>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「良いお年をお迎えください」の意味とは?大晦日の挨拶について例文を用いて紹介!

「良いお年をお迎えください」の意味とは?大晦日の挨拶について例文を用いて紹介!

年末に差し掛かれば「良いお年をお迎えください」と挨拶をする機会も増えることと思いますが、この言葉の正しい用法を理解している人はあまり多くありません。そこで本記事では「良いお年をお迎えください」という挨拶について、基本的な意味や状況別の例文を紹介していきます。

    金龍の͡コガネ丸

    金龍の͡コガネ丸

    大晦日の挨拶、「良いお年をお迎えください」について解説していきます。

    「良いお年をお迎えください」の意味とは?

    「良いお年をお迎えください」は、「年末に向けての多忙な日々を乗り切り、気持ちよく新年を迎えましょう」という意味合いの挨拶です。

    本項では「良いお年をお迎えください」という挨拶が使われるようになった時代背景、及び英語表記などを通じて、この言葉の正しい使い方を解説していきます。

    いつ使う?

    「良いお年をお迎えください」と挨拶していいタイミングは、12月下旬~30日までです。

    江戸時代には日々の買い物でツケ払いをする人が多く、年末には代金の精算に奔走していたことから、「まっさらな状態で年を明かすためにも、年内の多忙を無事に乗り切りましょう」という意味合いでこの挨拶が使われるようになったといわれています。

    現代では「良いお年を」と略されることが多いため、単に新年の幸福を祈る言葉だと誤解する人も少なくありません。しかし本来は大掃除や各支払いなど多忙な日々に対する声援の意で用いられる言葉であり、大晦日ないし年明けになってからは使えない挨拶であることを覚えておいてください。

    英語表記

    「良いお年をお迎えください」の主な英語表記は以下になります。
     

    1. (Have a) happy new year
    2. Happy holidays

    1は英語圏での新年の挨拶として日本人にも広く知られていますが、ネイティブな会話においては「良いお年を」という意味でも使われています。文頭に「Have」を置くのが正式な表記ではあるものの、メッセージを伝える相手がアメリカ人の場合は原則不要です。

    2は年末の挨拶を更にフランクな表現にした言葉であり、意味は単純に「良い休日を」となるので、クリスマス・年末・年明けと幅広い期間使うことができます。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.8 / 5(合計2人評価)

    関連記事