LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

「ヲシテ文字」とは?ヒーリング効果のある縄文時代に使われていた神代文字について解説します。

「ヲシテ文字」とは?ヒーリング効果のある縄文時代に使われていた神代文字について解説します。

「ヲシテ文字」とは、縄文時代の日本で使われていたとされる古代文字(神代文字)のことです。日本の成り立ちについて書かれた書物、「ホツマツタエ」にも登場する「ヲシテ文字」がどういったものなのか、「ヲシテ文字」の画像とともにご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「ヲシテ文字」とは?
  2. 2.「ヲシテ文字」のヒーリング効果
  3. 3.まとめ
龍神のアマちゃん

龍神のアマちゃん

「ヲシテ文字」は漢字が大陸から渡ってくる前に、縄文時代の日本で使われていたとされる神代文字なんや。

ヲシテ文字の一つ一つの文字にはそれぞれ違ったヒーリング効果があるんやで。
 

「ヲシテ文字」とは?

「ヲシテ文字」とは、縄文時代の日本で使われていたとされる古代文字(神代文字)です。

ヲシテ文字は基本的に、48文字から成り立っており、現在の五十音に対応しています。

漢字がまだ大陸から伝わってくる前に使われていたとされ、日本の成り立ちについて書かれた書物、「ホツマツタエ」にもヲシテ文字が使われています。

龍神のアマちゃん

龍神のアマちゃん

「ヲシテ文字」には他にも、「ヲシデ」「オシテ」と表記されとったり、「ホツマ文字」「伊予文字」など様々な呼び方があるんやで。

ホツマツタエとは?

「ホツマツタエ(秀真伝)」は、日本の成り立ちについて書かれた書物です。

景行50年に大田田根子命(オオタタネコノミコト)によって編纂、献上されたとされています。

ホツマツタエには、天照大神が女神ではなく、「アマテル」という名の男性神であったことなど、「古事記」や「日本書紀」とは内容が異なっていたり、省かれたものが書かれています。

そのため学会では、ホツマツタエの信ぴょう性を疑う意見が多くありますが、中には「ホツマツタエこそが真の日本の歴史を記した書物である!」と強く主張する研究者もいます。

龍神のアマちゃん

龍神のアマちゃん

ヲシテ文字は、「ホツマツタエ」の他に、「ミカサフミ」、「フトマニ」という古文書にも使われとるんや。

これら3文献を「ヲシテ文献」って呼ぶんやで。

アマテラス

アマテラス

ちなみに、「ミカサフミ」は大鹿島命(オオカシマノミコト)が、「フトマニ」は私が編纂しました。

次へ

関連記事

人気の記事