>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

三毒の煩悩【貪瞋痴】とは?仏教における三毒について解説します

三毒の煩悩【貪瞋痴】とは?仏教における三毒について解説します

貪瞋痴(とんじんち)は三毒と呼ばれ、人間が抱える108つの煩悩のうち最も恐ろしい3つの煩悩のことです。貪瞋痴は日常生活の様々な場面で私達を悩ませ、囚われると人生を破滅させることさえあります。本記事では三毒の詳しい意味や、仏教における捉え方について解説します。

    三毒とは?

    3人の僧侶
    Photo bysasint

    三毒(さんどく)とは人間の持つ108つの煩悩のうち最も恐ろしい3つの総称です。煩悩にまみれている様を「心が垢にまみれる」と表現することから三垢(さんく)と表記することもあります。

    本記事では人間を苦しみの中に閉じ込める存在として最も恐れられる三毒の意味について解説していきます。

    三毒・煩悩と仏教

    英語の書かれた雲のイラスト
    Photo byjohnhain

    三毒はまさに毒のように内側から人間を苦しめ続ける煩悩で、それに囚われていると人生は苦しみそのものになってしまいます。

    仏教では三毒を始め、煩悩にまみれることを防ぎ、抑制する術を身に付けて究極の幸せの境地に辿り着くための教えを説いているのです。諸行無常などの概念もその一つで、三毒に囚われる原因はこうした仏教で解かれている世の真理を正しく理解していないからだと説明されます。

    三毒【貪瞋痴】の意味を詳しく解説

    三毒の図
    チベット仏教では三毒を動物で表すときがあります。
    (どん)・・・鶏
    (じん)・・・蛇
    (ち)・・・豚や猪 の姿として描かれます。
    円の形になっているのは人間の苦しみの輪廻を象徴しているためです。

    三毒と呼ばれる煩悩には貪(とん)瞋(じん)痴(ち)という名前が付いています。

    ここからはこれら貪・瞋・痴の意味についてそれぞれ解説していきます。

    貪=貪欲

    鶏
    Photo byAlexas_Fotos

    貪(とん)は欲望を表します。家が欲しい、お金が欲しい、地位や名声が欲しいなど人間の欲望には数えきれない程様々な形があります。

    欲望があるから頑張れると考える人もいますが、欲望には人を苦しめる2つの恐ろしい性質があります。

    • 一つ目はどこまで行っても終わりがない点です。つまり欲しいものをどれだけ手に入れても欲望が完全に満たされることはないのです。

    何か欲しいものを手に入れればその時は欲望が満たされたのを感じますが、やがてそれがある状態に慣れてしまうので新たな不満に気付き、さらなる欲望が生まれます。こうしてどれだけ物やお金を手に入れても、どれだけ地位や名声を手に入れても、もっと欲しいと際限なく願い続けるのです。そのため欲望が満たされることはなく、不満や渇望にどこまでも突き動かされ続けるのです。
     
    • 二つ目は欲望があればあるほど、その欲しいものを正しく認識できなくなる点です。

    例えば人に認められたいという承認欲求は人に認めらるような行動をするモチベーションになる一方、既に自分を認めている他者の存在に気付きにくくなります。そして承認欲求が強ければ強い程、本当は自分がある程度周囲から認められているのにそれを感じられなくなります。その結果自分が認められたいと思えば思う程自分は誰からも認められていないという錯覚に苦しむのです。

    瞋=瞋恚

    瞋(じん)は瞋恚(しんい)、つまり怒りの感情を表します。

    先に紹介した欲望が満たされない状態が続くと次には怒りが湧いてきます。実はこの瞋は三毒の中で最も恐ろしいとされているのです。龍樹菩薩は大智度論の中で「常に瞋恚を見ずベし、その咎最も深し。三毒の中にこれより重きものなし」と記しており、瞋を三毒の中で最も罪深く、注意すべき煩悩だとしています。

    瞋に囚われている人は何か自分の気に入らないことがあるとすぐに腹を立てます。急いでいる時に信号が赤になって怒り、仕事で部下と自分の息が合わなくて怒り、注文した商品が出てくるのが遅いといって怒り、どんどん息苦しくなってさらに腹立たしくなっていくのです。

    そしてそのような怒りの感情は瞬間的に湧き上がり、ひとたび燃え上がるとたちまち冷静な思考力を奪うのです。そのため周りや先のことが見えなくなり、人間関係や自分の立場までも一時の感情に任せて自ら破壊してしまいます。

    ようやく怒りが収まった時には既に自身の信頼や友人もしくは家族を失った後で、自分にはただ後悔だけが残るのです。

    痴=愚痴

    あなたはオーラとチャクラはどんなカラー?

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計5人評価)

    関連記事