>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

高天原とは?あったとされる場所はどこ?日本神話における神々の住居を紹介

高天原とは?あったとされる場所はどこ?日本神話における神々の住居を紹介

高天原は日本神話の神々が住まう場所として古事記や日本書記に記載されています。この高天原が神話の中の架空の場所ではなく実在していたという説があるのをご存知でしょうか?日本人のルーツにも迫る高天原についてのさまざまな説をご紹介します。

    高天原とは?

    高天原とは日本神話において天照大神などの天津神の住まう世界のことを指します。古事記では冒頭の「天地初発之時」(あめつちのはじめのとき)に、何もない世界から高天原が出現し、その後「造化三神」(ぞうかさんしん)をはじめとする神々が生まれたとされています。

    神道の神拜詞(となえことば)にも高天原という言葉は多く使わており、日本神話の中で国の成り立ちに関わる神聖で重要な位置づけとなっています。

    読み方

    高天原の読み方は「たかまがはら」が一般的です。しかし、この読み方が広まったのは江戸時代頃で古事記や日本書記が編纂された飛鳥・奈良時代には「たかまのはら」「たかあまのはら」が正式な読み方でした。

    アマテラス

    アマテラス

    もともと古事記の冒頭には「天」を「アマ」と読むと注意書きがありました。「たかあまのはら」の「の」という助詞が「が」に変化して「たかまがはら」と読まれるようになったと考えられています。

    解説

    高天原,日本神話の世界観
    日本神話では天津神の住まう高天原の他に、人間や国津神の住まう蘆原中国(あしはらなかつくに)、黄泉国(よみのくに、よもつくに)という3つの世界があります。さらに、常世の国(とこよのくに)、根之堅洲国(ねのくにかたすくに)、綿津見国(わたつみのくに)という異界もあるとされます。

    大国主命は蘆原中国を治めていた国津神でしたが、天津神より要求されて出雲大社の建設と引き換えに国を譲りました。これにより高天原より天照大神の孫である瓊々杵尊(ににぎのみこと)が日向の高千穂に降り立ちます。この瓊々杵尊の曽孫である磐余彦尊(いわれびこのみこと)が後の神武天皇であり、日本の初代天皇とされています。

    古事記において、伊邪那岐と伊邪那美の二柱の神が高天原より矛を降ろして国生みをすることから天上界にある神聖な場所であるとされていますが、神話の中で人間の生活により近い描写もされており、古代国家が形成される上での史実的な要素が含まれているという見方もあります。

    高天原が実在した場所なのかどうか、古くから多くの学者たちによって様々な説が論じられています。

    高天原にまつわる神話について

    高天原にまつわる神話について

    日本神話において、人間の住む蘆原中国に対して高天原は神々の住まう国です。有名な「岩戸隠れ神話」では、須佐之男命は高天原で田んぼの畦道を壊したり、馬の皮をはいで機織り小屋に投げ込み、そこで機織りをしていた神様を殺してしまうなどの乱暴を働きます。これに怒った天照大神が天岩戸に隠れてしまうことで高天原と蘆原中国が暗闇に覆われてしまいます。

    暗闇に覆われて禍いに苦しんだ神々は、天安河原に集まり天照大神を岩戸から出すための一計を案じます。天岩戸の前で天細女命(アメノウズメ)が踊り大宴会を開いていると、その様子が気になった天照大神は岩戸を少し開けて「なぜそんなに楽しそうなのか」と問いただします。そこで「あなたより貴い神が現れたのでお祝いしているのです」と言って、鏡を天照大神に見せます。鏡に映った自分の姿をよく見ようと身を乗り出した天照大神を天手力男神が引っ張り出し、天岩戸に縄を張って戻れないようにすることで高天原と蘆原中国に光が戻りました。

    アマテラス

    アマテラス

    岩戸伝説に登場するアメノウズメや、わたくしアマテラスについて詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめよ!

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計2人評価)

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事