LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

三毒の煩悩【貪瞋痴】とは?仏教における三毒について解説します

三毒の煩悩【貪瞋痴】とは?仏教における三毒について解説します

貪瞋痴(とんじんち)は三毒と呼ばれ、人間が抱える108つの煩悩のうち最も恐ろしい3つの煩悩のことです。貪瞋痴は日常生活の様々な場面で私達を悩ませ、囚われると人生を破滅させることさえあります。本記事では三毒の詳しい意味や、仏教における捉え方について解説します。

記事の目次

  1. 1.三毒とは?
  2. 2.三毒【貪瞋痴】の意味を詳しく解説
  3. 3.三毒とは人間が自然に持ってしまう感情である
  4. 4.三毒を消すことは可能?
  5. 5.まとめ

三毒とは人間が自然に持ってしまう感情である

モノクロの大仏
Photo by gminguzzi

貪瞋痴を全く持っていないという人は恐らくいないでしょう。それだけ三毒は人間にとって当然のように湧いてくるものなのです。

というのも、仏教では煩悩具足という概念があり、人間は煩悩で出来ていると考えられているのです。つまり人間は100%煩悩で出来ており、煩悩を消し去るということは即ち人間ではなくなるということを意味します。

仏教僧は煩悩を消すための厳しい修行をしますが、煩悩を消そうとすればするほど自らの中に煩悩が強く湧き上がってくるのを自覚させられるのです。

三毒を消すことは可能?

瞑想する仏教僧
Photo bysasint

人間は煩悩具足であり、人間から煩悩を取ったら何も残らないと考えられています。これは人間でいる限り煩悩を消すのは不可能であるということを意味します。

しかし煩悩を消せないのなら苦しみから解放されることもないのかと嘆くことはありません。煩悩を消せなかったとしても抑制することで上手に付き合うことが出来れば、仏教で説かれる究極の幸せの境地に辿り着けると考えられています。

そもそも人間が煩悩を抱えて苦しんでいるからこそ世の真理を悟ることを求めるのであり、世の真理を理解するからこそ煩悩を理解することが出来るのです。そういう意味で人間にとって煩悩は意味のある存在だと言えます。

まとめ

本記事では仏教で最も恐れらている煩悩・三毒について解説しました。原始仏教では煩悩を滅することが主題とされていましたが、時代が進むにつれ煩悩と人間は切っても切れない関係にあると考えられるようになりました。

煩悩を消せないから一生不幸なのではなく、それを抑制し、正しく付き合うことで幸せの境地に辿り着けると考えることが大切なのです。

道吾禅師

道吾禅師

最後までご覧くださり、ありがとうございました。このほか、仏教に関する事が知りたい人は下記を参照ください。

前へ
答えを導く神秘の鑑定が、6月限定で無料!? どんな悩みでも、抱えているのは辛いものです。 「こんなことぐらいで…」なんて思わずにスピリチュアルの扉へご相談ください。 今ならなんと、初回鑑定が無料! 「スピリチュアルの扉」に相談する

人気の記事