>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「タルパ」とは?視覚化するタルパの作り方や危険性について紹介!

「タルパ」とは?視覚化するタルパの作り方や危険性について紹介!

タルパとは自分にしか見えない存在を意味している言葉です。2chをきっかけにタルパの作り方が広まっていきました。ですがタルパを作り出すには危険性も伴います。ここではタルパについての詳細と作り方、メリットとデメリットを紹介しています。参考にしてください。

    「タルパ」の作り方

    タルパの作り方には順番があり、その通りにこなすと上手にタルパを作り上げることができます。ただし、タルパを作り出す際には気を付けてほしいこともあるので注意点を確認したうえで作ってみてください。

    タルパを作り出すときの注意点はこちらです。
     

    タルパを作り出すときの注意点

    • ルールを決める
    • 自分に良い影響のあるタルパを想像すること
    • 主導権は自分で握る
    • タルパには愛を持って接してあげること
    ひろみ

    ひろみ

    ルールって具体的に何を決めればいいの?

    さゆり

    さゆり

    「他人を傷付ける発言はしない」「勝手に歩き回らない」「約束は守る」などがあります。
    親御さんが子供との約束事を決めるのと似ていますね。

    ひろみ

    ひろみ

    そう、タルパも一人の人間という扱いなのね。
    あとで揉めないようにきちんとしたルールを決めておきたいわ。

    さゆり

    さゆり

    それでは、タルパの作り方について順番に説明しますね。

    タルパとなる相手を作り出す

    タルパになる相手がどんな人物なのか、性別、容姿、性格などを考え視覚化していきます。

    想像力が豊かな人ほどタルパの出来上がりは早いです。身長も実際に自分より低いのか高いのか、どんな声で話すのかすべて細かく決めていきます。友人を思い浮かべるように実際にタルパがいるという感覚で考えると作り出しやすいです。

    タルパと自分の会話をそれぞれ考える

    タルパの人物像が出来上がったら、次はお互いの会話を考えていきます。

    最初は自分で自分用の会話とタルパの会話を考えます。「明日天気良いかな?」「晴れるみたいだよ」という簡単なもので構いません。一人二役を演じているかのように考え、会話し、その会話に慣れていくことが重要となってきます。

    会話を自動化させる

    タルパが、タルパ自身の意志で話せるようにしていきます。

    タルパの会話を自動化させることが一番難しく、とても根気が必要な作業となります。一人二役を何度も繰り返し、タルパと何度も会話していくうちに気付いたらタルパが勝手に話すようになります。1年間毎日会話していると確実に効果が出てくると言われているので根気強く頑張り続けてみましょう。

    「タルパ」とイマジナリーフレンドの違いは?

    タルパとイマジナリーフレンドの違いは「作り出し方が意識的なのか無意識なのか」という点になります。

    タルパは意識的に作り出し、イマジナリーフレンド(IF)は無意識に作り出すものです。とくにイマジナリーフレンドは子供の頃に見えない友達として登場することがほとんどで、成長していくにつれて自然と消えていきます。

    また、タルパは人物像がはっきりしているのにも関わらず、イマジナリーフレンドは人物像が変わることがあり、この点もタルパとイマジナリーフレンドの違いの一つとされています。

    さゆり

    さゆり

    幼稚園から小学校にあたる3歳から12歳の子供が話す「見えないお友達」は
    イマジナリーフレンドの可能性が高いです。

    「タルパ」の危険性

    さゆり

    さゆり

    タルパには危険性があるので注意点をご紹介します。
    責任を持ったうえで受け入れてあげて下さいね!

    一生消えない?

    タルパは一度作り出すと消すことができません。

    例えば、今現在恋人がいないからといってタルパを作り出したとしても、数年後に急遽結婚することになった場合、新しい家庭にタルパがついてくることとなります。もしタルパが消えたという人がいるのなら、それはタルパではなく自分の軽い想像の範囲だったということになるか、イマジナリーフレンドであった可能性があります。

    それだけタルパの念は強いものになります。

    暴走する?

    主導権を自分ではなくタルパにしてしまうと、タルパがタルパの意志で勝手に動き回ってしまいます。

    それだけではなくタルパを作り出した自分よりもタルパの意志のほうが上回ってしまい、後に身体を乗っ取られてしまう危険性も出てきます。

    タルパが暴走した場合、タルパを止めれるのは自分だけです。暴走を防ぐためには作り出す前のルールをきちんと決め、必ず自分が主であることをタルパに言い聞かせるようにしてください。

    精神疾患に罹る?

    タルパに入り込みすぎて周りが見えなくなってしまうと精神疾患になってしまう場合があります。

    とくに多いとされているのが、タルパを恋人として扱っているパターンです。タルパだと理解した上での恋人ならいいのですが、そこを超えてしまうと自分にしか見えない相手であるはずなのに周りに紹介したり、自分以外の人にもタルパが見えるはずだと思い込んでしまいます。

    タルパがいることも現実ですが、自分にしか見えないということを忘れてはいけません。

    「タルパブログ」というジャンルがある

    「タルパブログ」というジャンルのブログがありますが、これは自分と作り出したタルパの毎日を綴ったブログになります。

    日記のようにタルパとの毎日を綴っているブログもあれば、自分のタルパの紹介や作り方を記載してあるブログがあったりと内容は様々です。

    さゆり

    さゆり

    興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね!

    まとめ

    チベット密教の秘伝の技だったタルパは今では多くの方が知り、実践して作り出すことが出来るものとなりました。注意事項や危険性はありますが、成功したタルパを作り出せたときには自分を助け、勇気付けてくれる相手として大切な存在となります。

    タルパの魅力はとても大きいですが、暴走させてしまわないためにもルールをしっかり決めて作りましょう。

    さゆり

    さゆり

    タルパを作るときは、自己責任でお願いします。
    ここまで読んでいただきありがとうございました。

    ひろみ

    ひろみ

    (興味本位でタルパを作るのは、やめた方がよさそうね・・・)

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計3人評価)

    関連記事

    人気の記事