LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

流れ星のスピリチュアルな意味とは?流れ星を見たら幸運が訪れる?

流れ星のスピリチュアルな意味とは?流れ星を見たら幸運が訪れる?

流れ星が消える前に3回お願い事を唱えると願いが叶うという言い伝えを聞いたことはありませんか?流れ星には世界的に見て幸運の前兆という意味があります。ここでは流れ星のスピリチュアルな意味や効果的なお願いの仕方、流れ星を確実に見る方法などを詳しくご紹介します。

kanon
ライター

kanon

よろしくお願いいたします。

記事の目次

  1. 1.流れ星のスピリチュアルな意味とは?
  2. 2.流れ星を見たら幸運が訪れる?
  3. 3.流れ星を見たときにお願い事をする習慣とその起源について
  4. 4.流れ星を見たときのお願い事の仕方
  5. 5.流れ星が見える確率が高いタイミングは?
  6. 6.流れ星のスピリチュアルな意味まとめ

流れ星のスピリチュアルな意味とは?

流れ星のスピリチュアルな意味とは?
Photo by Kevin Pacheco

流れ星は宇宙空間のチリなどが、大気圏に突入した際の摩擦により発光する現象の事を指します。流れ星と聞くと「流れ星が消える前に3回お願い事を唱えるとその願いが叶う」という言い伝えが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。このように、日本では流れ星は幸運の前兆だとされています。

また、キリスト教圏では「流れ星は神が人間界の様子を覗き見した際にこぼれ落ちる天の光である」という伝説があり、中国やヨーロッパの一部では、「空の星は魂を表しており、流れ星は誰かの死を表している」と考えられています。

イスラム教では流れ星は「悪魔に対する天使の光の矢」だとされており、世界中で古くから流れ星を見た時はスピリチュアル的に大きな意味があるとされてきたということがわかります。

メジェド神

メジェド神

中国の小説「三国志演義」では諸葛孔明が流れ星により自分の死を知るというエピソードが残っています。中国では流れ星は戦が起こって将軍が死ぬ前触れだともされていました。

ホルス神

ホルス神

インド神話では、流れ星はラーフという神がヴィシュヌ神に首を切り落された際に飛び散った体の破片とされていましたよ。

流れ星を見たら幸運が訪れる?

流れ星を見たら幸運が訪れる?
Photo by_vane_

流れ星は幸運の前兆だと言われていますが、どのような幸運を運んでくれるのでしょうか。流れ星は見ようと思ってもなかなか見ることができない貴重な体験です。見ることのできた人は、特別にラッキーだと言えるでしょう。そのため、流れ星は個人的な幸運の前兆であるといえます。では、具体的にはどのようないいことが起こる前兆なのでしょうか。

調べてみると、流れ星がもたらす幸運は以下のようなものが挙げられます。

  • 妊娠する
  • 理想の相手と巡り合える
  • 悩みごとが解決する
  • 病気が治る
  • 臨時収入がある
  • 仕事運が上昇する
  • 長年の夢が叶う など
以上のように、流れ星を見たら個人的ないいことが起こる前兆だと言えるようです。

流れ星を見たときにお願い事をする習慣とその起源について

流れ星を見た時にお願い事をする習慣とその起源について
Photo byAngeleses

流れ星を見た時にお願い事をする習慣の起源については諸説あり、実際のところ正確な起源ははっきりしていないようです。しかし最も有力であるとされているのは、ヨーロッパ、アジア地域に住む民族に古くから伝わっていた習慣だという説とキリスト教の伝説を元にしているという説の2つです。

どちらの説も、「神が人間界を見下ろすときに開いた天界の扉からこぼれ落ちた天の光が流れ星である」というものです。天界の扉が開いているために、流れ星が光っている間は神にお願い事が届きやすくなっているとされています。

流れ星とキリスト教の伝説

キリスト教では、流れ星は「神が時々人間界を覗き見する時にこぼれ落ちる天の光である」という伝説の他に「天国に行けず煉獄でさまよっている霊魂は流れ星が光っている間に誰かが祈りを捧げることで天国に行くことができる」という伝説があります。

伝説によると、煉獄で苦しみながら救いを待つ魂を救うには、誰かか流れ星が消えるまでに「安らかに眠れ」と3回唱えて祈りを捧げる必要があります。この伝説から「流れ星が消えるまでに3回願い事を唱える」という言い伝えが生まれたとも言われています。

次へ

関連記事

人気の記事