>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

射手座新月(2019年11月27日)の特徴・するといいお願い事やおまじないを紹介!

射手座新月(2019年11月27日)の特徴・するといいお願い事やおまじないを紹介!

2019年11月27日は、小雪の肌寒い季節に訪れる射手座新月です。新月は元々願いごとを叶える力を持っていますが、射手座の位置では特に目標を実現しやすくなります。本記事では2019年11月27日の射手座新月について、その特徴や願い方のコツを紹介します。

    射手座新月(2019年11月27日)への願いごとの仕方と過ごし方

    20代女性

    20代女性

    新月の時間だわ、早く祈らないと。

    素敵なイケメンと結婚できますように、商店街のくじ引きで旅行券が当たりますように、それから……。

    女神

    女神

    やはり流れ星と混同されていますね……願いごとの内容はともかく、手を合わせて祈るだけでは叶うものも叶いませんよ。

    本項では、新月へのお願いの仕方を詳しく解説していきます。他の星座の時にも使える手法ですので、ぜひ参考にしてください。

    用意するのは紙とペンだけ!

    新月に願いごとをする方法はいたって簡単。ペンを使って紙に書き出す、ただそれだけです。

    紙はノートでもルーズリーフでも、何ならチラシの裏でも構いません。お月見のように台や供え物などを用意する必要がないので、誰でも気軽に射手座新月のパワーにあやかることができます。
     

    願いごとを書き出す際の作法

    射手座新月に願いごとをするにあたって、用意するものは紙とペンだけですが、書き方に関しては色々と決まりやコツが存在します。

    <願いごとの数は2~10個>

    一度の新月で叶えられる願いごとは2~10個と限りがあり、「金」「結婚」「自己実現」などバラバラの願いごとを沢山書いていては成就の見込みも薄くなってしまいます。

    大きな夢を実現するには小さな目標達成の積み重ねが何より大切であり、願いごとの制限個数の大半はこの「小さな目標達成」に費やすことになるので、実質的には願いごとは1つキリと考えたほうがいいでしょう。
     

    願いごとの例
    大きな目標 恋人ができる
    小さな目標① 異性に対し積極的に話せるようになる
    小さな目標② 居心地の良さを感じてもらえる人間になる
    小さな目標③ 想いをストレートに伝えられるようになる


    また文末は「~なりますように」などではなく、上記の例のように「~になる」と断定形で書くのがおすすめです。

    <新月となってから8時間以内が最も叶いやすい>

    願いごとは新月になった瞬間に書き出さずとも、8時間以内であれば最大限の効果を得ることができます。射手座新月の場合は午前0時6分に出現するので、願いごとを前夜のうちに決めておき、翌朝起きてすぐに記入するのがベストです。

    なお最終的に新月の効力が切れるのは48時間後とかなり遅いので、多忙を極めるような人でも願いごとを書きそびれる心配はないでしょう。

    <誰かの不幸を願うのはNG>

    新月がもたらすのは幸福だけであり、他人の不幸や周囲の迷惑につながる願いごとは決して叶いません。また願いごとを考える段階では「どうせ叶わないだろう」とネガティブな気持ちになってしまいがちですが、いざ書き出す際には極力前向きな言葉を用いてください。

    旬の食べ物から季節のパワーをもらう

    新月の日にはその時期の旬の食べ物を摂ることが効果的とされており、射手座新月の場合は11月のパワーフード「亥の子餅(いのこもち)」を食べるのがおすすめです。亥の子餅は宮中に献上されることもある伝統的な和菓子であり、五穀豊穣や子孫繁栄などのご利益をもたらすといわれています。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    人気の記事