖なものととらえ、月を愛でる風習は縄文時代からあったと言われています。平安時代、貞観859~877年ごろに中国より伝わった月見では貴族が酒を酌み交わしながら詩歌や管弦を楽しみ、月を見上げて眺めるのではなく杯や水面に映る月を愛でていたそうです。

    室町後期には月を拝み、お供えをする風習が生まれていました。そして庶民が十五夜を楽しむようになったのは江戸時代に入ってからで、季節的にも秋の農作物の収穫時期でもあったため収穫祭としての意味合いが大きく、無事に収穫できることへの感謝と収穫の喜びを分かち合う日でもありました。

    お月見の風習とやり方/作法について

    地域によってお月見のやり方や作法・お供えするものなどに多少の違いはありますが、一般的に月見とは何をするのか、そして月見の風習とはどのようなものか、お月見のやり方・作法についてもご紹介していきます。

    お月見とは?

    お月見とは、主に旧暦の8月15日の夜(十五夜)・9月13日の夜(十三夜)に満月を見て楽しむことを言います。旧暦8月15日の月は十五夜「中秋の名月(仲秋の名月)」と呼ばれ、旧暦9月13日の月は十三夜「後の名月」とも呼ばれています。

    月は日本人の暮らしや農作業にも深く関係しており、十五夜の月見は農作物が収穫できた喜びや物事が実を結ぶことへの感謝をするだけでなく、月の満ち欠けする様から命をつないでくれた祖先を想う日でもあります。お月見は現在では秋の代表的なイベントとして家庭や地域など日本各地で行われています。

    道吾禅師

    道吾禅師

    日本人は月が雲に隠れて見えなくても「無月」と呼び、雨が降れば「雨月」と表現し、たとえ天候が悪くて月が見えなくても自然のままに受け入れ、それも風情ととらえました。日本人の月に対する思いが感じられます。

    お月見の風習

    最近では買ってきたススキと月見団子を供えるだけの家庭も多くみられますが、少し前までは地域によって様々な月見の風習が行われていました。例えば、沖縄や九州南部では十五夜に綱引きをするという少し変わった風習があったり、全国各地では「お月見泥棒」と呼ばれる風習があったりしました。「お月見泥棒」とは中秋の名月にお供えされているものをこの日に限って盗んでも良いというものです。また近年ではハロウィンのように家々を回り歩いて、お団子だけでなくお菓子がもらえるところもあるようです。

    子供は月からの使者と考えられ、お団子を盗まれることは縁起が良いとされていて、翌年も農作物が豊作になると言われています。またお団子を盗む子供も将来長者になるとか、七軒盗むと縁起が良いと言わていました。お団子泥棒のルールも地域によって様々で、子供たちは【片足までなら敷地内に入っても良い】としたり、【長い棒の先に尖った針や針金をつけてお団子を刺して盗みに来る】ため、お供えする家の人は縁側にお団子を供えて子供たちが盗みやすいようにしていたり工夫をしていたそうです。

    お月見のやり方/作法

    お月見のやり方/作法
    Photo by177419

    お月見のやり方には決まったルールは特にありません。また地域によっても違いがありますが、ここでは一般的なお月見のやり方や作法についてご紹介します。

    まずは月見台を決めます。月見台とは月を見る場所のことで、月が見える窓辺や縁側を月見台にするならばテーブルやちゃぶ台を用意してその上に三宝を置き、お供え物を供えます。お供え物をする理由は、古来より日本人は月を神聖視していたためです。お供えは月見団子とススキや旬の野菜・果物等を用意しましょう。
    お供え物は供えた後、下げて戴きます。神様に供えていたものを戴く事で、神様との結びつきがより強くなると言われています。

    お月見の際のお供え物について

    お月見の際にお供え物をしますが、実はお供えするものにもちゃんと意味があるのです。お供えするものの意味を知ることで、心を込めて供えることができるのでよりお月見を楽しめるのではないでしょうか。お月見に供えるお供え物の意味について解説します。

    お供え物①月見団子

    51jrgenqhnl

    ひのきのお月見飾り・ひのき団子と三宝(三方)セット当店オリジナル月見団子セットMoon-viewing dumplings set

    収穫や豊作祈願などの農耕儀礼には欠かすことのできない供物として餅や団子がありますが、十五夜の月見にはお月様の形にちなんで丸いお団子が供えられます。この月見団子を食すことによって健康・長寿・幸福を得られると考えられています。十五夜にちなんで一寸五分(約4.5㎝)の大きさのお団子を15個供えます。他にも1年間に見られる満月の数として12個(閏年は13個)供えるところもあれば、簡略して5個お供えするところもあります。

    お供え物②ススキ

    お供え物②ススキ
    Photo by oisa

    ススキは月の神様の依り代として供えられています。本来、神様の依り代には稲を使うことが多いのですが中秋の名月の時期では稲刈り前であるために、稲穂の形に似ているススキが使われるようになりました。また地域によってはススキの鋭い切り口に魔除けの効果があるとして、軒先にススキを吊るす風習があります。

    お供え物③農作物

    十五夜の時期は芋の収穫時期と重なるため、十五夜は別名「芋名月」とも呼ばれています。里芋やサツマイモといった秋の野菜や果物を供えて、収穫に感謝します。月の神様は作物の豊穣や子孫繁栄を見守る神であるために、ブドウなどのツル性の植物は月との繋がりを強くすると考えられ、お供えとして好まれています。

    片見月は縁起が悪い?十五夜以外にお月見をする日

    514gggn9jrl

    吉原遊廓の話―The Nightless City: Or the History of the Yoshiwara Yukwaku

    十五夜以外にもお月見をする日があるのを知っていますか?それは中秋の名月の1ヵ月ほど後の十三夜です。この十五夜・十三夜の月見に関して面白い言い伝えがあります。東京近辺の一部では十五夜・十三夜のお月見は同じ場所で見るべきであり、違う場所で見たりどちらか片方しか月見をしないことを「片見月」と呼んで、縁起が悪いと考えられています。実はこれは江戸の遊廓である吉原の客寄せの一環であったと言われています。

    十五夜の月見に吉原で豪遊したならば、約1ヵ月後の十三夜にも登楼して吉原で遊ばなければ縁起が悪いとして、再び吉原に来てもらえるようにした商売戦略だったのです。十五夜・十三夜の月見の日は吉原では「紋日」という特別な日として、客たちはいつも以上に散在したと言われています。

    紋日(もんぴ)とはお客様感謝デーのようなもので、遊廓の内装も特別仕様となり遊女たちも普段と違った扮装で客をもてなします。この遊女たちの衣装代は馴染みの客持ちで、紋日・大紋日には遊女たちの花代も普段の何倍にも跳ね上がったそうです。

    お月見を楽しもう

    中秋の名月の頃は天候が悪化しやすい時期でもあります。また、十五夜は必ずしも満月であるとは限らないので、天候が悪くて月が見られない時は十六夜や十三夜に観月してみてはいかがでしょうか。
     

        2019年の十六夜       9月14日
        2019年の十三夜       10月11日

    関連記事

    あなたはオーラとチャクラはどんなカラー?

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計3人評価)

    関連記事

    • 十六夜(いざよい)とは?その意味と読み方/2019年の十六夜の月について
      お月見

      十五夜は良く聞く言葉ですが「十六夜(いざよい)」と呼ばれる月のことをご存知でしょうか。十五夜の次に楽しめる風流な月として、...

    • 十三夜とは?その意味と読み方/2019年の十三夜の月について
      お月見

      「十三夜」というのを聞いたことがありますか?秋の行事と言えば「十五夜」の月見が有名ですが、実は「十三夜」も月見をする習わし...