>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

獅子座満月(2020年2月9日)の特徴・するといいお願い事やおまじないを紹介!

獅子座満月(2020年2月9日)の特徴・するといいお願い事やおまじないを紹介!

2020年2月9日は獅子座満月であり、「今までの歩みが自分自身の幸福に繋がっているのか」を振り返るのには最適の時期です。そこで本記事では2020年2月9日の獅子座満月について、基本的な特徴やおすすめのお願い事を紹介します。

    20代女性

    20代女性

    もうすぐ獅子座満月の時期ね。獅子座って如何にも力の強そうな名前だけど、一体どんなサインが込められているのかしら?

    女神

    女神

    獅子座のテーマは、ズバリ「自己主張」。あなた自身の幸福を考えるうえで、獅子座満月は特に重要な時期となります。

    より詳しい特徴やおすすめのお願い事などはこれから解説していくので、皆さんもぜひ参考にしてください。

    獅子座満月(2020年2月9日)の特徴

    2020年2月の満月は、獅子座で発生します。

    まずは2020年2月9日16時33分に生じる獅子座満月の意味、および月星座のパワーを活かすコツを解説します。

    精神的に満足しやすい時期

    2020年2月9日の獅子座満月は、自分の秘められた感情や欲求を思い起こさせてくれる月星座です。獅子座は「誇り」や「自尊心」など内面的な充実につながるパワーが強力なので、月星座の中でも特に幸福感を得やすい時期といえるでしょう。

    また満月は本来物事の区切りや振り返りに適していますが、獅子座には「創造性」にまつわる力も秘められているため、新月期と同じく新たな挑戦を図ることもできます。

    あまり自分自身を縛らないように

    2020年2月9日は、ホロスコープにおいて人生の道標を意味する月と、エネルギーの象徴である太陽が180°の位置取りになります。この位置関係はオポジションと呼ばれ、一方の天体のパワーが強まればもう一方が弱まる状態であることを意味します。

    つまり「やるべきこと」や「守るべきもの」など義務的な目標ありきで行動していると、精神的に抑圧されると共に、日々を生きる活力を失ってしまう恐れがあるのです。

    目標を立てるにあたっては多くの人が自身の行動にいくつかルールを設けることと思いますが、獅子座満月を機にこれまでの歩みを見直す場合は、ぜひそのルールが本当に必須なのかを再検討してみてください。

    獅子座満月(2020年2月9日)にオススメの願い事

    獅子座は人の深層心理を表す星座であることから、己の進むべき道を探るには最適なタイミングとなります。

    本項ではこうした獅子座満月の特徴をもとに、おすすめのお願い事をいくつか紹介します。

    自分の得意分野に適った仕事がみつかる

    獅子座満月の時期は自分を活かせるステージが見つけやすく、就職や進路決定に関するお願い事は特におすすめです。仕事を探すにあたっては満月の「捨てる力」によりスムーズに候補を絞れるため、長々と迷ったあげく理想の職場にありつける機会を逸する……などという心配もありません。

    なお、そもそも得意分野が分からないという場合は、まず「新たな才能に芽生える」など自身の向き不向きが明確になるようなお願い事から始めてみてください。

    今の交際相手と結婚すべきか別れるべきか決断できる

    獅子座満月は自分の本心に則り、恋愛関係など様々な物事に一定の区切りをつけるべきタイミングでもあります。恋人との関係が中々進展せず悩んでいる人は、ぜひ「この人と家庭を築くことを想像できるか」「惰性で関係を続けていないか」など自問自答を重ね、新たなステージへ進む決断をしてください。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事