>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

三毒の煩悩【貪瞋痴】とは?仏教における三毒について解説します

三毒の煩悩【貪瞋痴】とは?仏教における三毒について解説します

貪瞋痴(とんじんち)は三毒と呼ばれ、人間が抱える108つの煩悩のうち最も恐ろしい3つの煩悩のことです。貪瞋痴は日常生活の様々な場面で私達を悩ませ、囚われると人生を破滅させることさえあります。本記事では三毒の詳しい意味や、仏教における捉え方について解説します。

    道吾禅師

    道吾禅師

    三毒とは、なんなのか。詳しくみていくことにしましょう。

    三毒とは?

    3人の僧侶
    Photo bysasint

    三毒(さんどく)とは人間の持つ108つの煩悩のうち最も恐ろしい3つの総称 貪瞋痴(とんじんち)という言葉で表されています。

    また、煩悩のように心身を汚す不浄なものという意味から、三垢(さんく)と呼ばれることもあります。

    道吾禅師

    道吾禅師

    ここからは、人間を悩ませ苦しませる煩悩、中でも最も恐れられる三毒について解説していきましょう。

    三毒・煩悩と仏教

    私たち人間は、様々な事において「ああしたい」「あれが辛い」「どうしたら良いんだろう」というように、欲や苦しみ、悩みに煩わされながら生きています。

    この様な欲や悩み、苦しみのことを煩悩と言います。煩悩は108個あるといわれており、常に何かしらの煩悩が頭や心の中にあるということが言えるでしょう。

    たくさんある煩悩の中でも、とくに大きい煩悩だと言われているのが六大煩悩です。
     

    六大煩悩 読み方
    貪欲 どんよく
    瞋恚 しんい
    愚痴 ぐち
    まん
    悪見 あっけん

    この六大煩悩の中の貪欲・瞋恚・愚痴が三毒の煩悩として知られています。仏教では三毒を始め、煩悩にまみれることを防ぎ、抑制する術を身に付けて究極の幸せの境地に辿り着くための教えとして諸行無常などが説かれています。

    人々が三毒に囚われる原因としては、こうした仏教で解かれている世の真理を正しく理解していないからだと考えられているのです。

    三毒【貪瞋痴】の意味を詳しく解説

    三毒の図
    チベット仏教では三毒を動物で表すときがあります。
    (とん)・・・鶏
    (じん)・・・蛇
    (ち)・・・豚や猪 の姿として描かれます。
    円の形になっているのは人間の苦しみの輪廻を象徴しているためです。

    三毒の煩悩は、真綿で首を絞めるように、じわじわと私たち人間の心を蝕んでいきます。気がついたときには、欲望や怒り、嫉みという感情が心を支配し、正しい行いをすることができない状態になっていることもあります。

    三毒は、まさに毒のように内側から人間を苦しめ続ける煩悩のこと。三毒の煩悩に囚われていると苦しいだけの人生になってしまうばかりか、人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

    道吾禅師

    道吾禅師

    それでは、三毒の煩悩と言われる「貪瞋痴」について、ひとつずつ見ていきます。

    貪=貪欲

    貪(とん)は欲望を表します。欲は、大きく分けて5つの欲があるといわれています。
     

    五欲
    食欲 お腹がすいた・おいしいものが食べたい
    色欲 好きな人と両思いになりたい
    財欲 お金が欲しい・家が欲しい
    名誉欲 地位や名声を手に入れたい
    睡眠欲 ゆっくりと眠りたい・朝起きたくない

    ここに紹介した五欲を見てみると、欲を持つことがなぜよくないのかと思う人もいるでしょう。

    確かに、人は欲があるからこそ成長したい、頑張りたいと思うことができます。欲がなければ楽しみがなくてつまらないと考える人もいるでしょう。

    しかしながら、欲を持つ心の働き方次第では、欲が善ではなくなってしまうこともあるのです。どういうことかというと
    • 欲には終わりがない
    • 欲しいものを正しく認識できなくなる
    という側面があるのです。

    何か欲しいものを手に入れた時、願いが叶い満足するはずです。しかし、時間の経過と共に願いが叶った状態に慣れ、それが当たり前だと思い、現状よりもさらに上を望むようになるのです。

    この様に、どれだけ物やお金、地位、名声を手に入れても、際限なく手に入れたい物は増え続け、結果、欲望が満たされることはありませんので、不満や渇望にどこまでも突き動かされ続けることになるのです。

    また、欲しいものを正しく認識できなくなるという点においては、例えば痩せて綺麗になりたいという女性がいたとしましょう。食事や運動などをすることで、少しずつ理想の体型に近づいていくことで、周りの人から「綺麗になったね」と声をかけられるようになる事も増えるでしょう。

    すると、周囲からの言葉が嬉しくて、もっと褒めて貰いたいし、もっと痩せたら綺麗になると思い込むようになります。そのようなことを続けていくと、当然体調不良になったり精神的に追い詰められる状態になったりします。

    それでも、周囲の人から「まだまだ努力がたりない」と言われているような気がしてダイエットがやめられなくなり、食事を摂らないなど極端な痩身を始めてしまいます。

    というように、他人に認められたいという欲求が、さらに認められたいと考えるようになったり、周囲から認められていないと感じてしまったりと、正しい認識ができなくなることを意味しています。

    このほか、「いつもならキチンと並んで順番待ちするのに、寝坊して遅刻しそうなためにバス停で並んでいる人に横入りして先にバスに乗ってしまった」など、分かっているのに心に余裕がないことで、いつものように正しい行いができなくなってしまうということも、三毒の貪が恐ろしいと言われる所以なのでしょう。

    瞋=瞋恚

    瞋(じん)は瞋恚(しんい)、怒りの感情を表します。

    欲望が満たされない状態が続くと次には怒りが湧いてきます。龍樹菩薩は大智度論の中で「常に瞋恚を見ずベし、その咎最も深し。三毒の中にこれより重きものなし」と記しており、瞋を三毒の中で最も罪深く、注意すべき煩悩だとしています。

    瞋に囚われている人は何か自分の気に入らないことがあるとすぐに腹を立てます。急いでいる時に信号が赤になって怒り、仕事で部下と自分の息が合わなくて怒り、注文した商品が出てくるのが遅いといって怒り、どんどん息苦しくなってさらに腹立たしくなっていくのです。

    このような怒りの感情は瞬間的に湧き上がり、ひとたび燃え上がるとたちまち冷静な思考力を奪うのです。そのため周りや先のことが見えなくなり、人間関係や自分の立場までも一時の感情に任せて自ら破壊してしまいます。

    ようやく怒りが収まった時には既に自身の信頼や友人もしくは家族を失った後で、自分にはただ後悔だけが残るのです。

    痴=愚痴

    痴(ち)とは愚痴(ぐち)を表し、妬み嫉みを意味します。

    愚痴は不平不満をこぼすという意味でよく使われますが、これはもともと仏教用語で「真理を理解していない事」という意味を持ちます。世の真理を理解していないがために物事を正しく判断できず、その結果他人のものの方が自分のものより良いなどといった錯覚を起こし、嫉妬の原因になるのです。

    例えばずっと若い自分でありたいと願う人がいたとします。その人は自分が次第に年老いて、見た目が変わったり体力が衰えたりすることを嫌っています。だから自分より若い人を見ると、その外見の若々しさや体力を羨ましく思い、自分の惨めさを嘆いて苦しむのです。

    ですが仏教で諸行無常と説かれているように、この世の全ては絶えず移り変わるのです。自分も、自分が妬んでいる若い人もいつかは年老いていきます。さらに若いから良くて老いていたら悪い、などということはありません。若い人にあって老人に無いものがあれば、当然その逆もあります。子供や孫の成長を見守る喜びも、豊富な人生経験も、歳を重ねなければ得られないものです。

    このような真理を理解していれば、他人のものを羨んでばかりいて、それを持っていない自分は不幸だと嘆く必要は無くなるのです。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.8 / 5(合計7人評価)

    人気の記事