>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「スクナヒコナ」とは?オオクニヌシの片腕、一寸法師のモデルともいわれる神様について紹介!

「スクナヒコナ」とは?オオクニヌシの片腕、一寸法師のモデルともいわれる神様について紹介!

スクナヒコナは古事記や日本書記などでオオクニヌシと共に国造りをしたとされる多才な神様です。スクナヒコナは手のひらに乗るほどの小さな神様で一寸法師のモデルとも言われています。突然現れて突然消えてしまったとされる不思議な神様について詳しくご説明いたします。

    アマテラス

    アマテラス

    スクナヒコナは、一寸法師のモデルともいわれる小さな神様です。

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    スクナヒコナって変な名前の神様やな~
    いったいどんな神様なんやろ~

    金龍の͡コガネ丸

    金龍の͡コガネ丸

    アマちゃん!そんなこと言ったら失礼ですよ!スクナヒコナはすごい神様なんですから!
    今からスクナヒコナについてしっかりご説明しますね

    「スクナヒコナ(少彦名)」とは?

    「スクナヒコナ(少彦名)」とは「スクナビコナ」とも言われ、オオクニヌシの蘆原中つ国の国造りに大きく貢献したとされている日本神話に出てくる神様です。

    スクナヒコナは「古事記」では神産巣日神(カミムスビノカミ)の子「日本書記」では高皇産霊神(タカミムスビノカミ)の子とされています。波のかなたの常世の国より天乃羅摩船(アメノカガミノフネ)に乗り、鵞(ヒムシ)の皮の衣服を着てやってきました。

    天乃羅摩船のカガミとはガガイモと言われる多年草の古語のことで、鵞とは蛾の一種を指します。ガガイモの種子の殻でできた船に乗り、蛾の皮でできた衣服を着ていたということですので、スクナヒコナは相当小さな神様だったということがわかります。

    スクナヒコナはオオクニヌシと共に各地の風土記や民間伝承の中に登場し、

    • 国造りの神
    • 常世の神
    • 医薬の神
    • 温泉の神
    • まじないの神
    • 穀物の神
    • 知識の神
    • 酒造の神
    • 石の神
    など多くの顔を持っています。

    アマテラス

    アマテラス

    スクナヒコナは、一般的に「少彦名」と明記しますが、各伝承によって多くの別名を持っています。

    「スクナヒコナ」の別名

    • 少名毘古那(スクナビコナ)
    • 須久奈比古(スクナヒコ)
    • 小名牟遅(スクナムチ)
    • 少日子根(スクナヒコネ)
    • 久斯神(クシノカミ)

    ご利益

    スクナヒコナのご利益は、国造り伝説に伴って多岐にわたっています。

    • 五穀豊穣
    • 医療
    • 酒造り
    • 温泉
    • 産業振興
    • まじない
    • 知識
    • 国土安泰
    特に五穀豊穣とまじないは古代においては切っても切れない関係にあり、国造りにおいて農業の知識を全国に広めたという言い伝えからスクナヒコナのご利益とされています。

    また古代において酒は医薬と考えられていたことから、酒造りを広めたスクナヒコナが医療の神様となりました。温泉で体を癒すということを発見したのもスクナヒコナで、道後温泉はスクナヒコナゆかりの温泉として有名です。

    ご神格

    スクナヒコナのご神格も国造り神話に基づき多方面にわたっています。

    • 医薬の神
    • 酒造りの神
    • 五穀豊穣の神
    • 温泉の神
    • 常世の神
    常世とは「あの世」という異世界を表しており、スクナヒコナはそこからやって来たとされています。

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    へぇー!!
    えらい多才な神様やなぁ

    金龍の͡コガネ丸

    金龍の͡コガネ丸

    なんといってもオオクニヌシと一緒にこの国を造ったとされている神様ですからね。
    次に古事記に記されているスクナヒコナの活躍をご紹介しますね。
     

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計5人評価)

    関連記事

    人気の記事