LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

「修祓」とは?神道の儀礼の意味について解説します

「修祓」とは?神道の儀礼の意味について解説します

修祓とは身についた罪穢を祓戸で清め祓う神事です。修祓は神道で祓を行うことを意味し、神様を迎えて交流をするためにまずは我が身を清め、罪穢れのないきれいな空間をつくっておくという考えがあります。この記事では式次第や祓詞などもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「修祓」とは?
  2. 2.「修祓」の儀の作法・やり方
  3. 3.まとめ
龍神のアマちゃん

龍神のアマちゃん

神様を迎える前には、修祓っていう儀式が必要なんやで~

「修祓」とは?

Photo by mrhayata

修祓(しゅばつ/しゅうふつ/しゅうほつ)とは、身についた罪穢を祓戸で清め祓う神事です。

修祓は神道で祓を行うことを意味します。

日々さまざまなお祭りごとや一般ご祈祷が執り行われていますが、それらを始める前に参列者と神饌、そして玉串など神前に供えるものをお祓いし、浄化するために神職が行う神事です。

また、神様を迎えて交流をするためにまずは我が身を清め、罪穢れのないきれいな空間をつくっておくという考えがあります。そして修祓を受ける個人だけでなく、世界中の罪穢れを徹底的に祓い清めることこそが神道の根本思想とされます。

金龍の͡コガネ丸

金龍の͡コガネ丸

「祓戸」という祓を行う場所を神前に上がる前の位置に設置し、あらかじめ身を清めておきます。

しかし、そのようなスペースを確保できないことから現代では神前の隅に祓戸が設置されていることも多いのが現状です。

次へ
答えを導く神秘の鑑定が、6月限定で無料!? どんな悩みでも、抱えているのは辛いものです。 「こんなことぐらいで…」なんて思わずにスピリチュアルの扉へご相談ください。 今ならなんと、初回鑑定が無料! 「スピリチュアルの扉」に相談する

関連記事

人気の記事