>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

鳳凰のスピリチュアルな意味とは?鳳凰の伝説と持つ意味を解説

鳳凰のスピリチュアルな意味とは?鳳凰の伝説と持つ意味を解説

鳳凰は東アジア全般で吉祥を表すとても縁起の良い架空の鳥です。しかし鳳凰がどのように縁起がいいのか、そのスピリチュアル的な意味はあまり知られていないようです。ここでは、鳳凰の表すスピリチュアルな意味や伝説ついて詳しくご説明いたします。

    日本にある鳳凰像とその意味について

    日本においても鳳凰は吉祥を表す象徴として、古くから多くの調度品や装飾品、建築物などに用いられています。

    「枕草子」では鳳凰が梧桐の木にしか止まらないという伝説から桐の箪笥に鳳凰の装飾を施すのが流行したというエピソードが記載されています。また、鳳凰の丸、桐に鳳凰といっ鳳凰をモチーフにした家紋も存在しており、関氏や川勝氏といった武家に用いられていました。

    金閣寺

    Photo byKanenori

    京都にある金閣寺は正式名称を鹿苑寺(ろくおんじ)といい、金閣として有名な建物は舎利殿(しゃりでん)といいます。舎利殿は室町時代に3代将軍足利義光によって建立された木造3階建ての楼閣建築で、屋根の頂上に鳳凰像が設置されています。

    舎利殿は昭和25年に放火により焼失しましたが、鳳凰像は老朽化のため当時取り外されており焼失を免れました。その後昭和30年に舎利殿は再建されたものの、取り外されていた鳳凰像は劣化が激しかったため新たに二代目の鳳凰像が設置されました。

    現在の金閣の頂上にある鳳凰像は昭和62年に改装された際に新しく設置されたもので三代目の像です。一代目と二代目の鳳凰は京都市の文化財に指定され、現在鹿苑寺の宝物庫にて保管されています。

    平等院鳳凰堂

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    10円玉も一万円札も、平等院鳳凰堂と関係があるんやで♪

    平等院鳳凰堂
    Photo by 8ware

    平等院は平安時代に栄華を誇った藤原氏ゆかりの寺院で、京都府宇治市にあります。鳳凰堂は、元来は阿弥陀堂として建立された建物でしたが、江戸時代頃から鳳凰堂と呼ばれるようになりました。

    その由来は屋根の上に設置されている2体の鳳凰像によるとも、屋根の形が羽を広げた鳳凰に似ているからとも言われています。現在、屋根の上の鳳凰像はレプリカが設置されており、本物は敷地内の博物館に展示されています。

    平等院が建立された平安時代には疫病の流行や飢饉などにより、終末が近いという仏教の末法思想が流行していました。そのため、貴族たちは来世での幸福を祈ってこぞって寺院を建立しました。

    平等院鳳凰堂はそのような時代に、まさに極楽浄土を現世に再現した建物として作られたのです。

    平等院鳳凰堂の鳳凰
    平等院鳳凰堂の鳳凰

    一万円札に描かれているのもこの鳳凰です

    まとめ

    鳳凰と不死鳥の違いは?
    Photo by1847503

    古来より鳳凰は女性的な優美さや調和・平安・繁栄などの吉祥を表す存在とされてきました。また、霊性の高い人のもとに現れ幸運をもたらす存在でもあります。

    鳳凰は全ての人に祝福を与えるというよりは、愛や魂の輝きのある人の元にやってくるとされています。もし最近、鳳凰に関する話題をよく耳にしたり空を見上げると鳳凰のような形の雲を見たりすることが頻繁にあるなら、それはあなたの日頃の行いに対してご褒美として幸運がやってくるお知らせなのかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.0 / 5(合計4人評価)

    関連記事

    人気の記事