>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「かしこみかしこみ」とは?神社参拝などで使われるかしこみかしこみの意味についてシーン別に解説!

「かしこみかしこみ」とは?神社参拝などで使われるかしこみかしこみの意味についてシーン別に解説!

「かしこみかしこみ」とは、祝詞や祓詞の中で使用されることの多いフレーズで、神様に対して「偉大な存在として畏敬・敬意を示す」という意味で使われます。「かしこみかしこみ」は漢字表記や込める思いもさまざまで、シチュエーションによって使い分けます。

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    祝詞などでよく使われる「かしこみかしこみ」の語意について教えたるわ~

    「かしこみかしこみ」とは?

    Photo by g-squid

    「かしこみかしこみ」とは、祝詞や祓詞の中で使用されることの多いフレーズです。

    願いごとや祝いごとを述べたのち、この言葉で締めくくります。

    意味

    「かしこみかしこみ」は神様に対して、偉大な存在として畏敬・敬意を示すという意味で使われます。

    「かしこみかしこみ」の漢字表記

    • 畏み畏み…畏る(かしこまる)という意味
    • 恐み恐み…恐れ多いという意味
    • 恐美恐美…良いことという意味(良いを表す美しの字を取ったもので、主に祝詞で使う)

    祝詞での「かしこみかしこみ」

    「かしこみかしこみ」は祝詞では、前述のとおり、恐美恐美が用いられることがあります。

    祝いの場で奏上される祝詞は、初めにこの祝いに際して願いごとを述べ、最後に「恐れ多くも謹んで申し上げました」という思いで「かしこみかしこみ」が用いられます。

    また、願いごとを述べる際に、参列者に「幸福をもたらしてください」や「罪穢れを祓いのけてください」という意味の言葉を添えることもあります。

    宗教での「かしこみかしこみ」

    「かしこみかしこみ」は宗教では、前述のとおり、畏み畏みや恐み恐みが用いられます。

    神様という恐れ多いほどの偉大な存在に対して、「最大の畏敬・敬意を持ってお祈りをささげさせていただく」という思いが込められています。

    古典表現における二重敬語という文法から、同じ音を2回繰り返すことによって、さらなる畏怖の様子を表しています。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計5人評価)

    関連記事