>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「黄泉戸喫」とは?あの世の食べ物を口にしてはいけない恐ろしい理由について解説!

「黄泉戸喫」とは?あの世の食べ物を口にしてはいけない恐ろしい理由について解説!

黄泉戸喫(よもつへぐい)とは、黄泉のかまどで作った食べ物を口にすることをいいます。黄泉戸喫を行うとその地の住人とみなされ、この世に戻れなくなるとされます。この記事では古事記やギリシャ神話、日本のアニメやマンガにも記述のある黄泉戸喫をご紹介します。

    男

    黄泉の国で食べ物を口にすることを黄泉戸喫(よもつへぐい)といいますが、絶対にやってはいけません。

    「黄泉戸喫」とは?

    「黄泉戸喫(よもつへぐい)」とは、黄泉のかまどで作った食べ物を口にすることをいいます。

    黄泉(よみ)は死者の国を、戸はかまどを、喫は食べることを意味します。

    日本や海外の古くからの神話の中にも度々登場する場面です。

    「黄泉戸喫」を行うとどうなる?

    「黄泉戸喫」を行うと「この世に戻れなくなる」とされます。

    黄泉の食べ物を口にするとその地の住人とみなされるからです。

    古事記やギリシャ神話の中でも、黄泉戸喫を行って、この世に戻れなくなるという内容の記述があります。

    古事記の「黄泉戸喫」

    Photo by peachykeen103

    黄泉の食べ物を食べてしまったイザナミは、もう生者の世界に帰ることができなくなってしまった

    古事記においての「黄泉戸喫」はイザナギとイザナミの夫婦神の話が有名です。

    夫イザナギと妻イザナミは日本の国土を形づくる多くの子や八百万の神々を生みました。しかし、イザナミは火の神である火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)を生んだ際に、やけどを負って、間もなく亡くなります。イザナギは愛する妻に会いたい一心で黄泉の国へ行き、帰ろうと説得するものの、イザナミは黄泉の火で調理した料理を食べてしまったと説明します。

    ギリシャ神話の「黄泉戸喫」

    Photo by Editor B

    ギリシア神話でも「黄泉戸喫」は存在する

    冥界のザクロを食べたペルセポネは冥府で過ごすことになる

    ギリシャ神話においての「黄泉戸喫」はペルセポネの冥界下りという話が有名です。

    ペルセポネという女神は農耕を司り、天空神として全宇宙や地上の気象を司るゼウスと、豊穣神デーメーテルの間に生まれました。あるとき、妖精たちと野原で花を摘んでいた際にとりわけ美しいスイセンの花に心惹かれ、妖精たちから離れてしまいます。そこで大地が割れ、冥府やスイセン、糸杉を司る神・ハーデス(のちの夫)が黒い馬に乗って現れ、彼女を妻にするべく冥府へ連れ去りました。

    ゼウスはハーデスの元へ使者を送り、ペルセポネを開放するよう伝えさせ、ハーデスはこれに応じる形となりました。その際にこれまで冥府の食べ物を拒み続けてきたペルセポネでしたが、空腹と強引な略奪とはいえ、これまで丁重に扱ってくれたことからハーデスからもらったザクロの実を12粒のうちの4粒(または6粒)食べてしまいました。

    「冥界の食べ物を口にした者は、冥界に属する」という決まりがあり、母の元に帰って落ち着いたペルセポネは、冥府のザクロを食べてしまったことを思い出し、伝えました。そうすると母は激怒し、冥府へ「娘は無理矢理食べさせられたのだから、これからの冥府での生活は拒否する」というも、決まりを覆すことはできず、食べたザクロの分(1年の1/3(または1/2))冥府で過ごすことになりました。

    男

    ちなみに、冥府とはあの世のことで、黄泉の国と同じ意味です。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事