>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

門松とは?意味と由来・いつから飾るのか・飾り方・種類について

門松とは?意味と由来・いつから飾るのか・飾り方・種類について

お正月が近づいてくると気になることの一つが正月飾りではないでしょうか。デパートやお店でも飾られているのをよく見かける門松ですが、歳神様から幸運を受け取るためには門松を正しく飾ることが大切になってきます。本記事では門松の由来や意味、種類などを解説します。

    門松とは?

    門松
    Photo by keyaki

    お正月になるとお店やデパートの入口に門松が飾られますので、見かける機会も多いでしょう。

    門松は家に幸福をもたらしてくれる歳神様をお迎えするための伝統的な飾りで、その年一年を幸せに暮らせるようにとの祈りが込められています。

    宮司さん

    宮司さん

    実際の門松は竹がメインであるかのような見た目をしています。しかし本来、門松は竹ではなく松が本体の飾りだということはご存知でしょうか。

    門松に使われる松の木は「祀る」という言葉にかけられ、縁起の良い木とされているのです。

    正月に門松を飾る意味とその由来

    門松
    Photo by beve4

    お正月に門松を飾るのは、歳神様が家まで真っすぐ来られるための目印となるからです。歳神様は一家にその年一年分の幸福をもたらしてくれる来訪神です。

    また門松は歳神様の依り代としての役割を担っています。そのため歳神様に失礼のないよう、飾る時や処分する時の扱いには注意が必要です。

    宮司さん

    宮司さん

    門松の歴史は古く、平安時代の宮廷行事の一つであった「小松引き」が由来だといわれますよ。

    当時は初子(はつね)の日、つまりその年一番目の子の日に屋外で宴を催す習慣がありました。その宴の時に子どもが松を根っこから引き抜いて、玄関に飾っていたのです。これを小松引きと呼び、長寿祈願の意味が込めらた行事でした。小松引きの様子は絵巻物にも記録されています。

    お狐さま

    お狐さま

    門松のほかにも、しめ飾りには「神様が宿る神聖な場所」、鏡餅には「歳神様へのお供え物」という意味があるんだよ!
    正月飾りは歳神様にまつわる縁起物がたくさん!ぜひ関連記事でもチェックしてね。

    門松を飾るのはいつからいつまで?

    鏡モチ
    Photo by midorisyu

    門松を飾っておく期間を「松の内」と呼びます。

    全国的に門松を飾る日は正月事始めと言われる12月13日から、12月26日までの間です。正月事始めとはお正月を迎えるための準備を始める日のことを指します。現代ではクリスマスにツリーなどを飾る家庭が多くなっているため、門松を用意する家庭でも12月26日から飾ることが多いようです。

    門松を飾らないほうが良い日

    また門松を飾ってはいけないとされているのが年の瀬にあたる12月29日~31日です。

    29日は「二重苦」と重なるため縁起が悪く、31日はその年のたった一晩だけ飾るということが歳神様に対し失礼だと考えられています。30日は旧暦の大みそかにあたることから、31日と同様の理由で門松を飾ってはいけないとされています。

    門松を片付ける日

    飾るタイミングが全国的に大まかに統一されているのに対し、片付けるタイミングは地域によってばらつきがあります。

    これは松の内が何日までなのか、地域によって異なる慣習があるからです。松の内の終わりは、関東や九州では1月7日まで、関西やその他の地域においては1月15日までとされています。

    しかし地域によって異なる場合もあるので、事前に確かめておくことをおすすめします。

    門松はどこに飾る?最適な置く場所・位置

    神社の門松
    Photo by pelican

    門松を玄関に飾っているところを見かけることがほとんどでしょう。先述の通り門松は歳神様が迷うことなく我が家まで来れるようにするための目印なので、飾る場所は玄関前が最適です。

    なお、マンションなど玄関前に飾るのが難しい場合は室内玄関でも問題はありません。

    また門松は本来2本をそれぞれ玄関の両端に飾ります。しかし江戸時代には1本で飾る家庭もよく見られたため、現在でも1本で特に問題はないとされています。

    玄関の左右に飾られている門松は、一見同じに見えても実は左右で少し違いがありますので置き方にも気を配ってください。門松に使われる松には雄松(おまつ)と雌松(めまつ)があります。

    ・雄松・・・玄関の左側、黒っぽく
    ・雌松・・・玄関の右側、赤っぽい

    現在では雌松を使わず、雄松を2本飾る家庭も増えているようです。

    門松の処分方法にも注意

    門松には神様が宿りますので、処分の仕方も重要です。他のゴミと一緒に処分するのは神様に失礼にあたるのでなるべく避けましょう。

    門松や松飾り、破魔矢などの道具は神社で行われるどんど焼きに参加して焼いてもらうのが一番おすすめです。どんど焼きでは大きな炎で参加者の持ち寄った門松などの正月飾りを焼き、歳神様を空へお見送りするのです。

    どんど焼きを行っていない神社でも多くの場合はお焚き上げをしてもらえます。この場合もお清めをしたうえで焼いてくれるので失礼のないように処分できます。どうしても自宅で処分する際には、お塩で清めてからにしましょう。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事