>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「喪中」に初詣はダメ?神社とお寺での違いやお守りの処分について解説!

「喪中」に初詣はダメ?神社とお寺での違いやお守りの処分について解説!

喪中に正月を迎えた場合、初詣に行くべきか悩む人も少なくないと思いますが、喪中の初詣の是非は神社とお寺で異なるのが実情です。そこで本記事では喪中の初詣について神社と寺でどのような違いがあるかを解説すると共に、喪中における正月の正しい過ごし方も紹介します。

    宮司さん

    宮司さん

    この時期になると、「喪中に初詣は行っていいのか?」よく聞かれますね。

    神主さん

    神主さん

    今回は私たちが喪中の初詣について解説していきます!

    「喪中」に初詣は行っていいの?

    神主さん

    神主さん

    喪中の期間は身近な人が亡くなってからおよそ1年ですが、この間の初詣が許されるか否かは参拝先によって異なります。

    そこで本項では神社の場合と寺の場合に分け、喪中の初詣の是非や、その理由となる宗教上の死生観を解説します。

    神社の場合

    神社では初詣に限らず、忌中の参拝は望ましくないといわれています。

    神道において死は気枯れを指しており、この気枯れが穢れ(けがれ)として扱われるため、忌中が過ぎ穢れがなくなるまでは神域への立ち入りが許されないのです。

    ただし忌中の期間は最大でも死後50日程度なので、基本的には四十九日を過ぎていれば問題なく参拝できます。なお地域によって独自の慣習が存在する場合もあるので、気になる方は最寄りの神社で尋ねてみるといいでしょう。
     

    お寺の場合

    お寺での初詣は神社と異なり、忌中や喪中であっても自由に行なえます。

    これは浄土真宗など仏教の多くの宗派において、死が「成仏」ないし「俗世からの解放」と捉えられており、喪中という概念そのものが薄いことが主な理由です。

    元々お寺では葬儀や法要などを頻繁に執り行っており、また霊園を併設しているケースも少なくありません。よってお寺で手を合わせることはそのまま故人の供養につながるため、近親者に不幸があった際はむしろ積極的に参拝するべきでしょう。

    「喪中」の初詣や正月の過ごし方で気を付けること

    宮司さん

    宮司さん

    喪中に初詣に来られる方からは例年、お守りや破魔矢の扱い、おみくじや厄払いの是非など多くの質問を受けています。

    本項ではそれらの疑問にお答えするべく、喪中の正月の過ごし方について網羅的に紹介します。

    お守りや破魔矢の処分の方法は?

    喪中にお守りや破魔矢を処分するにあたっては、お焚き上げと呼ばれるサービスを利用するのがおすすめです。

    お焚き上げとは古いお守り等を焼却処分することであり、多くの神社やお寺で一年中受け付けているため、忌中で神社に入れない方にもご活用いただけます。

    なおお守りや破魔矢の効力は一年ほどであり、初詣の際に授かった場合は翌年同じ場所に返納するのが一般的です。返納先が神社であれば忌中を避けて参拝する必要がありますが、お寺の場合は例年通りで問題ありません。

    お守りや破魔矢は新調していいの?

    お守りや破魔矢の新調は、基本的には喪中であっても可能です。

    しかし忌中で神社に立ち入れず、それでも特定の神社のお守り等を授かりたい場合は、その神社に連絡し個別に入手手段を用意する必要があります。

    具体的には取り置きをしてもらったり、郵送を依頼したりする流れになりますが、こうしたサービスを行っているか否かは神社によりけりなので必ず事前に問い合わせてください。

    おみくじは引いていいの?

    喪中におみくじを引くことは、忌明け後であれば場所を問わず可能です。

    ただし忌中の場合、神社にはそもそも立ち入れないことからおみくじを引ける場所はお寺のみとなります。

    お守り等の授受と違いおみくじは現地で引くしかないので、「忌中だけど何としてもあの神社で引きたい!」という方も諦めてお近くのお寺を訪ねてください。

    厄払いはしていいの?

    喪中の厄払いもお守りの授受等と同じく、忌中に神社で行うことのみ不可であり、忌明け後であれば場所を問わず行えます。

    厄払いとは無病息災を祈る儀式であり、一般的にはその年の厄年にあたる人を対象としていますが、喪中であれば遺族の心身の健康を祈る意味でも一度受けてみると良いでしょう。

    神主さん

    神主さん

    次のページでは、喪中の正月飾りや年賀状について解説します。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    人気の記事