>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

十三夜とは?その意味と読み方/2019年の十三夜の月について

十三夜とは?その意味と読み方/2019年の十三夜の月について

「十三夜」というのを聞いたことがありますか?秋の行事と言えば「十五夜」の月見が有名ですが、実は「十三夜」も月見をする習わしがあります。今回は「十三夜」の意味や読み方について詳しく解説していきます。併せて、2019年の十三夜をご紹介します。

    十三夜の月とは?2019年はいつ?

    十三夜の月とは?2019年はいつ?
    Photo by T.Kiya

    十三夜の月とは中秋の明月と言われる「十五夜」の月の一か月ほど後にみられる月、またはその月を鑑賞する行事のことを言います。十三夜は旧暦で9月13日に見られる月のことであり、新暦では10月の中旬から下旬頃にみられます。

    十三夜は満月より少し欠けた状態の月ですが十五夜に次いで美しい月とされていて、十五夜は満月で明るい月であるため中秋の「明月」と呼ばれますが、十三夜は十五夜の後に見られるため「後の名月」と呼ばれています。

    2019年の十三夜の月

    2019年の十三夜の月
    Photo byBiljaST

    十三夜は毎年同じ日に見られるものではありません。なぜ十三夜がみられる日が毎年違うのでしょうか。それは旧暦を現在の新暦(日本ではグレゴリオ暦)に直す際に、太陽の動きを基にしているため誤差が生じるからです。

    ちなみに、2016年の十三夜は10月13日、2017年は11月1日、2018年は10月21日でした。
    それでは今年2019年の十三夜は何月何日になるかというと、今年の十三夜は二十四節季の一つである寒露の10月11日令和初の十三夜となります。

    十三夜とは?読み方/意味

    十三夜とは?読み方/意味
    Photo byspirit111

    「十三夜」と書いて何と読むのか、なぜ十三夜と呼ばれているのかなど、十三夜の読み方や意味について詳しく解説していきます。

    読み方

    十三夜の読み方は、「じゅうさんや」とそのまま読みます。十五夜もそのまま「じゅうごや」と読みますが、月の名前には「十日夜(とおかんや)」や「十六夜(いざよい)」といった特殊な読み方をするものもあります。

    十三夜は別名「後の月」とも呼ばれており、これは十五夜の後に出る月であることからそう呼ばれるようになりました。
    他にも十五夜や十三夜は収穫時期にあたり、十五夜はその時期に収穫される野菜から別名「芋明月(いもめいげつ)」・十三夜は「栗名月(くりめいげつ)」「豆名月(まめめいげつ)」とも呼ばれています。

    アマテラス

    アマテラス

    十五夜はすっきりしない天気が多い時期であるのに対し、十三夜は晴れることが多く「十三夜に曇りなし」」とも言われています。

    意味

    意味
    Photo byulleo

    十三夜の名前の意味は、旧暦で9月13日ごろ新月から数えて13番目の月であるため十三夜と呼ばれるようになりました。月は満ち欠けすることで呼び名も変わってきます。ここでは、よく使われている月の名前を順にご紹介します。
     

    月の呼び名 (旧暦の日付)    名前の由来等 
    新月
    シンゲツ
    (1日頃)
    月が見えない朔のこと。新月の呼び名は英語の「new moon」からきている。
    繊月
    センゲツ
    (2日頃)
    日没後のまだ明るさの残る空に繊維のように細い月が見られる様から名付けられた。
    ​​​二日月(フツカヅキ)とも呼ばれる。
    三日月
    ミカヅキ
    (3日頃)
    初月(ウイヅキ)・眉月(マユヅキ)・若月(ワカヅキ)とも呼ばれる。
    上弦の月
    ジョウゲンノツキ
    (7日頃)
    弓の形になぞらえ、弦を張った側が上に見えることからこの名前になったと言われる。
    十日夜の月 
    トオカンヤノツキ
    (10日頃)
    上弦の月より少し膨らんだ形で、旧暦の10月10日には「十日夜」と呼ばれる観月の慣習もあった。
    十三夜月 
    ジュウサンヤヅキ
    (13日頃)
    十五夜に次いで美しいとされ、満月と違って少し欠けた様が儚さを感じさせ、十三夜を好んで観月する者もいる。
    小望月  
    コモチヅキ
    (14日頃)
    満月の前夜であり、幾望(キボウ)とも呼ばれる。幾は「近い」という意味がある。
     
    満月 
    マンゲツ
    (15日頃)
    満月も英語の「full moon」からきている。望月(モチヅキ)や十五夜(ジュウゴヤ)とも呼ばれる。
    十六夜
    イザヨイ
    (16日頃)
    イザヨイはためらうという意味の「いさよう」からきていて、満月よりも月の出が送れるから「出てくるのをためらう月」としてイザヨイと名付けられたという説もある。他にも既望(キボウ)・不知夜月(イザヨイヅキ))とも呼ばれる。
    立待月
    タチマチヅキ
    (17日頃)
    由来は、月の出を夕方に「いまかいまかと立って待つうちに出てくる月」と言われている。
    居待月
    イマチヅキ
    (18日頃)
    居には「座る」という意味があり、立って待つには長すぎるので「座って月の出を待つ月」が由来。
    寝待月
    ネマチヅキ
    (19日頃)
    別名は臥待月(フシマチヅキ)と言われ、寝て待つほど月の出が遅いことから名付けられた。
    更待月
    フケマチヅキ
    (20日頃)
    月の出が夜更けになることから、この名前になったとされる。
    下弦の月
    カゲンノツキ
    (23日頃)
    月を弓の形に見立てて名付けられた。二十三夜講などの風習も行われていた。
    有明月
    アリアケヅキ
    (26日頃)
    夜が明けた早朝の空に昇ることから名付けられた。本来は十六夜以降の月の総称でもある。
    三十日月
    ミソカヅキ
    (30日頃)
    新月頃。別名、晦(つごもり)とも呼ばれる。月が見えない状態の「つきこもり」が転じて「つごもり」となったとされる。

    十三夜の月を見る意味その由来

    十三夜の月を見る意味その由来
    Photo byavtar

    日本では古来より、十三夜の月を見る「十三夜」と呼ばれる慣習がありました。十三夜の月を観月する意味や由来について解説していきます。

    意味

    意味
    Photo bysteinchen

    十三夜の月を観月する時期というのは旧暦で9月13日にあたり、秋の収穫の時期でもあります。したがって収穫を感謝し、次も豊作であるよう願った「収穫祭」のようなものと月を鑑賞する風習が合わさったものと言われています。

    また、旧暦の8月15日に行われる「十五夜」は中国が由来の月見の行事であるのに対し、後の月の十三夜は日本独自の風習です。

    由来

    51jrgenqhnl

    ひのきのお月見飾り・ひのき団子と三宝(三方)セット当店オリジナル月見団子セットMoon-viewing dumplings set

    十三夜の観月が行われるようになった由来には諸説あり、一説によると醍醐天皇の時代に行われた宴で宇多法皇が十三夜の月の美しさを「無双」と称したことで観月の行事として風習化したことが由来と言われています。

    十三夜は1000年以上も前からある行事ですが、現在では「十五夜に月見」の方が定着しており十三夜に月見をすることは少なくなってきています。

    片見月は縁起が悪い

    東京近辺では十五夜・十三夜は同じ庭で見るものとされていて、違う場所で見たり片方の日だけしか月見を行わないことを「片見月」または「片月見」と言って縁起が悪いとされています。

    ですが、調べてみるとこれは江戸の遊里である吉原の客寄せの一環だったと言われています。中秋の明月に吉原で遊興したならば後の名月にも吉原で遊ばなければ縁起が悪いとして、二度目の通いを確実にしたのです。そして十五夜と十三夜は「紋日」と呼ばれる特別な日とし、登楼する客たちはいつも以上に気前よく散財したそうです。

    十三夜の月の鑑賞方法について

    41jeozyidyl

    錦彩十五夜うさぎ(お月見の宴) 陶器 おみくじ招き猫無料特典付オリジナルセット うさぎ ウサギ 開運 金運 縁起物 癒しグッズ 置物 薬師釜 1220

    十三夜の月の鑑賞方法には、絶対にこうしなければならないというルールはありません。
    ここでは一般的な十三夜の月見の方法をご紹介します。

    まずは、十五夜にも供えられるススキです。
    この時期にまだ収穫されていない稲穂に見立ててススキを代用します。これは神様の依り代として使われます。また、ススキの切り口は鋭いので玄関につるして、魔除けとして使うところもあります。

    次に団子ですが、まん丸のお月様に見立てて13個用意します。月見団子は食べると幸せや健康といったご利益があるとされています。他にも里芋や豆・栗などを供えて収穫に感謝します。ブドウなどのツルのものは月との繋がりが強くなると言われています。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計5人評価)

    関連記事

    • 十六夜(いざよい)とは?その意味と読み方/2019年の十六夜の月について
      お月見

      十五夜は良く聞く言葉ですが「十六夜(いざよい)」と呼ばれる月のことをご存知でしょうか。十五夜の次に楽しめる風流な月として、...

    • 2019年の十五夜の月はいつ?お月見のやり方/歴史/風習/お供え物について解説
      お月見

      日本の伝統行事の一つである「お月見」。お月見と言えば「十五夜」を思い浮かべる方も多くいるのではないでしょうか。今回は十五夜...

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事

    記事はありません。