>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

鳳凰のスピリチュアルな意味とは?鳳凰の伝説と持つ意味を解説

鳳凰のスピリチュアルな意味とは?鳳凰の伝説と持つ意味を解説

鳳凰は東アジア全般で吉祥を表すとても縁起の良い架空の鳥です。しかし鳳凰がどのように縁起がいいのか、そのスピリチュアル的な意味はあまり知られていないようです。ここでは、鳳凰の表すスピリチュアルな意味や伝説ついて詳しくご説明いたします。

    鳳凰のスピリチュアルな意味とは?

    鳳凰のスピリチュアルな意味とは?
    Photo by Alchemy™

    鳳凰とは中国の神話に出てくる伝説の霊鳥のことです。中国だけでなく日本を含む東アジア全般の神話や装飾品、芸術品、建築物などに登場し、徳と知恵、美と善の象徴として多く描かれています。中国では徳の高い天子の治世に平安の前兆として現れ、麒麟・霊亀・応龍とあわせて「四霊」という瑞獣(ずいじゅう)とされています。

    鳳凰は古代中国において鳳と凰という雌雄の一対の鳥であり、陰陽思想における調和の象徴とされていました。さらにその後、鳳凰は雌鳥であると考えられて、雄龍皇帝鳳凰皇后のシンボルとなりました。そのため、鳳凰は神聖な女性性の象徴でもあります。また、鳳凰の飛び立つ様子は上昇と成功を表す吉祥であるとされています。

    鳳凰は人の性格や霊性を見定め、正しく心の美しい人を祝福するために現れます。鳳凰が現れた後は天下泰平の世が訪れ、鳳凰の降り立つ地には徳の高い人が生まれると言い伝えがあります。また、鳳凰は天女に変身して現れることもあると言われています。

    このように鳳凰には「調和・平安・女性性・美しさ・繁栄・拡大・上昇・成功」といったスピリチュアル的な意味があります。

    鳳凰はこの世と天上をつなげる鳥

    また、中国の伝説では鳳凰の体はこの世の森羅万象を表しているとされています。

    鳳凰の頭は空を表し、目は太陽、背中は月、足が地球、尾は惑星にあたります。このように鳳凰はその身に宇宙の全てを抱いており、この世と天上をつなげる鳥と考えられていたのです。

    鳳凰の伝説・鳳凰の特徴

    中国神話における天地開闢(てんちかいびゃく)では、どろどろで混沌とした卵のような世界から盤古(ばんこ)という創世神が生まれた際に四霊も誕生しました。四霊により五方(東・南・西・北・中央)、五時(春・夏・秋・冬・土用)、五行(木・火・金・水・土)が作り出され、鳳凰は南、夏、火を司ると考えられています。

    陰陽五行説では南、夏、火は陽の気が最も高まる性質です。火の行は五臓では心を表し、心は「君主の官」(神に通じる聡明さと叡智を併せ持つ最高の指導者を表す)を示します。

    また、鳳凰は梧桐(あおぎり)と呼ばれる霊樹にしか止まらないとされ、霊泉と言われる甘い水だけを飲み、60年から120年に一度実をつける竹の実を食べると言い伝えられています。鳳凰が止まる木を選ぶ様子は「賢者は仕える主君を選ぶ」という意味四字熟語「良禽択木(りょうきんたくぼく)」を表しているとされています。

    鳳凰の姿は、日本と中国では多少異なります。

    • 中国・・・頭が金鶏、くちばしはオウム、首は龍、胴体前がおしどり、胴体後ろが麒麟、足は鶴、翼はツバメ、尾は孔雀
    • 日本・・・頭とくちばしがにわとり、首はヘビ、胴体前が麒麟、胴体後ろが鹿、背中は亀、尾は魚

    鳳凰と不死鳥(フェニックス)の違いは?

    鳳凰と不死鳥(フェニックス)は混同されがちですが、厳密には違います。

    鳳凰が東洋で「調和・平安・女性性・美しさ・繁栄・拡大・上昇・成功」といったスピリチュアル的なシンボルであるのに対し、不死鳥は西洋で「再生・復活」のシンボルとされています。寿命を迎えると自ら炎に飛び込み、その灰から再生することで永遠の命をもつとされており、別名「火の鳥」とも呼ばれる鳥です。不死鳥には雌雄の区別がなく、全て雄とされています。

    不死鳥の原型は古代エジプト神話の聖なる鳥ベンヌで、毎夜神殿の祭壇の炎に入り死に、毎朝その灰から復活する姿は太陽の象徴であったと言われています。不死鳥はその後古代ローマ帝国で繁栄の象徴となり、キリスト教世界において再生復活のシンボルとされました。

    また鳳凰の外観が孔雀や金鶏に似た女性的な美しさで描かれるのに対し、不死鳥は鷲に似た体形で赤色と金色の羽をもつ姿で多くの場合、力強い存在として描かれます。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事